写真コミュニティフォトパスTOP > ナビゲーターズ写真ブログ > 斎藤 巧一郎の写真ブログ 料理をキレイに撮る18のレシピ

写真家 斎藤巧一郎の料理をキレイに撮る18のレシピ


1、色でキレイに撮ろう!(ホワイトバランス編)

2008年05月23日 11:00 テーマ [ ]

食べものの色って大切。目でも楽しみながら食べる物ですよね。
ところが、カメラで撮るとなかなかうまくいかない。
まずは、食べものの「色」。

レストランやカフェは、暖かみのある白熱灯のライトが使われています。
そのために、見た目には、おいしそうなんですけど、カメラ任せの
「AUTO」で撮ると、赤っぽく写ることがあります。
少し自然な色に近くするためには、カメラのホワイトバランスの調整をします。


「AUTOで撮ると、少し赤っぽい」


「カメラのホワイトバランスを調整」


ホワイトバランスを「電球」に合わせると赤すぎるのは、自然に。


「調整して自然な色に」  料理を撮る最適なコンパクトカメラは?


そして、昼間のオープンカフェの日陰や、窓際はすこし青い光の色をしています。食べ物が青く見えるのは、食欲をそそりませんね。


「朝食の窓辺では、青っぽく写ります」

そんなときには、日陰や、くもりのホワイトバランスに合わせます。
お皿の上のパンやフルーツの青みがとれて、おいしそうに写ります。


「曇りの設定で、自然な色に」

暖かみのある感じの方が良ければ、設定を変えながら、好きな色になるよう
調整してみましょう。「色」でキレイに変わります。
料理を撮る最適なコンパクトカメラは?



■今週の「食」レポート

080523f.jpg
「新玉亭の巨大なうなぎ丼をいただきました」


コメント(8)

新玉亭とは某津市のうなぎやさんですね。津市はうなぎやが多い事で地元では有名です。次は(◯◯屋へ)わからん))行かれると、さらにGOODです。
早く単焦点の17mmを出してくれないかな。期待してます。

斎藤先生こんにちは。
やっと斎藤先生のブログが公開されました。
似顔絵いいですね。
いつになるか・・・・待ってました。
いっぱい教わりたいですのですが、
「今週の食」でくれぐれも食べすぎのないように・・・・
よろしくお願いします。

初めまして、うちのFE200はホワイトバランスを調整出来ないんですが。

Photo Expoのスイーツ撮影講座に参加させていただきました。その節はお世話になりました。m(__)m
今後のレシピを楽しみにしています。

ハシビロコウ様オリンパスイメージング石川と申します。FE200では電球に合わせるホワイトバランスがございません。モードダイヤルをSCENEに合わせますと[料理]を選択できますが蛍光灯です。一度[AUTO]と比べて見て下さい。

>Irisさま
今週の食は、普段通りでして、そのため、、、。
今後ともよろしくおねがいします。 さいとう

>ハシビロコウさま
AUTOでカメラが調節出来る範囲も広いので、
料理の写真を楽しんで頂ければと思います。 さいとう

>7ka4shiさま
今後もつづいてまいりますので、宜しくお願いします。さいとう

コメント投稿受付は終了いたしました
ページトップへ戻る