• マイページ

見つける・つながる・楽しむ!写真投稿コミュニティ「Fotopus」

STYLUS TG-870 Tough & PT-057

STYLUS TG-870 Tough & PT-057

水深15m防水・超広角21mmレンズを搭載したタフカメラ「STYLUS TG-870 Tough」を、PT-057と共にリポート

STYLUS TG-870 Toughの製品紹介はこちら ┃ PT-057の製品紹介はこちら
  • このページでは、オリンパス防水プロテクターPTシリーズ、またはPTシリーズに関連した製品の性能を水中写真家、清水淳氏が実際に使用して感想や特長をそのままお伝えします。本コンテンツ内で清水淳氏が紹介する他社製品については、オリンパスが動作保証をするものではありませんのでご了承ください。

TG-870 & PT-057

水深15m防水・超広角21mmレンズを搭載したTG-860の後継機種TG-870がデビューした。TG-860のマイナーチェンジモデルに該当するが、ハード面での主な変更点は、高精細化されキレイになった液晶モニターが46万ドットから92万ドットにパワーアップされ、最大輝度も向上している。
実際、フィリピンの明るい海でのモニター視認性は抜群だった。今回、水中写真を撮影する際に、最も大切な機能である水中ホワイトバランスの見直しが図られ、ノイズの低減と色再現の改善によって、水中シーンでの美しさに一段と磨きがかかった。やや暗い環境での自然光撮影や、遠いところにいる被写体のマクロ撮影などで改善がはっきりと確認できた。

また、水中以外では、独創的な表現力であるアートフィルターが6種増えて計13種類になった。「ライトトーン」・「クロスプロセス」・「ジェントルセピア」・「ヴィンテージ」・「リーニュクレール」・「ウォーターカラー」が追加されている。
さらに、星空と風景を同時に写す星景写真の撮影を可能にするライブコンポジットも搭載され、撮影の幅がグンと広がった。夜間撮影の楽しみでは、ライブコンポジットの他に、夜間のムービ撮影時に夜景に合わせた階調表現が用意される他、夜景のタイムラプスムービーではシャッター速度が最大4秒までの長露光が可能になった。
なんと言っても超広角21mmレンズを搭載するTG-870は、大型のシステムを組まなくても本格的なワイド撮影が楽しめる唯一のコンパクト機。この利便性の高いカメラをフィリピンの海に持ち込み徹底検証してみた。

幅広いシーンに対応する、タフ性能&超広角21mm

  • ●カメラ単体で水深15mまで使用可能
  • ●高さ2.1mの耐落下衝撃性能
  • ●-10度の耐寒性能
  • ●100kgfの耐荷重性能
  • ●「GPS」と「電子コンパス」、「Wifi」を搭載
  • ●スポーツカムモード
  • ●星景撮影/ライブコンポジット
  • ●超広角21mmからの光学5倍ズーム
  • ●180度チルト液晶&フェイスボタン
  • ●自撮りモード&ライブコンポジット

水中で威力を発揮する超広角21mmワイドレンズ搭載

TG-4

TG-870

水中では、空気と水の屈折率の関係で、画角が狭くなる。TG-870なら大型のワイドコンバージョンレンズなしでも広い範囲を写し込める。同一シーンをTG-4と画角の違いを比べてみた。

さらに磨かれた水中モード&水中ホワイトバランス

プログラムオート

水中ワイド1

水中では水深が進むにつれて、赤い光から減衰が起こるので緑がかった仕上がりになるが、OLYMPUSの「水中モード&ホワイトバランス」なら自然な発色が得られる。フラッシュON時のカラーバランスも自然な発色に調整される。被写体のカラーバランスだけでなく背景のブルーも魅力的な発色に仕上がるのが特徴。

4つの水中専用シーンモード

TG-870には4つの水中専用シーンモードが用意されている。

フェイスボタン

カメラ前面についたフェイスボタンは、シャッターボタンとして利用できる。プロテクター収納時も同様に操作できるのがうれしい。フェイスボタンには、以下の機能を割り当てることができる。水中では、スーパーマクロを設定しておくと微小な被写体の撮影に便利だ!

  • ●動画撮影:オン/オフ
  • ●静止画撮影
  • ●モニターブースト(モニターの輝度を上げ、炎天下などでの視認性を高める機能)
  • ●LEDライト
  • ●スーパーマクロ(使用できる撮影モードに制限がある)

フェイスボタンの設定

水中マクロ撮影時にフェイスボタンを押すと撮影レンジが:スーパーマクロに変わる。通常撮影時は撮影レンジ:スーパーマクロをOFFに!

ページトップへ戻る