Tough TG-5 + PT-058

Tough TG-5 + PT-058

「Tough TG-5」の水中向けセットアップ、実際の水中撮影における使用感や撮影のコツを、防水プロテクター「PT-058」と共にリポート

Tough TG-5の製品紹介はこちら
  • このページでは、オリンパス防水プロテクターPTシリーズ、またはPTシリーズに関連した製品の性能を水中写真家、清水淳氏が実際に使用して感想や特長をそのままお伝えします。本コンテンツ内で清水淳氏が紹介する他社製品については、オリンパスが動作保証をするものではありませんのでご了承ください。

Tough TG-5 新登場!

TG-4が2年の歳月を経てモデルチェンジした。アウトドアカメラ市場で最強と言われ続けたモデルが、より高画質になって「Tough TG-5」として新しく生まれ変わった。ボディーサイズ、レンズ、モニター、バッテリーはTG-4とほぼ同じだが、もともと搭載されていたF2.0高解像力高性能レンズの実力を最大限に引き出すために、高感度性能に優れた高速読み出し型の最新イメージセンサーと、オリンパスフラッグシップモデルE-M1 Mark IIに使用している最新画像処理エンジンTruePic VIIIを惜しみなく搭載した。その結果、低ノイズ、高解像力、広いダイナミックレンジ、高速連写、4K動画、ハイスピード動画を実現。過酷なアウトドア撮影でも高画質なデータを残すことができるモデルに進化した。

センサーやイメージ処理エンジンの変更は、操作性においても、ボタンや、シャッターレバー操作時のカメラの反応が早くなり一瞬を狙う水中撮影においてこの効果は大きい。またレンズ前面の保護ガラスが密閉したダブル構造になり、急激な温度変化により発生する結露を最小限に抑えることができ、防水プロテクター装着時の不安は解消される。実際、メキシコの有名なダイビングスポットであるセノーテで日中熱いところで撮影後、冷たい水温にカメラを入れてもTG-5は結露を起こさなかった。コンパクト最強カメラを手に世界各地のダイブサイトで試し撮りを行なったのでぜひ撮影画像を比較検証してほしい。

TGシリーズ最高の画質

新開発のHi-speed裏面照射型CMOSイメージセンサーと、画像処理エンジンTruePic VIIIにより、明暗差の大きなシーンでも滑らかな階調表現が可能になった。

明るいビーチでの撮影。白とびすることなく、解像感の高いシャープな写真になった。

ダイナミックレンジが広く、明るいビーチの砂から葉の裏側などのシャドー部分まで自然な階調が見られる。

透明感と水中発色

青かぶりしやすい水中での撮影で、自然で水中らしい発色。

透明感のあるブルーを保ちつつ暖色系の鮮やかさはミラーレス機に迫る。

進化した水中撮影モード

さらに水中撮影専用にチューニングされた、「スナップ/ワイド/マクロ/HDR」の4つの水中モードを搭載。モードダイヤルを「水中」に合わせるだけで、水中撮影に最適なシーンモードを呼び出せる。後ほど進化した画質を確認していただきたい!

4Kムービーが撮影可能に!

高速読み出し可能な新センサーと、E-M1 Mark II譲りの画像処理エンジン搭載の結果、4Kムービーや120fps(FHDサイズ)ハイスピードムービーの撮影が可能になった。また、モードダイヤルにムービーのポジションが追加された。

PT-058

コントロールダイヤルやログレバーの追加で、若干サイズが大きくなったTG-5用防水ケース。

背面2ヶ所に新しく追加されたダイヤルが見える。

コントロールダイヤル

露出補正やフラッシュ補正をコントロールできる、コントロールダイヤルを搭載。
ズーム機能はボタン方式からレバー方式に。

ログレバー

ログ情報の記録を開始・終了できるログレバーを搭載。水中撮影では、バッテリー消費を抑えるためにワンタッチでOFFにセットできる。プロテクター上からも操作が可能になった。

ページトップへ戻る