現在位置
投稿写真サイト フォトパスTOP > OLYMPUS PRO PHOTOS:GALLERY >

静物

OLYMPUS PRO PHOTOS

静物

  • 田中 希美男

  • 田中 希美男

  • 田中 希美男

  • 田中 希美男

  • 田中 希美男

  • 田中 希美男

  • 根本 タケシ

  • 根本 タケシ

  • 八重山諸島、日本 / すっかり暗くなって人の気配がなくなった御神崎(うがんざき)に、海で遭難した人たちのために建てられたという供養塔のシルエットが、月の光を浴びてたたずんでいました。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 「東洋のチーズといわれる豆腐ようは、泡盛のベストフレンドです。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 島の心を奏でる三線と、労働する力強い腕。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 懐かしいものがいっぱいディスプレイされている音楽食堂「パナヌファ」の中。波照間良美さんの新作のCD“パナヌファ”はここで録音しました。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 八重山諸島の食堂でよく見かけた箸。そういえば、今回の旅では一回も割り箸を見なかったです。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 「波照間島」のロゴマークとでも言うんでしょうか?いろいろなところで見かけました。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / シーサーは建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除け、または幸運招きなどの意味を持つ伝説の獣の像です。このシーサーを見た悪霊は笑い転げてしまうかも・・・

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 一つ一つが違う表情ですので、シーサーによって、その家の趣きも変わります。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 深い緑をバックに家を守るシーサー。石で作ったシーサーのほかに、陶器や漆喰(しっくい)、コンクリートや青銅製のシーサーもあるそうです。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 通りがかりで見つけたスタンド。思わずパイナップルとバナナを購入。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 流木を使って作った鳥。オーナーの晴さんは、どんなものでも生き返らせてしまうマジシャンのようです。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 「晴ギャラリー」の表にあった看板オブジェ。これを見たら車を止めてみたくなる気持ちもわかってもらえるはず。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 派手でキャッチーなシーサーたち。こんなにいたら悪魔は敬遠、幸運がいっぱい舞い込んで来そう。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / みんさ織りで有名なみねや工房。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 八重山の伝統工芸“みんさ織”の特徴である五つ四つの文様には、『いつ(五)の世(四)までも末永く』という意味が込められているといいます。男性の求愛を女性が受け入れたあかしとして、女性はこのみんさ織の帯を自らの手で織って男性に贈ったそうです。

    BRUCE OSBORN

  • 八重山諸島、日本 / 浜に流れ着いた木の実や貝殻を使って田中さんが作ったアクセサリーの数々。

    BRUCE OSBORN