プレミア会員同士がリアルに交流 オリンパス ズイコークラブ支部

ズイコークラブ 長野支部

支部概要

ズイコークラブ 長野支部

[ 専任講師 ]
柳澤 俊次 先生 プロフィール
1953年長野県諏訪市生まれ。
中央東線のD51を見て育ち、中学時代より鉄道活動、高校時代にSLの影を追って旅を始める。大学時代にSLが消え目標をなくすが、広告写真に転向して25才で独立、フリーランスの写真家となる。デビュー作は国鉄の「いい日旅立ち」のキャンペーンポスター。その後、多くの国や企業の仕事に携り、代表作となった黒澤明監督の「乱」の広告で、内外数々の賞を受賞。東京写真文化館館長や写真家団体の役員を歴任、今でも語り継がれるAPAビエンナーレやAPAアワードといった写真公募展を企画制作する。
公益社団法人 日本広告写真家協会元常務理事 公益社団法人 日本写真家協会会員
日本写真芸術学会会員
バンタンデザイン研究所講師
[ 年間活動状況 ]
例会3回、学習会8回程度、撮影会1回、写真展1回
[ 支部長 ]
大塚 栄二

長野支部は1994年に発足し、会員相互の親睦とより積極的に写真を楽しむ場として、中南信を中心として活動していました。2009年11月より新しい支部長・役員、そして新専任講師にプロ写真家の柳澤俊次先生を迎えた新体制でスタート。拠点は諏訪、岡谷になりますが、中南信のみならず北信や長野県外のメンバーも加わり、益々活動の場を広げています。

ズイコークラブ支部コミュ 最新情報を公開中

  • 例会風景
    例会風景
  • 撮影指導風景
    撮影指導風景

活動状況

柳澤 俊次 先生
長野支部専任講師
柳澤 俊次 先生

[ 例会 ]
年3回開催。
柳澤先生による作品講評や、撮影方法の講義などを行います。作品講評の点数やサイズには制限はありません。顔はコワモテですが語り口は柔らかく、豊富な経験に裏付けられた的確で丁寧な指導は、作品力アップにつながります。また、自分の作品だけでなく、他のメンバーの講評を聞くことや、質問をしたり感想を述べることでも大いに勉強になります。
[ 学習会 ]
年8回程度開催。
柳澤先生による作品講評や、撮影指導を行います。撮影指導は、小物撮影、人物撮影、流し撮りなど、毎回テーマを決めて実際に撮影をしながら学習をします。撮影テクニックやカメラの使い方など、柳澤先生はもちろんですが、知識豊富なメンバーも大勢いますので、相互に勉強できます。
[ 撮影会 ]
年1回開催。
気候の良い10月下旬から11月上旬に行います。ここ最近では、上諏訪や奈良井宿と言った長野県らしい歴史のある街並みにて撮影会を開催しました。
[ 写真展 ]
年1回開催。
作品発表の場として写真展の開催も予定しています。
[ コミュ ]
長野支部コミュにて、作品投稿や撮影地の情報交換、テクニック公開なども活発に行われています。

長野支部では、写真の経験の有無を問わず、どなたでも例会や撮影会、学習会への見学を歓迎致しております。是非お気軽にお問い合わせ下さい。

入会・見学・資料送付

こちらのページよりお申込みください。

各支部に関するお問い合わせは、
フォトパス事務局:fotopus@olympus-imaging.comまで。