OLYMPUS PRO PHOTOS

ZUIKO DIGITAL ED 90-250mm F2.8

PRODUCTS SITE

  • 1
  • 2
  • NEXT
  • 青木 勝

  • 青木 勝

  • 青木 勝

  • 青木 勝

  • 青木 勝

  • 青木 勝

  • 大閘門 / NOKに出入りする船の交通はハンブルク近くのブルンスビュッテルとキール・ホルテナウにある大閘門(水位を上下させて船舶を昇降させる)で調節されています。キール・ホルテナウ閘門の二つの区域(使用可能な長さ310m)は主に、約45分ごとにやって来る全長235mまでの大型の貨物船とクルーズ船を受け入れています。ノルウェジアンドリーム号もここの常連です。

    DIETER BETHKE

  • 小閘門 / スポーツボートは、二つある古い小型の閘門部(使用可能な長さ125m)を利用します。北海からバルト海の波が少なめなセーリング領域へと横切るものもいれば、この写真の場合のようにただキールウィークの祭りに参加するために来たボートもいます。

    DIETER BETHKE

  • 熱気球 / 水上で長時間過ごした私は、夕刻は陸地で過ごすことにしました。ナハトグルーヘン(夜光祭)の熱気球は地上にありますが、ガスを入れるカラフルな気のうと夜空をライトアップするバーナーは見ものです。

    DIETER BETHKE

  • 救助船 / 小型の救助船が港のわきを通ります。

    DIETER BETHKE

  • 砂の城 / 砂浜に打ち上げられた物を見つけたら自分のものにしてかまいません。しかし。このような物はどうやって持ち帰ったらいいのでしょうか。

    DIETER BETHKE

  • プレーンの城 / プレーンの城は現在ではフィールマン財団の所有で、財団によって修復されています。城は町のいろいろな場所から、はるか遠くからでも見ることができます。

    DIETER BETHKE

  • 永続的係留 / 波乱万丈の歴史を持つもう一隻の大型帆船、『プリヴァル』は1959年以来ずっとここに係留されています。この船はFlying P Liners社の所有で、1911年から1959年まで航海しており、約18ノットの最高速船の一つとして知られていました。

    DIETER BETHKE

  • マルハナバチ / 着陸後、今はもう無用になった太陽が雲の間から現れ、まるで私をからかっているようです。ヒマワリ畑ではマルハナバチが旅を始めています。

    DIETER BETHKE

  • 旧市役所アーケード / 市場の日になると、リューベックの人々は旧市役所のアーケードの下で味わいのある買い物を楽しみます。

    DIETER BETHKE

  • 『キョート・エクスプレス』 / 姉妹船の『コロンボ・エクスプレス』の横に係留されている『キョート・エクスプレス』は容量10万トン以上、コンテナ8,750個やさらに大きなものまで収容できる世界最大のコンテナ船の一つです。各船の長さは335m、幅は約43m、高さは14.6mあります。これらの船はHapag-Lloyd社の所有で、上海、香港、ハンブルクを通るアジア?欧州ルートを常時運行しています。

    DIETER BETHKE

  • 『ミシシッピ・クイーン』 / ハンブルク港で有名なもう一隻の船舶は、オリジナルの『ミシシッピ・クイーン』を真似てデザインされた外輪船です。大型の外輪を動力とするこの船は、港湾を周回し、思いがけずノスタルジックなハンブルクの光景を見せています。

    DIETER BETHKE

  • タクシートーク / 木に寄りかかってくつろぎながら、買ったばかりの焼きアーモンドをかじります。帰る途中の若者たちが悪態をつきますが、私も、最後の客を待つタクシードライバー達も、彼らをただ無視します。

    DIETER BETHKE

  • ワッデン海 / ワッデン海の潮が引いて干潮になると、干潟の夕暮れ散歩が可能になります。たくさんの家族連れ、カップル、行楽客がこの健康的な機会に新鮮な海の空気でリラックスしています。この種の散歩は食欲増進には最高です。空腹になっても高いところにあるレストランで食欲を満たすことができます。

    DIETER BETHKE

  • アザラシ / 2時間の航海の後、ようやくアザラシを何頭か見ることができました。約7000頭の丸い眼をした魚ハンターたちがこの近辺の砂州に集まっています。背景には北海で標高の低い島の一つ、スーデローク島が見えます。

    DIETER BETHKE

  • アザラシのクローズアップ / アザラシのクローズアップです。海でこのように臆病な動物にこれほど近づけるのは稀なチャンスです。少なくとも船からでは不可能なことです。この画像については、サンクト・ペーター・オルディングのヴェストキューテン公園のオーナーと動物愛好家たちに感謝を示したいと思います。

    DIETER BETHKE

  • 網の清掃 / フズム港への帰路、網を清掃しているエビ漁船に出会いました。漁網から落ちていく切れ端は、船の周りを飛ぶカモメへの贈り物になっています。

    DIETER BETHKE

  • カンペン灯台 / 太陽が沈もうとするころ、ズィルトのカンペンにようやく到着しました。自動車用列車での旅は、列車に問題があったために遅れてしまったのです。

    DIETER BETHKE

  • 『アウシュテルンマイヤー』レストラン / Dittmeyer's社の『アウシュテルンマイヤー』レストランの暖かく魅力的な雰囲気の中、同社のアンドレアス・マルク氏に会うことができ、様々な調理法など、カキについて知っておくべきことを全て教えてもらいました。カキはすべて二枚貝の仲間で、人間にとっては素晴らしい栄養源だということです。

    DIETER BETHKE

  • 1
  • 2
  • NEXT