見つける・つながる・楽しむ!写真投稿コミュニティ「FotoPus」

現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > フォトマスター検定Web講座 >

お試し学習講座

受験を開始する

これからフォトマスター検定合格へ向けての講座がスタートします。
まずはカメラの種類と構造について勉強していきましょう。

カメラには どんな種類があるのか

カメラとは写真を撮影するための道具です。被写体(撮影される対象物)からの光をレンズでとらえ、その姿を記録します。現在、普及しているカメラには、レンズでとらえた映像をフィルムに記録する「フィルムカメラ」、デジタル画像として記録メディア(メモリーカードなど)に保存する「デジタルカメラ」があります。

Check Point

フィルムカメラとデジタルカメラ、映像を記録する仕組みは違いますが、レンズを通して被写体(撮影される対象物)の姿を結像させるまでの構造は変わりません。

デジタルカメラの種類

デジタルカメラは、構造や機能により、「(デジタル)一眼レフカメラ」「ミラーレス一眼(マイクロ一眼)」「コンパクトデジタルカメラ」の3タイプに分かれます。それぞれの特徴を整理してみましょう。

デジタル一眼レフ(一眼レフカメラ)

デジタルカメラの基本的な構造は、撮影用のレンズを通った光が、その背後にある撮像素子(光を電気信号に変える装置)に像を結ぶというものですが、このレンズと撮像素子の間にミラー(鏡)を置き、ファインダーに光を導く機能を持つカメラを「一眼レフカメラ」(右下の図参照)と呼びます。

一眼レフカメラの最大の特徴は、ファインダーを通して見たままの像が写るという仕組みにあります。撮影時にレンズを通った光が撮像素子に当たるのですが、シャッターを切った瞬間以外はレンズと撮像素子の間にミラーが置かれ、その光がファインダーに導かれることで、撮影される像をファインダーで確認できるようにしているのです。

なお一眼レフの「一眼」とは、撮影用とファインダーでの確認用のレンズが「一つのレンズ(眼)」であることから付けられたものです。「レフ」は英語のReflexが縮まった言葉です。Reflexは反射という意味で、撮像素子の前に設けられたミラーのことを指しています。なお、一眼レフカメラの上部に大きな出っ張り(ペンタ部)があるのは、このミラーを介して、ファインダーに光を導く光学系が収められているからです。

この一眼レフカメラは、レンズを交換できるようシステム化されており、同じ規格(マウント)のレンズを自由に付け替え、さまざまな写真表現が可能である点も大きな特徴です。

Check Point

カメラの上の出っ張りは、ファインダーのためのペンタプリズムや接眼レンズが中に収められているのね。

Check Point

レンズから入った光はミラーで反射し、カメラ上部のペンタプリズム(ペンタ部)で光の向きを変え、ファインダーに到達します。シャッターを押すと、その瞬間、ミラーが跳ね上がり、光は直接撮像素子に当たります。これによって撮影が行われるのです。

ミラーレス一眼(マイクロ一眼)

最近、急速に増えているのが「ミラーレス一眼」と呼ばれるデジタルカメラです。レンズ交換式でデジタル一眼レフに似た機能・性能を持っていますが、一眼レフの特徴であるミラーがない構造であるため、「ミラーレス一眼(マイクロ一眼)」と呼ばれています。

撮影用レンズと撮像素子との間にミラーがないことから、一眼レフカメラに比べ、ボディとレンズを小さくすることが可能で、いずれのカメラも小型軽量であるため「マイクロ一眼」と呼ばれることもあります。

ミラーレスカメラには一眼レフカメラのようなファインダーがないため、撮像素子が取り込んだ映像を液晶モニター液晶ビューファインダーで再生して、確認できるようにしています。レンズは交換式で、同じ規格(マウント)のレンズであれば、他社のものを利用できます。また、マウントを変換するマウントアダプターを介して、一眼レフ用のレンズを取り付けること可能です。

Check Point

ボディは小さいのにレンズが交換でき、本格的な写真が撮れるなんて、すごいっ!

Check Point

ミラーレス構造をとることで、ボディとレンズの設計の自由度も高まり、カメラの形状や大きさも自由自在。個性的なカメラが多いのもミラーレスカメラの特徴ですね。また、ミラーレス一眼では、ファインダー撮影をしたいユーザー向けにアクセサリーとして「ビューファインダー」が使えるようになっています。

コンパクトデジタルカメラ

明確な定義はありませんが、レンズとボディが一体化されたデジタルカメラをコンパクトデジタルカメラと呼びます。ポケットに入るほどスリムなものから、水中撮影もできる頑丈な防水型、強力なズーム機能を持ち、一眼レフに似たスタイルの高倍率ズームカメラなど形状もさまざまです。

構造はシンプルで、撮影用のレンズを通った光が撮像素子に当たり、その像を記録するというものです。通常、ファインダーはなく、背面の液晶モニターを見ながら撮影します。
液晶ビューファインダーを搭載、あるいはオプションで装着できるものもあります。

Check Point

上着のポケットやポシェットにも入るコンパクトなボディで、いつでも持ち歩けるわね。デザインがかわいいものも多いし、カラーを選べるのもうれしいわ。

Check Point

液晶モニターが小さく、見づらかった初期のコンパクトデジタルカメラには小さなファインダーが付いていました。でも、今では背面の液晶モニターが大きく、高性能になったので、ファインダーは付けられなくなりました。

フィルムカメラの種類

長い歴史を持つフィルムカメラには、使用するフィルムの種類、ファインダーの構造などによってさまざまなタイプに分類できます。ここでは、主なフィルムカメラについて、その特徴を整理してみましょう。

一眼レフカメラ(フィルム一眼レフ)

デジタル一眼レフの元となったのが、フィルム一眼レフカメラです。外見も非常によく似ており、内部の構造も酷似しています。撮影用のレンズを通して被写体を確認でき、ファインダーを通して見たままの像がフィルムに写ります。レンズとフィルムの間には、ミラーが置かれ、プリズムを介して、ファインダーで被写体の姿を確認できます。

Check Point

デジタル一眼レフにある背面の液晶モニターさえ見なければ、操作系も似ているし、フィルム一眼レフとデジタル一眼レフは瓜二つですね。

Check Point

古いフィルム一眼レフカメラには、オートフォーカス機能がなく、ピントは撮影者が手動で合わせていました。また、巻き上げレバーを操作して、フィルムを巻く必要がありました。

レンジファインダーカメラ

一眼レフカメラが誕生する前、広く普及していたフィルムカメラの1つです。カメラ前面に設けられた2つの測距窓(図参照)からの像をファインダー内で重ね、その視差を元にピントを合わせる機構(光学視差式距離計)が組み込まれており、この距離計を「レンジファインダー」と呼ぶことから、その名がつけられています。

レンズ交換式の高級タイプから、専用のレンズを一体化した廉価版まで、さまざまなクラスのレンジファインダーカメラがつくられました。

Check Point

35mmフィルムカメラの元祖、ライカはレンジファインダーカメラでした。国内メーカーもライカをお手本にレンジファインダーカメラを製造していました。

Check Point

なるほど、レンズのフォーカスリングを動かして、ファインダーの2つの像がぴったりと重なって見えると、ピントがあったことになるのね。

二眼レフカメラ

カメラの正面から見ると、縦に2つのレンズが並んでおり、上側のレンズから入った光をミラーで反射させて上から被写体をのぞく仕組み(ファインダー)になっています。下側のレンズは撮影用で、その奥にフィルムがセットされています。ファインダー用と撮影用、2つのレンズを持つことから二眼レフカメラと呼ばれています。

なお、フォーカスダイヤルを回すと、ファインダー用のレンズと撮影用レンズが同時に前後に動いてピントを合わせます。ファインダーは上からピントグラスを見下ろす構造のウエストレベルファインダーで、被写体の姿が左右逆に映る左右逆像になるため、撮影には慣れが必要です。
また、一眼レフのようにカメラを縦に構えることができないこともあり、画面の縦横比が1:1の6×6cm判、4×4cm判が採用されることが多いようでした。

Check Point

ファインダーをカメラの上からのぞき込むウエストレベルファインダーは、被写体に対して、視線を下に向けるという独特の撮影スタイルをとるのが特徴です。

35mmカメラ

もっとも普及したフィルムフォーマットが、この35mmフィルムです。元は映画撮影用の35mm幅のフィルムの流用で、これを短く切り、小さな金属の筒(パトローネ)に収めて写真撮影用としました。この規格のフィルムを最初に使ったのが、ライカ製カメラだったことから「ライカ判」とも呼ばれました。
※国際標準化機構(ISO)の写真フィルムの規格名称として135フィルムと呼ばれることもあります。

35mmフィルムは画面サイズが24×36mmと小さく、フィルムを収めたパトローネ(フィルムを収めた筒状の金属容器)が小型で扱いやすいのが特徴です。一般にフィルム一眼レフと呼ばれるカメラは35mmフィルムを使いますし、多くのフィルムコンパクトカメラも35mmカメラでした。

Check Point

デジタルカメラに使われるレンズの画角を焦点距離で表すとき、「35mmフィルム換算」という言い方をしますが、もっとも普及した35mmカメラの焦点距離を1つの目安として使ったのです。

中判カメラ

フィルム幅が61.5mmの、「120フィルム」「220フィルム」を使用するものを中判カメラと呼びます。初めコダックのブローニーというカメラに使われていたことから「ブローニー判」と呼ぶこともあります。また、フィルムを巻くときの軸となるスプール(巻き軸)に巻いて、端を糊で留めただけの構造なので、取扱いには注意が必要です。

中判カメラには、画面サイズが決まっている35mmカメラや大判カメラと違い、画面の縦横が異なる複数の規格が存在します。6×4.5cm判(ロクヨンゴとも呼ぶ)、6×6cm判(ロクロクとも呼ぶ)、6×7cm判(ロクナナとも呼ぶ)、6×8cm判6×9cm判6×12cm判6×17cm判などがあり、いずれも120フィルム、または220フィルムを使って撮影します。一般的な35mmフィルムに比べて画面サイズが大きいので、階調シャープネスに優れた写真を撮ることができます。

Check Point

中判カメラは画面サイズが複数存在するだけでなく、カメラのタイプもさまざま。一眼レフカメラ二眼レフカメラレンジファインダーカメラなど実に多彩です。

大判カメラ

4×5インチ(シノゴとも呼ぶ)、5×7インチ8×10インチ(エイトバイテンと呼ばれます)など、巨大なシート状のフィルムを使うものを大判カメラと呼びます。 建築写真、広告写真など、完成時に大きく伸ばす必要がある分野に使用されます。また、レンズとカメラ部(フィルムホルダー部)の間に蛇腹が使われており、多くの機種でアオリ機能が使えます。

大判カメラは暗幕を被り、ピントグラスでピントをじっくりと合わせる構造のカメラが一般的です。速写性を高めるためにレンジファインダーを搭載し、折り畳み式のフィールドカメラと呼ばれるものもありました。

Check Point

昔、写真屋さんは大判カメラで集合写真などを撮っていました。

確認テスト

パート1で勉強したことをおさらいしましょう。

Q1 一眼レフカメラの最も大きな特徴、メリットを表す文章として、次のどれが正しいでしょうか?

Q2 一眼レフカメラのレフとはどんな意味でしょうか? 正しいものを選びましょう。

Q3 レンジファインダーカメラの特徴を正しく表しているのはどれでしょうか? 正しいものを選びましょう。

確認テスト 解答

Q1 判定 解答は「C レンズから入った光がファインダーと撮影の両方に使われるので、ファインダーから
確認した画像がそのまま記録される。」
解説シャッターを切った瞬間、撮影用のレンズを通った光はフィルム面、あるいは撮像素子面に届き、像を結びます。一方、シャッターが閉まっているとき、レンズからの光はミラーとプリズムの組み合わせによって、ファインダーに送られ、撮影者の目に届きます。こうした構造のため、ファインダーで見ている被写体の像とフィルムや撮像素子に写しとられた写真の間には、ズレはありません。
Q2 判定 解答は「A Reflex = 反射」
解説一眼レフカメラの「一眼」とは、レンズが撮影用とファインダー用を兼ねている(眼が1つである)ことを差しています。「レフ」は英語のReflexが縮まった言葉です。Reflexは反射という意味で、フィルムや撮像素子の前に設けられたミラーのことを指しています。このミラーによって撮影される像と同じ像をファインダーで確認することができるのです。なお、このミラーを持たない構造のレンズ交換式のデジタルカメラは「ミラーレス一眼」と呼ばれます。
Q3 判定 解答は「B 2つの測距窓からの像をファインダー内で重ね、その視差を元にピントを合わせる距離計が組み込まれている。」
解説2つの測距窓からの像をファインダー内で重ね、その視差(異なる2点から見た対象物の像が異なって見えること)を元にピントを合わせるレンジファインダー機構(光学視差式距離計)が組み込まれているものを「レンジファインダーカメラ」と呼びます。このレンジファインダー機構は、正確なピント合わせが可能で35mmフィルムカメラ、中判カメラ、大判カメラなど、多数のフィルムカメラ(一部、デジタルカメラにも採用)に使われています。