ホーム

>

写真コミュニティフォトパスTOP

>

フォトパスマガジン

  • OM-D E-M1 Mark IIと作る!鉄道写真新時代

    なんと「鉄」の心に突き刺さる機材だろうか。いままでは「多少の慣れが必要だが…おススメしたい」と、若干の枕詞を必要としたミラーレスの弱点をそのまま超強力なメリットに変え、「一眼レフ」「ミラーレス一眼」の垣根を完全に取り払った。「OM-Dでないと撮れない」写真世界があるという魅力。頼もしい機能を、「鉄道撮影に資するか」という観点から見て行きたい。

  • E-M1 Mark II + PT-EP14 Part.2 水中インプレッション

    「OM-D E-M1 Mark II」を、防水プロテクター「PT-EP14」と共にリポート。Part.2では、カメラをプロテクタにセットアップする時の注意点と水中撮影向けのカメラセッティングを確認していただき、撮影条件の異なるロケ地でE-M1 Mark IIの使用感や撮影上のコツを紹介します。

  • E-M1 Mark II + PT-EP14 Part.1 水中インプレッション

    圧倒的な高速連写性能や、被写体の捕捉性能が大幅に向上した高速AF性能など、飛躍的な進化を遂げた「OM-D E-M1 Mark II」を、防水プロテクター「PT-EP14」と共にリポート。Part.1では、旧E-M1との比較や、E-M1 Mark IIに新しく搭載されたいろいろな機能の、水中ユースでのベネフィットについて解説します。

  • 旅の想い出のうつくしさはカメラで決まる!

    大切な時だからこそ想い出以上に美しく残したい!そう思って貪欲にカメラ選びをしてきました。なぜスマートフォンじゃダメなのか、なぜそのカメラを選んだのか。旅に持っていくカメラは持っていくだけの理由があります。たくさん旅に出て失敗を繰り返したからこそわかった、持って行ってよかったと思うおすすめの旅行カメラをご紹介します!

  • STYLUS TG-Tracker 水中インプレッション

    STYLUSシリーズにアウトドア派に待望のフィールドログカメラ「TG-Tracker」が仲間入りしました。4K動画、タフ機能はもとより、5つのフィールドセンサーシステムを備え、軽量コンパクトな「スタイラス TG トラッカー」を常夏の楽園モルディブに持ち込み、水中のフィールドから検証しました!

  • 手持ちで撮れる600mmレンズフィールドレポート vol.3

    超望遠レンズで飛んでいる野鳥の姿を追う撮影は慣れないうちは難しいもの。そんなとき、ドットサイト照準器があれば、被写体をファインダーの視野に収める苦労が大幅に緩和される。Vol.3では、「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」を使いこなすうえで、必携というべきアイテムの「ドットサイト照準器EE-1」を使った超望遠撮影を中心にレポートします。

OM-D E-M1 Mark IIと作る!鉄道写真新時代

なんと「鉄」の心に突き刺さる機材だろうか。いままでは「多少の慣れが必要だが…おススメしたい」と、若干の枕詞を必要としたミラーレスの弱点をそのまま超強力なメリットに変え、「一眼レフ」「ミラーレス一眼」の垣根を完全に取り払った。「OM-Dでないと撮れない」写真世界があるという魅力。頼もしい機能を、「鉄道撮影に資するか」という観点から見て行きたい。

E-M1 Mark II + PT-EP14 Part.2 水中インプレッション

「OM-D E-M1 Mark II」を、防水プロテクター「PT-EP14」と共にリポート。Part.2では、カメラをプロテクタにセットアップする時の注意点と水中撮影向けのカメラセッティングを確認していただき、撮影条件の異なるロケ地でE-M1 Mark IIの使用感や撮影上のコツを紹介します。

E-M1 Mark II + PT-EP14 Part.1 水中インプレッション

圧倒的な高速連写性能や、被写体の捕捉性能が大幅に向上した高速AF性能など、飛躍的な進化を遂げた「OM-D E-M1 Mark II」を、防水プロテクター「PT-EP14」と共にリポート。Part.1では、旧E-M1との比較や、E-M1 Mark IIに新しく搭載されたいろいろな機能の、水中ユースでのベネフィットについて解説します。

旅の想い出のうつくしさはカメラで決まる!

大切な時だからこそ想い出以上に美しく残したい!そう思って貪欲にカメラ選びをしてきました。なぜスマートフォンじゃダメなのか、なぜそのカメラを選んだのか。旅に持っていくカメラは持っていくだけの理由があります。たくさん旅に出て失敗を繰り返したからこそわかった、持って行ってよかったと思うおすすめの旅行カメラをご紹介します!

STYLUS TG-Tracker 水中インプレッション

STYLUSシリーズにアウトドア派に待望のフィールドログカメラ「TG-Tracker」が仲間入りしました。4K動画、タフ機能はもとより、5つのフィールドセンサーシステムを備え、軽量コンパクトな「スタイラス TG トラッカー」を常夏の楽園モルディブに持ち込み、水中のフィールドから検証しました!

手持ちで撮れる600mmレンズフィールドレポート vol.3

超望遠レンズで飛んでいる野鳥の姿を追う撮影は慣れないうちは難しいもの。そんなとき、ドットサイト照準器があれば、被写体をファインダーの視野に収める苦労が大幅に緩和される。Vol.3では、「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」を使いこなすうえで、必携というべきアイテムの「ドットサイト照準器EE-1」を使った超望遠撮影を中心にレポートします。

手持ちで撮れる600mmレンズフィールドレポート vol.2

野鳥の羽の細部までシャープな写真を撮るためには、解像力が高い超望遠レンズを使い、手ぶれを起こさないように撮ることが大切。「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」は、カミソリのように切れのよい描写を持つうえに、6段分の補正効果が得られる「5軸シンクロ手ぶれ補正」に対応。Vol.2では、この手ぶれ補正機能を中心にレポートします。

手持ちで撮れる600mmレンズフィールドレポート vol.1

野鳥を美しく撮るには明るく、描写性能の高い超望遠レンズが欠かせません。「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」は、野鳥撮影を楽しむOM-D、PENユーザー待望のレンズ。その実力と使いこなしのポイントを3回に分けて紹介します。まずvol.1では、レンズの概要とその描写性能を中心にリポートします。

STYLUS TG-870 Tough & PT-057 水中インプレッション

水中写真家・清水淳氏が、水深15m防水・超広角21mmレンズを搭載したタフカメラ「STYLUS TG-870 Tough」を、水中プロテクターPT-057と共にリポート。大型のシステムを組まなくても水中での本格的なワイド撮影が楽しめるTG-870 Toughを、フィリピンの海に持ち込み徹底検証しました。

猫と遊んで撮影!面白いしぐさや可愛い表情の写真

フォトパスの猫好きが集まる掲示板「猫コミュ」は1000名以上のメンバーからなるコミュニティです。メンバーは自宅の飼い猫や、街で出会った外猫を撮影しています。今回は投稿されている作品の中から、表情が面白い写真を選んでみました。

子供の運動会を上手に撮るコツ

運動会は子供の成長を記録する大切な行事です。運動会の撮影に必要な前日までの準備や、徒競走・玉入れなどの種目別撮影テクニック、ランチタイムをよりいっそう鮮やかに思い出に残す演出方法などを特集しています。いきいきとした表情を撮るためのポイントや、カメラ選びや機能の使い方をプロがわかりやすく解説します。

感動的な日の出・朝日の写真の撮り方

感動的な日の出・朝日の写真の撮り方の特集記事です。日の出・朝日の撮影に必要な装備から、カメラアクセサリー、スマートフォンアプリまで、プロ写真家の素敵な作例を交えて紹介しています。

雪の日に感動的な写真を撮る方法

雪の日に感動的な写真を撮る方法の特集記事です。雪の撮影に必要な装備から、雪が降り注ぐ様子を撮影するテクニック、プロ写真家によるウィンタースポーツや雪原の素敵な作例を紹介しています。

イルミネーションを美しく撮るための9つのポイント

イルミネーションの写真の撮り方の特集記事です。カメラの設定や撮影テクニック、オリンパス独自のアートフィルターまで、作例を交えて紹介しています。

ページトップへ戻る