写真コミュニティフォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ > 小貝 哲夫の写真ブログ Earth Color

Earth Color


Vol.10 行ってきましたオーロラ撮影ツアー!(その1)

2010年03月03日 11:00 テーマ [ オーロラ, ユーコン ]

ユーコンの大自然を堪能!

このブログを通じて募集していた、極北のカナダ・ユーコンオーロラ撮影会。いったいどんな旅だったのか? 2回に分けて報告する。

ユーコン準州の街や道の位置関係がひと目でわかる簡略化地図はこちら
※クリックでウィンドウが開きます。


バンクーバーから小型機で2時間、ユーコン準州の州都ホワイトホースに到着する。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

成田空港を19時のAC004便で発つと、冬季オリンピックで盛り上がるバンクーバーには同日10時に到着。さらに目的地ユーコン準州の州都ホワイトホースへは、国内線に乗り換え約2時間、14時過ぎには到着する。
旅の予定は4泊5日、到着した晩からオーロラ撮影のチャンスがやってくる!

マーシュ湖畔にあるインオンザレイクロッジまでは、約50kmほど。ロッジに向かう前に、市内のマーケットに寄り食料品などの買い出しを行う。ロッジの場所は大自然のど真ん中、コンビニなどはない!


今回宿泊したマーシュ湖畔に経つインオンザレイクロッジ、本館はログハウスのお洒落な外観を持つ。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0


ロッジに宿泊していた仲間が集まり、防寒具を着込んでオーロラ撮影に挑む!
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

インオンザレイクロッジは食事ができる本館と、森に囲まれた4棟のコテージからなる。コテージは自炊設備も整っているので、自分の家で暮らすように極北の生活が堪能できる。もちろん今回は、コテージに宿泊した。

真冬のユーコン・・・気になる温度だが、幸いなことにマイナス15度前後と暖か(?)な日が続いている。東京でこんな温度になれば大変なことになるが、空気が乾燥しているせいか、厳しい寒さとは感じないから不思議だ。


チェックインの後、周辺を自由に散策。
夕食の後、一旦部屋に戻り撮影準備を整え、23時に集合し暖かな室内でオーロラの話しで盛り上がりながらタイミングを待つ。0時過ぎ、北の空に兆候が現れ凍ったマーシュ湖の上に移動を開始する。空には満天の星、どんなオーロラが現れるのか期待が高まっていく。

暫くすると北の空が、淡いグリーンに輝き始める。見上げるような激しいオーロラは出なかったが、オーロラの状態に応じて設定やアングルを変えて夢中で撮影を続ける。途中で休憩を入れながら、結局4時過ぎまで撮影が続いた。


極寒の中、凍った湖上にでてオーロラ撮影。残念ながら遠方に現れただけで、激しいオーロラは撮影できなかった。ISO800、30秒で撮影。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

翌日は朝9時にロッジを発ち世界遺産クルアニ国立公園への観光フライトへ。カナダ最高峰のローガン山(5,959m)を中心に、世界最大規模の氷河が創り出す絶景を堪能する。


世界遺産になっているクルアニ国立公園への観光フライトは圧巻。高度3,000m、氷河の奥に標高5,959m、幻の山ローガン山が現れた。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ローガン山は広大な氷河に囲まれているため、平地から見ることはできない。また太平洋から入り込んだ湿った空気が山塊にぶつかり雲になり、その姿を現すことは滅多にない。ローガン山が、幻の山といわれる所以だ。

さらに天候が安定しない季節、入念に天候をチェックしてフライトは決行された。4人乗りの小型機は明るみだした飛行場を離陸し1時間ほどでクルアニ国立公園に到達、朝日に映える氷河の中を漂うように進んでいく。


クルアニ国立公園は世界最大の氷河地帯、幾つもの氷河がぶつかり大きな流れを作る。カスカウルシュ氷河上空で。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


自炊設備が整ったコテージを貸し切り、極北の生活を堪能できる。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

正面には、赤く照らされたローガン山が見えている。シーズンに10日とない最高の天候に恵まれ、まるで夢の中にいるような不思議な時間を満喫した。

2日目の夜、次第に曇が増え始め、厚い雲が夜空を覆う。前日と同じように遠方にかすかなオーロラが現れたが、日本を発ってからノンストップで遊び続けたため疲れが溜まっている。
好転が望めないと判断し、早めの就寝となった。


コメント(0)

コメント投稿受付は終了いたしました
ページトップへ戻る