現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ >

社員 AMYのOLYMPUS カメラブログ

社員 AMYのOLYMPUS カメラブログ


バツグンに強力な手ぶれ補正・E-M5 MarkⅡ動画撮影

Day2015年04月13日 11:00 テーマ [ E-M5 MarkⅡ, 開発メンバー ]

※画像はクリックすると拡大表示になります


こんにちはAMYです。
春スキーを楽しまれている方はいらっしゃるかしら(^^)
スキー場のリフトに乗ると、支柱を通るときのユレって思い出せますか??
スキーを始めたばかりの頃は、このユレが怖くて怖くて・・・バーと座席の間から落ちるのではないかとヒヤヒヤしたものです(笑)。

本日はE-M5 Mark IIの動画プロジェクトリーダーHさんからの紹介と撮影動画でお送りしますね。静止画だけでなく、動画でもこれほどまでにブレを補正してくれるとは!ものすごい実力です。



動画撮影:E-M5 Mark IIM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
開発者Hさんが開発用に撮影した動画です☆


開発者のHです。
E-M5 Mark IIでE-M1よりも一段と進化しました動画についてご紹介します。
1番のポイントは強力な手振れ補正です。5軸手振れ補正の機構を用いて動画でも常にまるで宙に浮いているような感じで手振れを補正します。またボディ側で補正しますので、どのレンズでも手振れ補正を効かせることができます。
安定した動画を撮影するためには三脚やスタビライザーなど重たい動画撮影用の機材を使うことが一般的ですが、E-M5 Mark II は静止画同様少ない荷物で様々なフィールドにおいて手持ちでも安定した動画を撮影することができます。
歩きながら、パンニングなどカメラを振った時などは、映像の滑らかさも重視して手振れ補正を行うようになっています。
動画撮影時の手振れ補正モードとしてはM-IS1とM-IS2がありますが、望遠撮影時にも強力に手振れを補正するM-IS1がおすすめです。

動画時のAF、AE性能も専用に開発し大きく改善しました。フルタイムAFをOnにすると動画記録をしていないライブビュー中も動画用のAFを行います。撮影中でもタッチパネルでピントを合わせたい部分にタッチしてAFすることも出来ますし、絞りやシャッター速度、露出の変更も出来ます。(上記画面はタッチで露出変更するときのものです)

画質も大きく改善しています。
動画画質モードとしては、オリンパスの1眼で初めて60pの記録フレームレートに対応しました。滑らかな動画が記録できます。お勧めは、動画でのSモードにおいては、フレームレートが60fpsであればシャッタースピードを1/60sや1/125s、フレームレートが30fpsであればシャッタースピードを1/30sや1/60sあたりに設定して撮影すると滑らかで自然な動画を撮影できます。

音声処理も大きく改善しています。本格的に音声記録をする方には音声モニター機能に対応したヘッドフォン端子搭載の外付けグリップHLD-8G(別売)もおすすめです。

E-M5 Mark II の動画の開発では、動画のプロの方に多くのアドバイスを頂き、性能upを実現しています。専門用語など言葉からして違うので、なかなか大変でしたが、静止画カメラとしてだけでなく動画カメラとしても良い製品になったと思っています。是非、E-M5 Mark IIを使って、手持ち撮影による自由なアングルで動画撮影を楽しんで欲しいと思います。

動画撮影をする前にライブビューで撮影のリハーサルをしておくと、どのような動画が撮れるかシミュレーションすることができますので撮影時の参考にして欲しいと思います。

TOPの動画サンプルは、スキー場で撮影した動画になります。レンズは12-40mmPROです。リフトに乗って手持ち撮影しています。リフトはガタガタ小刻みな振動がありましたが安定した動画が撮影できます。プロユースにも堪える防塵防滴レンズシステムなのでスキー場でも安心して持ち歩くことができます。





このブレの多いシーンで、ここまでスムーズな動画になるとは驚きです。静止画だけではなく、これから動画でも人気のカメラになりそうな予感☆

今日も遊びにきてくれて、ありがとうございます。



☆☆☆ 今日のひとりごと☆☆☆
最近のちょっとした楽しみ☆フォトパスコミュの新着サークル一覧を見て、どこかにお邪魔したいなと、ぶらぶらすること。どの地域の情報も気になりますし、あぁ、このサークル名なんて私にピッタリ、なーんて。どのサークルさんも気になりすぎて、いまだ、書き込みも出来ない状況なんですが(^^; どちらも情報交換や会話が楽しそうなんですよねぇ。


☆☆☆ 写真で伝えたいこと☆☆☆
”写真で伝えたいこと”に、安田菜津紀さんが登場しています。安田さんにお会いしたことがありますが、優しくチャーミングな雰囲気の中に、しっかりとした強さを感じる印象の方。AMYが個人的に写真への想い、伝えたい気持ち、そして撮影した写真も大好きな写真家さんです。素敵なメッセージがサイトに公開されていますので、ぜひリンクをご覧いただければ幸いです。


写真でみんなに伝えたいこと、みんなに感じて欲しいこと、なぜ写真という手法を選んだのか…。
写真に対するあらゆる思いを写真家が語ります。

写真で伝えたいこと
ー通い続けることで見えてくるものがあるー 安田菜津紀 Natsuki Yasuda 公開中



 

コメント(2)

コメント画像

地域コミュが無くなり、テーマ別のサークルが色々できてますね。
個人的にはメインビジュアルを書いたこともあり、動物園/水族館コミュに是非是非ですが
サークルのテーマから漏れたような、ノンジャンルの写真や雑談用の緩いサークルも欲しいところです。

安田さんに関するWikipediaのよると、在日外国人の方なんですね。