オリンパスOMシリーズの情報ページ「Fotopus OM fan」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > Fotopus OM fan >

OMシリーズのカメラ紹介:OM-1

OMシリーズのカメラ紹介

OM-1 (1973年発売)


OM-1

OMシリーズの初代機であるOM-1の誕生は、昭和48年(1973年)。
世界最小最軽量の35mm一眼レフ(1973年当時)として多くの脚光を浴びました。

布幕シャッターのリボンのヒモへの変更。ミラー駆動ショックを吸収するエアダンパー。集光コンデンサーを省略し、曲面の下面を持つペンタプリズム。さまざまな独創的な発想が、ボディの小型化とシャッターの作動音、ショックの低減を実現しました。シャッターは、10万回という高耐久性を実現。ファインダースクリーンは、レンズマウント側から交換可能でした。

なお、発売当初、OM-1はM-1という名称でした。しかし、製品のインパクトが大きかったため、ライカ社から製品名変更の申し入れがあり、OM-1に改められました。

また、このOM-1を生産するにあたり、軽量化のため用いる鉄素材に対する防錆技術、ペンタプリズムの加工技術、耐久性を高める熱処理や表面処理技術など、さまざまな面の社内技術が、大きく向上、発展しました。

※「オリンパスの歩み」 より転載
(カメラの歴史 > 1971~1992 > OMシリーズ


OM-1(カメラ壁紙ライブラリーより)

一眼レフの概念を超えた最高の機動性

■操作性・高性能を重視した上での小型化

身のまわりの製品がすべてコンパクト化されている現在、一眼レブカメラだけが依然として、「大きく」「重く」「ぶ恰好」な姿で取残されています。これだけハンディキャップを背負っているのに、年々一眼レフを買う人々が増えてくるのは、なぜでしょう。それはやはりシステムカメラとしての一眼レフに、それ自体の持つ高い性能と価値を求めているからに他なりません。

OM-1は世界最高の性能を発揮する本格的システムカメラを主眼として開発しました。しかもその上に、OM-1だけにしかない新しい価値が付け加えられています。小型軽量化の導入から生まれる優れた機動性がそれです。一般に一眼レフは、システムカメラとして高性能を発揮させるために、小型化することに非常な困難を伴ない、むしろ不可能とされていたのです。それゆえ本格的システムカメラの超小型化は、いまだ実現されていませんでした。その壁を、飛躍的な技術革新により、今OM-1が見事に乗越えたのです。

小型化が実現されるからといって、各操作部が使いにくくなったり、性能がおちたりすることは、本格的システムカメラとしていっさい許されません。OM-1ではむしろ大型にすべきところは普通以上に大きくし、高性能化を追求しております。 136×83×81mm(F1.8付)この縮小のフォルムは、優れた操作性や高性能を持たせる大きさと、抜群の機動性を持たせる大きさの双方を充分に満足させた結論です。

■携帯性にポイントをおいた軽量化

人間が持ち歩くカメラは、軽くて携帯に便利であることが大切な条件です。一眼レフの場合、ともすればこの欠点は、高級機だから仕方がないと、今までなおざりにされていました。あの肩にくい込む重さと、ごろごろする大きさに不愉快な経験をされた方はきっと少なくないはずです。 OM-1はF1.8付でも660gr.一般一眼レフに比べて約40%減の世界最軽量を誇る画期的な一眼レフです。物の大きさを端的にあらわすのは、体積です。OM-1(F1.8付)は400cm³、これも一般一眼レフの約35%減です。OM-1全体がいかに縮小されたフォルムであるかが、はっきりとわかります。
一般一眼レフでボディ1台・レンズ3本持参するところを、OM-1ならばボディ2台・レンズ5本持っていけます。その分だけ行動半径の広い撮影活動ができるわけです。またカメラの高さを83mmにおさえてあるところも、他にない特徴です。持ち歩き易くするために、大型ペンタプリズムを採用してあるにもかかわらず、邪魔になる三角突起部を極力小さく低くするようにした、その携帯性への努力の成果です。

■夢の機動力を実現したメカニズムの秘密

OM-1はなぜ小さくなったのでしょう。その謎を一言でいうならば、それは独創的なメカニズムの開発によるものです。例えばライカ以来続いてきたフォーカルプレーンシャッターのメカニズムに改革のメスを入れました。またシャッター幕を引くリボンに特殊な素材を開発したり、軽くて強い高級合成樹脂を採用してあります。TTLメーターのレイアウトも変えるなど、例を挙げれば切りがありません。部分部分をわずかづつ減らした程度では、とても果たせない超小型化なのです。一眼レフカメラ設計の常識を抜本的にくつがえしています。それでなければ、体積比で大巾な35%減とはなりえません。まさに英知を結集した設計技術の極致といっても過言ではないでしょう。
できあがってから批評するのはかんたんです。しかしわずか縮めるために、その費した設計努力は大変なものでした。設計・試作・検討・再設計─この繰返しの連続です。常識を超えたカメラを創造する先駆者の苦しみを充分に味わいつくしました。
逆に、わざわざ大きくした所もあります。よく小型化に使われる小さなスプロケットを用いたり、手にフィットする両サイドのデルタカットを省略すれば、横巾は7~8mmたちどころに短かくなるところです。しかしあえて操作上から、これ以上縮めては扱いにくくなる限界点で止めてあります。超小型一眼レフOM-1の誕生により、本格的システムカメラ分野に機動性が加えられ、一眼レフの新しいページが開かれました。

(OM-1カタログより抜粋)

■カタログPDFダウンロード

OM-1 カタログサンプルPDF(約49MB)

※都合によりカタログの一部ページは含みません
※PDFの閲覧には「Adobe Reader」がインストールされている必要があります
※ブラウザ上で開きにくい場合は右クリックなどからダウンロードして保存してください

オリンパス OM-1のおもな仕様 (製品カタログより転載)

方式 オリンパスOMシステム
ユニット形式 35ミリフォーカルプレーンシャッター式一眼レフレックスカメラ
画面サイズ 24×36mm
レンズ オリンパスOMマウント、バヨネット交換式(回転角70°)、フランジバック46mm
■標準レンズはF1.8、F1.4、F1.2の3種(いずれも最近接撮影距離45㎝)
・F.ズイコーオートS F1.8 f=50mm、5群6枚
・G.ズイコーオートS F1.4 f=50mm、6群7枚
・G.ズイコーオートS F1.2 f=55mm、6群7枚
シャッター フォーカルプレーンシャッター
マウントダイヤル式、B.1~1/1000秒
シンクロ FP・X接点切換付
ファインダー ペンタプリズム式広視野ファインダー、フォーカシシグスクリーン交換可能、露出計測光表示付
フォーカシングスクリーン 交換式
■標準タイプはフォーカシングスクリーン1-1型(マクロマット式)を装着、他に多種類交換可能
ファインダー視野率 実画面に対して97%
ファインダー倍率 50mm標準レンズ付で距離無限遠のとき0.92倍
ファインダー視野角 短辺23°30’、長辺35°
ミラー 大型クイックリターンミラー、ミラーアップ可能
フィルム装填 イージー・ローディング
フィルム巻上 レバー式、小きざみ巻上可能、巻上角150°、予備引出角30°、セルフコッキング、二重巻上防止・二重露出防止付
フィルム駒数計 順算式、自動復元
フィルム巻戻し クランク式、巻戻しクラッチセット式、自動復元
露出計 TTL(CdS2個使用)、開放測光式中央重点測定、ファインダー内定点合わせ式、露出計ON・OFFスイッチ付、OFFおよび低輝度自動警告スイッチ付
測光範囲 Fl.4付でASA100のときEV2~17
電源 水銀電池(JIS・H−D型)1.3V 1個使用
フィルム感度ダイヤル ASA25~1600、ロックボタン付
セルフタイマー レバー式(回転角180°)約12秒、4秒以上時間調節可能、スタートレバー回転により始動、始動後スタートレバー逆回転により停止および再セット可能
裏蓋 交換式
■標準裏蓋は蝶番式・マジックロック
他にレコーデー夕バックおよび250フィルムバック1など取付可能
アクセサリーシュー 専用ユニット着脱式、コードレス接点付
フィルター径 標準F1.8・F1.4は49mmねじ込み式、標準F1.2は55mmねじ込み式
大きさ・重量 (F1.8付) 136×83×81mm、660gr
(F1.4付) 136×83×86mm、720gr
(F1.2付) 136×83×97mm、800gr
(ボディのみ) 136×83×50mm、490gr

OM-1についての情報があるファンサイト様

これからもOM
http://www1.bbiq.jp/kskom7/OMHP/om1.html

OLYMPUS MANIA
http://omkameland.web.fc2.com/toppage1.htm