OLYMPUS PRO PHOTOS

ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

PRODUCTS SITE

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • NEXT
  • 秋田 淳之助

  • 秋田 淳之助

  • 中田 聡一郎

  • 中田 聡一郎

  • 中田 聡一郎

  • 八重山諸島、日本 / 浜で出会った真白い犬と空の色とのコントラストがあんまりマッチしていて、思わずシャッターを切っていました

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / リーダーを先頭に!!ワクワクする冒険はいつか楽しい思い出になります。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 魚を網に追い詰める「追い網漁」も、こんなに広い太陽の下ですると、気分が爽快!

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 空の青を映して限りなく青い海と、さんご礁に囲まれた八重山諸島の島を上空から撮影。この景色を見たとたんに、はやる気持ちがふつふつと沸いてきました。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 亜熱帯気候に育つマングローブのは、さまざまな生き物たちの住家でもあるそうです。

    BRUCE OSBORN

  • 佐藤 ケイジュ

  • 高砂 淳二

  • 吉野 信

  • ドック入り / タグボートの『ブエルク号』がセドフ号のドック入りを手伝い、今朝係留されていたのとほとんど同じ位置まで導きます。写真の右側に見えるStena Line社のカーフェリー、『ステラ・ゲルマニカ号』は毎日、姉妹船の『ステナ・スカンディナビカ号』と交互にキールとゴーテンブルク(ヨーテボリ)間を往復しています。

    DIETER BETHKE

  • 作業中の士官候補生 / 士官候補生は、経験はなくとも出来る限りの努力をしなくてはいけません。作戦行動には継ぎ目のないチームワークが必要です。士官候補生はそれぞれ大綱を引き、前部に達したら向きを変えて再び後部に向かいますが、この間に次回のために力を蓄えます。

    DIETER BETHKE

  • ミズンデ川の橋 / シュレスヴィッヒからはシュライ・フィヨルド沿いにアルニスに向かいました。その途中、シュライが最も狭くなり、重要な渡船ポイントであるミズンデ川を渡りました。この水上には、小さいながらも注目に値する単線の可動橋が架かっています。歩行者、サイクリスト、自動車、列車が一方通行の橋を共用して交替で渡ります。

    DIETER BETHKE

  • コーン畑 / シュライ・フィヨルドのシュレスヴィッヒとカッペルンの間は美しい地域です。東シュレスヴィッヒ・ホルシュタインのこの辺りは、人気のセーリングスポットでもあります。夕日の下でコーン畑が光り、豊かな草の緑は継ぎ目なく青い水に混ざっていきます。

    DIETER BETHKE

  • 漁網の旗 / 1960年代にアルニスの人口が減ったため、漁業と海運業の町が、週末や休日の行楽地に変わりました。この旗は漁網がセットされたことを示しており、これでアルニスにはまだ漁民がいるのだとわかります。

    DIETER BETHKE

  • 築地  東京, 日本

    DENIS MORRIS

  • 築地  東京, 日本

    DENIS MORRIS

  • 築地  東京, 日本

    DENIS MORRIS

  • 築地  東京, 日本

    DENIS MORRIS

  • 築地  東京, 日本

    DENIS MORRIS

  • 地下鉄  東京, 日本

    DENIS MORRIS

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • NEXT