見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「FotoPus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 猫(ねこ)の写真投稿ページ >

かわいいねこ写真をPENで撮る!

めめぼんの清水桜子さんがこっそり伝授。かわいいねこ写真をPENで撮る!

「めめぼん」で大人気のPENユーザー清水桜子さんがかわいいねこ写真の撮り方をこっそり伝授!

清水桜子さん
東京都出身。多摩美術大学美術学部二部デザイン学科卒。
大人気猫写真集「めめぼん」を出版。 フリーランスのビジュアルデザイナーとしてエディトリアルを始めとしたグラフィックデザイン、写真やそれを発展させたグッズデザイン等を行っている。猫や旅や日常にまつわる写真をHP「桜子日記」上にて日々公開中。
>桜子日記  >かわいい猫のグッズも販売中!

ポイント1:PENならではの機動力を活かし、猫の自然な表情を狙おう。

サムネイル1 クリックすると拡大表示します
サムネイル2 クリックすると拡大表示します
サムネイル3 クリックすると拡大表示します
サムネイル4 クリックすると拡大表示します

●コミュニケーションをとりながら楽しく。

片手でも扱いやすい大きさのOLYMPUS PENだから、猫たちとコミュニケーションをとりながら撮影することが楽チンです。
「かわいいね~」と話しかけるも良し、おもちゃで遊んであげながら撮るも良し。
そうして猫たちに撮影が楽しい行為だと感じてもらえれば、自然と猫らしい愛嬌のある仕草をおさめることができます。 ただ片手で撮影すると手ブレがおきやすいので、しっかり肘などを固定して撮影してください。 PENは、「ボディー内手ぶれ補正」が搭載されているので、すべてのレンズで補正が働くので安心ですね。

●カメラを向けるアングルを変えてみる。

似たような写真ばかりになってしまうと感じた時には、いつもと違う角度からカメラを向けてみることもおすすめです。
PENは一眼レフカメラでは回り込めない角度からの撮影がしやすく、なによりデジタルなので、何枚でも気兼ねなく撮影できます。
例えば、猫を下からあおるように撮ると威厳のある構図に。
同じ目線は、猫らしい自然な表情。
人間目線から撮って、人と猫との関係性を意識してみても面白いです。

VF-2製品画像

野外では、さすがに寝ころびながら撮影は難しいので、そんな時、重宝するのが、電子ビューファインダー VF-2。ファインダーの角度が変えられるので、かがんだままで、猫の視線での撮影ができるのでぜひ使ってみてください。

ポイント2:ここぞの時は、連写機能!

サムネイル5 クリックすると拡大表示します

猫ならではな動きのある仕草。
あくびやグルーミング、ご飯をムシャムシャと食べている時。
おもちゃで遊んでいるような動きのある仕草をした時は、すかさず連写体勢に入ります。
すると、映像からは想像できないような思いもよらぬ猫たちの一瞬の表情を切り取ることができます。
後から見て、爆笑してしまうような表情が撮れていることも…!これこそ写真ならではな愉しみだと思うのです。

ポイント3:アートフィルターを使って、たまに気分を変えてみる。

サムネイル6 クリックすると拡大表示します
サムネイル7 クリックすると拡大表示します
サムネイル8 クリックすると拡大表示します
サムネイル9 クリックすると拡大表示します

自宅での屋内猫写真をずっと撮っていると、インテリアなどの背景が変わらないので、飽きが生じてきてしまうことも。
そんな時は、アートフィルターで遊んでみると新鮮で、表現の幅がぐっとひろがります。
自分の部屋の空気が変化し、ドラマティックに見えてくるから不思議。
フィルターごとに個性があるので色々試してみるとよいでしょうが、背景の色味のごちゃつきが気になる時は、トイフォトやジェントルセピア。引きの構図で優しい部屋の空気感を出したい時には、デイドリームやライトトーンがおすすめ。
また、PENはアスペクト比が変えられるので、テレビやパソコンで流行りの16:9、写真集のような6:6など目的に合わせて撮影するとアングルや構図が変ってくるのでぜひ試してください。

まとめ:猫とカメラはやみつきになる!

イメージ10

私はたまに、友人や知人から飼い猫ちゃんの撮影を依頼されることがあります。 でも常日頃思うのは、飼い猫写真というものはその猫の飼い主さん自身が撮ることが1番のアドバンテージだということです。
猫たちが心を許している飼い主さんだからこそ撮れる表情というのが、確実にあるからです。
人間の1日に対し、猫は3~4日のスピードで年を重ねていく生き物。そんな大切な猫との限りある生活を慈しむために、カメラはこの上なく良き相棒となることでしょう。
PENは小型なので、カメラが苦手な猫ちゃんに慣れてもらうにもぴったりなカメラだと思います。
充実した猫とカメラとの生活を!この機会に是非愉しんでてみてくださいネ。

OLYMPUS PEN(オリンパス ペン)について詳しくはこちら!