写真コミュニティフォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ > 小貝 哲夫の写真ブログ Earth Color

Earth Color


Vol.12 オーロラの楽しみ方

2010年03月17日 11:00 テーマ [ オーロラ ]


オーロラ撮影に興味を持った方へ、アドバイスと僕の撮影スタイルを紹介しよう。


オーロラを見るならひとりがよい。何もない荒野であれば、なおのことよい。ことばで表せない体験があなたを包む。ISO500、シャッター速度30秒で撮影。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

初めてオーロラを見に行くならば、絶対にツアーに参加するべきだ。
カナダならユーコンかイエローナイフ、米国アラスカ州、北欧などが一般的で、市街地に宿泊し夜10時ころから観測地に移動するというのが基本スタイル。最適の場所で、知識のあるガイドが付いてくれるので、ビギナーにとっては心強い。

難を言えば、オーロラの状態に関係なくツアー終了時間にはホテルに戻らなくてはならないこと。「もっと撮影していたい!」と我が儘を言っても、単独行動は許されない。


雪原の中で見たオーロラは、ひときわ印象的だった。香り立つような輝きを、ISO500、シャッター速度15秒で収めた。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2.0 SWD

ツアーに参加してオーロラ撮影にはまってしまったら、個人旅行にチャレンジしよう。
ネットを検索すれば、オーロラ鑑賞を売りにしたロッジやB&Bの紹介ページを捜すことができる。自分のペースで、納得するまで撮影できるのが最大のメリットだ。


冬のオーロラ撮影は、幹線道路から離れられない。普段は何気なく通り過ぎてしまう鉄橋も、オーロラと合わせると最高の被写体になった。ISO250、シャッター速度15秒で撮影。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2.0 SWD

しかし宿泊する場所を決めてしまうと、何が起きてもそこを離れられなくなってしまう。例えば、曇り空など天気が悪かったら一巻の終わり、どうすることもできない。

僕のスタイルは宿泊地を決めずに、3日間くらいのスパンで太陽風の活動状況と天気予報をチェックしながら、より可能性の高い場所に移動する。 400kmくらいの移動もいとわない。

宿泊できる施設があればそこをベースに行動するが、なければ車中泊になるのでシェラフとストーブ、食料は必需品だ。


しかし冬のオーロラ撮影は、ちょいと厳しい。寒さは当然として、車の故障やスタックなどのリスクがある。単独行動をするということは、自らがリスクを背負うということ。それを理解して、様々なシーンを想定して準備をする。無責任に勧められないが、オーロラ撮影を優先したらこんなスタイルになってしまった。

その分、オーロラに出会えた時の感動は、一層深いものになる。

地球と太陽の関係が成立してから数十億年間、変わることなくオーロラは出続けてきた。我々の先輩も同じオーロラの輝きに魅せられ、畏敬を抱き、語り継いできた。時は流れ、カメラを手にオーロラを見上げる自分がいる。

雄大な自然の中に身を置き、彼らが見たのと同じ(ような)環境で見ることを、強く勧めたい。時空を超え、オーロラを共有できる瞬間だ。


深夜、道の真ん中に停車してオーロラ撮影。端に寄せ過ぎるとスタックして動けなくなってしまうので要注意だ。ISO400、15秒、左上にオーロラが見える。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2.0 SWD

オーロラシーズンもそろそろ終盤を迎え、今回で【Earth Color】も最終回。
最後にこの冬撮影した写真を中心に、「LiFE* with PhotoCinema 3」でフォトムービーを作ってみた。

「LiFE* with PhotoCinema 3 - OLYMPUS PEN 特別版 -」の無償ダウンロードを実施中なのでお試しあれ!『OLYMPUS PEN 特別版』による作例動画も見ることができる。
≫ OLYMPUS PEN × PhotoCinema Project



コメント(0)

コメント投稿受付は終了いたしました
ページトップへ戻る