写真コミュニティフォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ > 小貝 哲夫の写真ブログ Earth Color

Earth Color


Vol.06 失敗を恐れずどんどん撮影すべし!

2009年12月24日 11:00 テーマ [ オーロラ ]

ブレークアップの瞬間。天空が裂け、眩いばかりの光が降り注ぐ。 大自然が繰り広げるスペクタルショーの前では、余程冷静な人間でない限り、引き込まれてしまい写真を撮り続けることは難しい。

頭上に広がるブレークアップで、眩いばかりの光が広がる。この光景には恐怖感さえ感じる。ISO320、15秒で撮影。E-3ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

事前情報を頭に叩き込んでいても、初めてのオーロラ撮影は戸惑うことが多い。ヘッドライト頼みの真っ暗闇、そして耐え難い寒さ。冬の撮影ならば-10℃は当たり前、時には-40℃になる可能性もある。 寒さ対策は次回に持ち越すとして、まず暗闇でも自分のカメラを自在に操作できる練習をする。通常撮影のように手に持った状態ではなくて、三脚に装着した状態で思い通りの操作ができることが重要。手の中では慣れで難なく操作できても、三脚装着状態では微妙に感覚が異なる。

やっと撮影した貴重なオーロラ写真は、再生してチェックする。その結果を2枚目以降に生かすプロセスは、前回までに触れてきた。
この時、失敗作でも決して消去してはならない。メモリー容量に限りがあるのでついつい消してしまいたくなるのだが・・・。

オリンパスEシリーズ、ペンシリーズとも、撮影時に「仕上がり」や「シャープネス」「コントラスト」「彩度」「階調」などを設定できる。E-30以降のモデルなら、アートフィルターでオーロラを撮影しても楽しい表現ができるだろう。

撮影時にはガッカリした失敗作も、落ち着いて見直すと違う認識が生まれることがある。ホワイトホース市街地の灯りで赤く色付いた雲が邪魔したが、変わった雰囲気の写真になった。
E-3ZUIKO DIGITAL 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ところが、撮影の現場で細かな操作は難しい。いちいち結果を細かく確認していたのでは時間の無駄。オーロラはどれくらいの時間出ているのか分からないのだから、撮影に集中するべきだ。
こんな時には、オリンパスが提供している画像ソフト「OLYMPUS Master 2」、或いは別途購入する「OLYMPUS Studio 2」(両者の違いは、写真のセレクト機能とRAW現像機能の充実度の差)の純正ソフトが便利。
RAWで撮影しておけば、後から設定の変更や(E-3以外ならば)アートフィルター加工を加えることができるのだ。

OLYMPUS Studio 2で甦ったオーロラ。目視では確認できなかった空を覆うグリーンや上端の紫が浮かび上がった。

ISO200、15秒で撮影したが失敗。確認後、ISO感度を上げて撮影を続けた。
E-3ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

E-3がそのまま出すJPG画像には大変満足していたので、今まで僕はJPG(画質はラージスーパーファイン)のみで撮影してきた。E-3の画像は対応していないが、対応機種で撮影した画像をアートフィルターで遊んでみたいので、今後はRAW+JPG(JPGはパソコンでの確認やブログで簡単に使いたい時用)で撮影して「OLYMPUS Studio 2」で現像することに決めた。

「OLYMPUS Master 2」「OLYMPUS Studio 2」で補正すれば、失敗作でもそれなりに見栄えを整えることができる。画質は若干落ちたとしても、ゼロではない。何より貴重なオーロラ写真、0か1(0.5でも)ならば僕は後者を選ぶ。

OLYMPUS Studio 2で加工すると、複雑な形のオーロラと微妙なグラデーション浮かび上がり、撮影時の感動が甦ってきた。

繊細なオーロラをISO200、15秒で撮影したが、真っ暗で何が何だか分からない写真になってしまった。
E-3ZUIKO DIGITAL 12-60mm F2.8-4.0 SWD

20日からは一足先にオーロラ撮影のためユーコンへ向かう。E-P1で撮影したオーロラ写真や、バッテリーの消耗、記録メディア、撮影時に知っておきたい小技をユーコン現地からレポートする。


定点撮影で、ISO設定を変えて画像比較をしながら約50分間に86カットを撮影、それを繋ぎ合わせオーロラの動きを再現した。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

コメント(0)

コメント投稿受付は終了いたしました
ページトップへ戻る