ホーム > Fotopus > Fotopus GrandPrix 2016 入賞発表

Fotopus GrandPrix 2016 全部門作品の中間発表!

2016年のフォトパスギャラリーの優秀作品を表彰する「フォトパスグランプリ」の受賞者が決定いたしました。
受賞作品は2016年12月10日(土)のフォトパスグランプリ感謝祭(東京美術倶楽部)で展示します。

フォトパス会員の皆様には、たくさんの投稿をいただきましてありがとうございます。
各賞の審査は、写真家 斎藤巧一郎、大野葉子、若子jet、片岡正一郎が担当しました。

Fotopus Grand Prix 概要はこちら›

Fotopus GrandPrix 2016 グランプリ

グランプリ受賞作品

空の庭

投稿者名:ライトチルドレン

建物の形も人も、美しい色合いと共に浮かび上がる写真は、多くの人の目にとまり記憶に残ったことでしょう。誰もが行ける身近な場所でも作者の目には、こんな光景に。鮮やかな写真は目をひきますが長く見られない写真も。この写真は見飽きることない素敵さを持っています。
審査評:斎藤巧一郎

Fotopus GrandPrix 2016 作品賞

金賞受賞作品

幻想夜空

投稿者名:やすあき

このような光景にカメラを向けるとき、どんなに心が震えるでしょうか。作者の感動をのせて、光景以上の作品になっているはずです。見慣れた富士山写真ではなく、雲海と街の灯り、空には星も輝き、遠い国のオーロラ写真などよりも尊く思える、我が日本の美しい風景写真です。
審査評:斎藤巧一郎

銀賞受賞作品

職場の終末・・・

投稿者名:老青年

写真は、時間を意識させるもの。シャッター速度、チャンスもそうですが、時間を止めて記録を残します。そのため時を経た被写体とは相性がいい。絵のようですが、時間を感じさせるならば、これは写真で、作者の視点をカメラが反映し、作者の想いを仕上げた重厚な写真作品です。
審査評:斎藤巧一郎

銅賞受賞作品

夏の始まり

投稿者名:ありんこ18

最近の写真表現の流行は自撮り。そのために遠くまで衣装を持って行く人も多いとか。この作品もおそらく作者本人で、二人で小道具を用意し、写真制作を話し合い、立派な作品になったもの。SNSで利用される真四角写真の仕上げも、今を感じるし、写真表現の変わり目を思わせる1枚でした。
審査評:斎藤巧一郎

入賞作品

桜島エクスプローション2

投稿者名:川崎のゲンさん

Soar smoke

投稿者名:Jacky

夢コラボレーション☆

投稿者名:ゆき虫

マユミとメジロ

投稿者名:たま虫

(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

投稿者名:mackentosh

春の夕暮れ

投稿者名:俊さま

初恋

投稿者名:オニチャ

FOGGY

投稿者名:HertZ

Peach Aviation

投稿者名:なんごくてる

星空のドライブ2

投稿者名:TACO

Going to the moon

投稿者名:SunnyH2

LOVE SUNSET

投稿者名:シーソー

夜更けの湖畔

投稿者名:夕陽のカメラマン

カミナリ

投稿者名:デヴィッド

夕を飛び越えろ

投稿者名:npepe

不思議な世界

投稿者名:A‐man

南国ダイバー

投稿者名:ざまみー

Grand Prix 2016 作品賞 ノミネート

上期の作品はトリミングされています、投稿作品は画像をクリックしてご覧ください。

Fotopus GrandPrix 2016 人気ランキング賞

金賞受賞作品

旅路

投稿者名:ベルフォト

銀賞受賞作品

過ぎ去りし日々

投稿者名:チップリュウ

銅賞受賞作品

黄色と紅色と

投稿者名:一つ眼兄さん

入賞作品

秋・SL只見川を行く

投稿者名:青空トンビ

やすらぎ木洩れ陽

投稿者名:もうさん

富士山と彩雲

投稿者名:やまずき

香嵐渓の紅葉2015

投稿者名:やっすくん

霧の日の出

投稿者名:調布のみ

明けましておめでとうございます

投稿者名:ナント君

春の先駆けを告げる花と鳥さん達とも会いに

投稿者名:ぼた餅が好き

Fotopus GrandPrix 2016 特別テーマ アットホーム賞

金賞受賞作品

なんじゃこりゃ~!!

なんじゃこりゃ~!!

投稿者名:シーソー

空を埋めつくす鯉のぼりを見た子供達の素直な反応がダイレクトに伝わってきます。タイトルも見事にマッチしていて見る側が思わず笑顔になれる作品です。被写体に真正面から向き合い、子供の腰の高さにカメラを構えあおるように鯉のぼりを入れたことも成功しています。広がりと勢いを感じる作品です。
審査評:大野葉子

銀賞受賞作品

photographer

投稿者名:ふうこ

癒される美しい光景です。前ボケを活かし、男の子が光に包まれるように撮られていますね。スマホの画面と男の子の横顔の様子がわかるバランスの良い構図と露出で撮られています。小さな手で一生懸命写真を撮ろうとしている姿を見守るように撮影されていることがジンワリ伝わってきます。
審査評:大野葉子

銅賞受賞作品

じじばばの宝物

投稿者名:じじパパの宝物

撮影者と被写体の距離感は驚くほど画面に出るものです。この作品からは優しく声をかけ撮影する様子が伝わります。ハイアングルから左右対称の構図で瓜二つな双子ちゃんを撮ることで、円、相似、対称の面白さが詰め込まれた1枚となっています。絨毯の模様とカラフルなおもちゃも効いています。
審査評:大野葉子

入賞作品

手を振る

投稿者名:sasaki-sublow

愛しい寝顔

投稿者名:yumehilaku

疾走

投稿者名:カメですが何か?

海へ…、でもこわい…

投稿者名:しろかめた

富士山とボク

投稿者名:かえかえかえ

こっちだよ~!

投稿者名:にがぐり

あっ どうもー!

投稿者名:えみたん

Fotopus GrandPrix 2016 特別テーマ Beautiful Japan

金賞受賞作品

永観堂(禅林寺)錦鯉と落葉モミジ

猫まんま

池を気持ち良さそうに泳ぐ、黄金色の錦鯉。息をのむほどの美しい光景に、魅了されてしまう作品だ。気持ちのいい青空に補色の紅葉も映え、季節感を感じ、二匹の錦鯉の物語性も感じられる。これぞ「Beautiful Japan」の代表作と言える、素晴らしい作品に出会えたことに感謝したい。
審査評:若子jet

銀賞受賞作品

蒼い影

hide_w1

作者は雪野原を抽象的に表現した。まるで雪野原にペイントしたかのような影のシルエットも、とても綺麗に写し出されている。通常ならば、この景色をより広く見せたくなるのだが、この作品は被写体の絞り込みをし、どう表現したいという意図が明確であり、しっかりとした作者の作意を感じる。こんな光景に出会いたくなる作品だ。
審査評:若子jet

銅賞受賞作品

エーゲの花園

パパール

きっとこの花畑をくぐったその先には、のどかな湖があり、夢のようなゆったりとした時間を過ごすことができそうだ。渦を巻くような構図は、手前の前ボケのバラから、奥の後ボケである湖へ行きたくなるように誘導する。また花というモチーフを用い、幸福感に満ちたファンタジックな作者の世界観が発揮された作品である。
審査評:若子jet

入賞作品

シロツメクサ咲く丘にて

投稿者名:Miya_Ita

花の丘のうさぎちゃん

投稿者名:てけさん

姥ヶ滝

投稿者名:プニヲ

ニット帽!

投稿者名:さぼ。

目覚めの瞬

投稿者名:アロマ

朝日に輝く

投稿者名:いかなご

束の間の晴天

投稿者名:jifubiki

Fotopus GrandPrix 2016 特別テーマ 超望遠 M.ZUIKO PRO賞

金賞受賞作品

フタリノセカイ

投稿者名:髭男爵

まず、アングルの斬新さに目を奪われます。静止した観覧車の中に見え隠れする人物とその背後に広がる花火、望遠レンズの圧縮効果でゴンドラの中にいるような感覚に陥ります。難しい条件にも関わらずブレのない前景と花火の動的な組み合わせ、的確な撮影技術に裏打ちされた申し分のない作品です。
審査評:片岡正一郎

銀賞受賞作品

かわせみ

投稿者名:里山のとっとこ

望遠レンズを使った鳥撮影、手ブレ補正などの性能向上で単に大きく写っただけの作品が多い中、これほど見る者の情感をかき立てる作品も珍しいでしょう。柔らかな光の中で一方向をジッと見つめるカワセミ、ついその先に思いを馳せてしまう、そんな力を持ったステキな作品です。
審査評:片岡正一郎

銅賞受賞作品

囁き

投稿者名:かたつむり

遠くのものを引き寄せて大きく写す、という望遠レンズ本来の使われ方に一石を投じる作品です。基本性能の向上でセミマクロレンズとして使われることも多くなった超望遠レンズ、その恩恵を余すとことなく近接撮影に応用したこの作品、ブレやボケさえ表現の一部にした、まさに目から鱗の作品です。
審査評:片岡正一郎

入賞作品

探訪者

投稿者名:hajime

秋の雨(わたらせ渓谷鐵道)

投稿者名:hamaya

雪和服のお襟合わせ

投稿者名:ibuじい

畝重ね

投稿者名:パンデ

南ぬ島のヒージャー Vol.2

投稿者名:ともあす

迷走

投稿者名:mika

ファンタジック・伊丹エアポート

投稿者名:ハルクマ

ページトップへ戻る