オリンパス オープンフォトコンテスト 結果発表

「オリンパス オープンフォトコンテスト」は、27,822作品の応募をいただき、力作揃いのコンテストとなりました。
グランプリ、テーマ賞、入賞の各賞が決定しましたので発表します。

グランプリ

雪桜

ニックネームHiroHiro

ハッとする作品である。青いカーテンがピンクの桜を包み込む・・・と思いきや、桜のピンクは雪が街灯で染まった色。青いカーテンは降りしきる雪にビデオライトを照射しスローシャッターによって生まれたものだった。発想の豊かさと構図や撮影技術の確かさによって、冬から春へ向かう季節の物語が極めて美しく表現されたことに感動を覚える。
萩原史郎

桜は日本の文化の象徴だと思う。作者はさみしい冬枯れの景色にもかかわらず、ビデオライトを用い、枝に積もった雪を、まるで満開の桜のように表現した。夜空に舞い落ちた幻想的な時間を感じる。華やかで、印象的な、この輝かしい舞台に立ちたいと強く願った。今回、グランプリはアート部門からの選定となった。現実の世界からどれだけ遠くに行けるかがポイントとなる。作者は、見事な感動を見せてくれた。
若子jet

一見、桜並木と雨の組み合わせと思いきや、ピンクに染まった花びらの正体は雪。空から降りしきる降雪はスローシャッターで意図的にブラしたとのこと。シンプルな画面構成ですが、計算されたテクニックも見える力作です。アート写真、風景写真のいずれの要素を盛り込んだ素敵な作品に仕上がっています。
桃井一至

テーマ賞

ネイチャー

奥穂高の夕焼け

ニックネームSO-1

雲海の上で繰り広げられる自然のドラマが、見事な完成度で仕上がっている。なんと言っても、山のピークを左端へ配置し、右斜め下へ落ちる稜線を右斜め上へ駆け上がる雲の筋と対比した構図は秀逸である。フィルターワークも適切だ。一期一会のチャンスに冷静に対処し、見応えのある作品へと昇華させた作者の腕前を高く評価したい。萩原史郎

アート

スプーン上の出来事

ニックネームayumu_kou

作者は日常で起こる出来事を、ミクロな水とスプーンという世界で、非常にシンプルに表現した。動きは化学変化を試しているかのようで、その偶然的な、見事な演出に驚かされた。色の配色も素晴らしい。まるで音が聞こえてきそうだ。若子jet

ライフ

へへ、おいしそ。。。

ニックネームラモス

笑顔の投稿が多いライフ部門ですが、こちらが思わず笑ってしまった写真です。おやつをインコに取られたのか、それともエサを食べるインコに触発されたのか、定かでありませんが、羨ましそうななんとも言えない表情の子供が出色。手の表情や柔らかい優しい光にも恵まれました。桃井一至

入賞

ネイチャー

Sun Sparkle

Sun Sparkle

ニックネームsval

虹色の夜明け

虹色の夜明け

ニックネーム水底の歌

たそがれ

たそがれ

ニックネームレニー

「THE WORLD’S END」

THE WORLD’S END

ニックネームmuroranyakei

一筋

一筋

ニックネームゆうすけ_1109

アート

笑顔

笑顔

ニックネームChip

神の乗り物

神の乗り物

ニックネームHYPO

陽の当たる道へ

陽の当たる道へ

ニックネームサンクリ

National Code

National Code

ニックネーム蓮見浩明

落ち葉の舞:マゼノ渓谷

落ち葉の舞:マゼノ渓谷

ニックネームUZOU

ライフ

穏やかな時間を

穏やかな時間を

ニックネームkahuka15

準優勝の悔し涙

準優勝の悔し涙

ニックネームrx198

だいすきなブンブン

だいすきなブンブン

ニックネームmomopapa

眩しいのは、陽射しのせいだけじゃない

眩しいのは、陽射しのせいだけじゃない

ニックネームkocophoto

Synchronizing

Synchronizing

ニックネームだらりんだーりん

ページトップへ戻る