見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > デジタルカレッジ 写真講座 >

講師リスト

デジタルカレッジ 講師リスト

※ 50音順に掲載しております。

ズイコーデジタルアカデミー講師

幅広い分野において、経験豊富なプロカメラマンの指導のもと、実践テクニックを学ぶことができます。

オリンパスフォトチューター

オリンパスPENを中心とした、カメラの使い方のフォトチューター。使い始めたばかりの疑問から、基本的な撮り方までを総合的な知識をもってアドバイスいたします。初めての写真の入り口に頼もしい存在です。

ズイコーデジタルアカデミー講師

各講師の作品は、2013年12月オリンパスギャラリー東京、2014年2月オリンパスギャラリー大阪で開催された、「オリンパスデジタルカレッジ講師写真展」にて、第2回「こころシャッターコンテスト」のテーマ『こころが動いた瞬間』のもと、140文字以内のメッセージを添えて、出展頂いた作品になります。
第2回こころシャッターコンテスト「こころが動いた瞬間」

岩田 賢彦 [イワタ マサヒコ]

岩田 賢彦 [イワタ マサヒコ]

1969年大阪府生まれ。写真家マツシマススム氏に師事。(株)メディカルフォトにて学術資料制作のチーフカメラマンを経て2002年独立、現在、写真撮影をはじめ初心者向け写真教室や撮影ツアーで活躍中。ライフワークは大阪の下町撮影と野生日本猿のポートレート。写真ワークショップおもひで工房主宰。NPO法人フォトカルチャー倶楽部認定フォトインストラクター、読売旅行写真ツアー講師、日本写真家協会(JPS)会員。

作品1作品2

左:あと少し
毎年、海水浴に家族で訪れる第二の故郷ともいうべき日本海の漁村での一枚。船着き場に何故か首だけのマネキンを見つけた娘はふざけて持っていたハンマーで後方から襲いかかる。来年には届くようになっているだろうかと思いつつ面白いのでシャッターを切る。
右:自慢
ライフワークで撮影している野生の日本猿。春に生まれた赤ちゃん猿が自分で捕まえたコオロギをこちらに向けて自慢げな顔で見せてくれました。夢中でシャッターを切った次の瞬間、コオロギ君は無情にも彼の口の中へ。昼ごはん前でしたが食欲がなくなりました。

緒方 一貴 [オガタ イッキ]

緒方 一貴 [オガタ イッキ]

1977年神奈川県生まれ。成蹊大学文学部英米文学科卒業。スタジオ勤務を経てファッション、広告カメラマンのアシスタントを勤める。その後、篠山紀信氏に師事し、2010年に独立。雑誌、広告等の分野で主に人物撮影を中心に活動。2012年COMMERCIAL PHOTO(玄光社)「NEW GENERATION PHOTOGRAPHERS」に選出。
ライフワークとして十一代目市川海老蔵を撮り続ける。

作品1作品2

左:PERSPECTIVE
「消失点」というのは何が「消失」しているのだろうか。点、すなわち体積がゼロになることなのか。E=mc2。君の美しさが特異点であるならば、その質量は無限大になるだろう。
それともうひとつ。2013年の夏、ドイツの研究者チームが光を停止させる実験に成功したそうです。

右:二十才の頃
ホリゾントの前に君を立たせ、カメラを構えた。青い空も白い雲も必要なかったんだ。ただ君の肩や睫毛を見ていたかった。君と僕。それだけで一日が過ぎて行った。時には僕の指先がいじわるをし、君の眼差しはいたずらだった。覚えている、けれど帰らない日々。

片岡 正一郎 [カタオカ ショウイチロウ]

片岡 正一郎 [カタオカ ショウイチロウ]

KataokaShoichiroWebSite

1952年愛媛県今治市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。JPS(日本写真家協会)所属。雑誌を中心に活動。最近では、農業写真の分野にも精通。

作品1作品2

左:自我の目覚め/右:マチルダ
薔薇は厄介である。俄花撮りカメラマンになって三年あまり、野草、雑草、梅に桜、様々な花達との出会いを繰り返し、やっとその微かな言葉が少し聞こえてくるようになってきた。 しかしである、この薔薇だけはいまだに頂けない。幾度となく撮影会などを開いて挑戦しているのだが、「貴方に私が撮れるかしら?」と居丈高に見栄を切られているようでどうにも落ち着かないのである。そう、まるで超美人の前に出た私のように・・・。
この気持ちは機材を変えたからといって、どうにかなるものではないのだが、OM-D E-M1の背後に隠れながら呟いてみる。貴女の愛を少しだけ・・・(笑)

片岡 司 [カタオカ ツカサ]

片岡 司 [カタオカ ツカサ]

Tsukasa Kataoka's official website

1977年奈良県生まれ。2003年フリーランスとして活動を開始。現在は、広告写真撮影を務める傍ら、写真教室や撮影会講師などを手掛ける。自身の作品作りにも精力的に取り組む。撮影対象は主に「自然・風景」をテーマに撮影。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。

作品1作品2

左:天竺
この光景を求めて北海道を訪ねました。自然はいつも私の想像を超えた美しい姿を見せてくれます。そして私の魂を大きく揺さぶり、興奮と喜びを与えてくれます。美しい光景をいつまでも私たちに見せ続けて欲しいと願います。
右:collaboration
「写真」は本当に素晴らしいと思います。自分自身が受けた感動を人と共有することが出来ます。これからも感動のシーンを捉え、表現して行きたいと思います。
そして自然と人、人と人の心を繋ぐ一助になることが出来れば幸いです。

金森 玲奈 [カナモリ レイナ]

金森 玲奈 [カナモリ レイナ]

KanamoriReina Web Site-さくら日和-

1979年東京都生まれ。東京工芸大学写真学科卒業。同大学研究生過程終了後、美術大学附属写真センター、国立大学資料編纂所写真室デジタルアーカイブ担当、母校でのTAを経て2011年独立。10年来撮り続けていた野良猫の写真から離れ、身の回りの風景にカメラを向けつつ、写真雑誌・書籍等で写真の掲載・執筆などを行う。
【個展】「その瞳の見つめる先に」(富士フォトサロン東京・スペース4)、「街猫-豊かな国の片隅で-」(銀座ミキモト本店ミキモトホール)、「ちいさな宝物」(UP FIELD GALLERY)、「街猫の肖像」(都内ギャラリー銀座・福岡)、「日々を 紡ぐ」(オリンパスギャラリー東京・大阪、アートギャラリージャッド)他、個展・企画展多数。
富士フォトサロン新人賞2003/奨励賞受賞。東京工芸大学・清里フォトアートミュージアムにて作品収蔵。

作品1作品2

左:猶予う(たゆた-う)
自分の進むべき方向を模索して
ゆらゆらと揺られ漂う気持ちを抱えていた時
ぷかりと目の前に現れた
私の分身

右:光、射す
嬉しい時、哀しい時、なにかに迷っている時、
いつも空を見上げる
空は答えをくれはしないけれど
少しだけ
心に光を当ててくれる

川野 恭子(きょん♪) [カワノ キョウコ]

川野 恭子(きょん♪) [カワノ キョウコ]

カメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術

神奈川県生まれ。「空をより青く撮りたい!」という一心でフィルム一眼レフを購入したのをきっかけに写真の魅力にはまる。2008年春に始めた写真ブログがきっかけで、女性向け写真講師や執筆活動を行うように。日常生活に見え隠れする「かわいい」や「すてき」を、独特のトーンで切り取る「ゆるかわ写真」が得意。横浜山下町にて、女性が通いやすい少人数制の小さな写真教室「Atelier photo*chocot」を主宰。著書に『はじめての「ゆるかわ写真」レッスン』(技術評論社)ほか多数。2013年7月写真展「トキメキ」を開催。

作品1作品2

左:うつろうせかい
この目で見ている世界は、一日・一秒では変わらないように見えて、実は変化している。いま、目の前に広がる「秋の色」も、一日・一秒のうつろいが見せる世界。だからこそ心動かされる、そんな気がするのです。
右:うつろうこころ
その女性は、目の前の世界を見ているようで、心は違う世界を旅している…そんな気がしました。まるで「秋の色」のようにあちこちへうつろう乙女の心。それはワタシ自身の心のあらわれなのかもしれない。そう思った瞬間、シャッターを切っていました。

北奥 耕一郎 [キタオク コウイチロウ]

北奥 耕一郎 [キタオク コウイチロウ]

北奥 耕一郎の世界

1947年、京都市生まれ。立命館大学卒業後、北米大陸を横断取材。以降現在までに51ヶ国を歴訪。2004年、文化庁芸術家特別研修員として渡米。NHK文化センターやオリンパスFotopus[デジタルカレッジ]などで写真講師を務める。「京都」に関したフォトエッセイを新聞や雑誌に連載中。個展 14回開催(オリンパスギャラリーほか)。写真集に「京艶」(淡交社刊)、「風の雅」(京都新聞社刊)など。日本写真家協会会員。京都観光おもてなし大使。

作品1作品2

左:京都圓光寺夕景Ⅰ
瑞巌山圓光寺は京都洛北一乗寺にある閑静なお寺である。少し前にアカデミー講座を開催した時に素晴らしい紅葉を参加者の皆さんに喜んでいただいた。
夕日を受けた雲のハイライト部分がアートフィルターの「スターライト効果」で星のように輝いてくれた。

右:京都圓光寺夕景Ⅱ
その圓光寺に新しい庭ができた。龍と大海をイメージした躍動感に満ちた石庭である。夕暮れ時にWBを電球色にして手持ちで撮影。強力な5軸手ぶれ補正に大型EVFが採用され、大きく見やすくなったファインダーを覗きながらシャッターを切ればさらにブレの心配がなくなった。

コムロ ミホ

コムロ ミホ

文化服装学院でファッションを学び、ファッションの道へ。傍らモデルをしても活動している中、撮影現場でカメラに触れるうちにフォトグラファーを志すことを決意。現在は人物を中心として広告や雑誌等で撮影をする一方、ライフワークでは海外、国内と街スナップして撮り歩いている。

作品1作品2

香港色。
慌ただしい香港の街並はいつもエネルギッシュで、人の多さと、市場の活気で圧倒されてしまう。その街並を割るように路面電車のトラムが走っている。ゆっくり進むトラムに乗って、忙しい香港の街並を撮影していると、カメラの楽しさに改めて気づかされる。香港は私にとって、写真欲を掻き立ててくれる場所。

斎藤 巧一郎 [サイトウ コウイチロウ]

斎藤 巧一郎 [サイトウ コウイチロウ]

さつえいのカロリー

1968年鹿児島県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。 現在、広告写真を中心に、雑誌、新聞等で撮影に携わる。近年は熊本でギャラリーディレクターを務め、写真専門学校講師、写真セミナーなど写真文化を広げようと努力している。

作品1作品2


イタリアの街角、広場から下る坂の下。補助輪の付いた自転車を押す親子。
私も父と自転車の練習したなぁ。日が沈むのでそろそろ帰ろうかと言われたかな。もうすぐだよ、この坂も自転車に乗ってビューンだよ。
私の遠い記憶に重ねるため、ぼかし効果のジオラマⅡで。


祝福の言葉をおくりながら、うっとり見とれた光景。
真夏に訪れたシチリア・チェファル、海の街。サンセットクルーズに繰り出した地中海はさぞかし美しく、こころに残る光景だったことだろう、わたしにも少し分けてもらった幸せな気持ちでシャッターを切った。

佐々木 啓太 [ササキ ケイタ]

佐々木 啓太 [ササキ ケイタ]

Keita's Page2

1969年兵庫県生まれ。高校を卒業後、日本写真芸術専門学校に入学。貸スタジオ勤務、写真家のアシスタント生活を経て独立。自身の作品発表の場として、毎年のように写真展を開催しながら、雑誌取材、カメラ雑誌の原稿執筆など、幅広く活躍中。著書、「フォトグラファーが教える オリンパスOM-D E-M5 撮影スタイルブック」雑誌取材、カメラ雑誌の原稿執筆など、幅広く活躍中。

作品1作品2

左:シリーズ 森角(モリカド)より
右:シリーズ 故郷(ふるさと)より
新しいカメラで、新しいコンセプトに出会う。
考えて考えてひねりだす答えより、
カメラが伝えてくれるキラメキのほうが、ボクには合っている。
今回の出会いは、新しくもあり、懐かしくも感じるものだった。

清水 淳 [シミズ ジュン]

清水 淳 [シミズ ジュン]

Shimizu Jun Official Web Site

「水中から見上げた空」をメインテーマに半水面や海辺の風景撮影を撮り続けている。カメラ関係誌やダイビング専門誌などで執筆や撮影を行いながら、沖縄那覇にて水中写真教室「マリーンプロダクト」を主宰する。著書に「誰にでも撮れる水中写真」(マリン企画)「デジタルカメラで簡単水中写真」(サンエイテイ)がある。 写真展は、2007年「写真生活」(オリンパスギャラリー東京、田園調布・Deco'sDog cafe 田園茶房) 2010年「南国アートフィルター」(富士フォトサロン名古屋、オリンパスギャラリー東京、大阪)。2011年「SUMMER」(田園調布・Deco'sDog cafe 田園茶房)。2012年「南国E-M5」(オリンパスギャラリー東京、大阪)、「SUMMER」(田園調布・Deco'sDog cafe 田園茶房)。2013年「SUMMER」(田園調 布・Deco'sDog cafe 田園茶房)。
公益社団法人 日本写真家協会会員。

作品1作品1

左:BLUE
気中と水中を一つの絵に収める写真が大好きで、世界中の半水面撮影を楽しんでいます。
水の青さと陸上の景色を一度に楽しめるが半水面の魅力です。灼熱のビーチで火照った身体を、冷たいプールで気持ち良く冷やす瞬間を捉えた写真です。EVF越しに見える被写体は鮮明に感じるのは歳のせいでしょうか?

右:BEACH
目の開けられないくらい明るすぎるビーチ。OVFでは露出をデーター任せになりがちなシーンだが、E-M1のEVFなら砂地のディテールがわずかに残せるくらい明るく描写できそうだ。いつもより1/3段明るさを楽しめそうだ。焼けた肌が痛くなるほどの日差しを大切に感じながら仕上げた。次はいつ来れるかな?

清水 哲朗 [シミズ テツロウ]

清水 哲朗 [シミズ テツロウ]

Tetsuro Shimizu Official web site

1975年横浜市生まれ。写真家・竹内敏信事務所で3年間助手を務め、23歳でフリーランスに。ライフワークとしているモンゴルでは独自の視点で自然風景からドキュメントまで幅広く撮影。2005年、『路上少年』で第1回名取洋之助写真賞受賞。2007年、NHK 教育テレビ『趣味悠々』デジタル一眼レフ風景撮影術入門講師として出演。2012年夏に15年間のモンゴル取材をまとめた写真集「CHANGE」を現地にて出版。個展開催多数。(社)日本写真家協会会員。

作品1作品2


石巻市北上町にある“峠の湯・追分温泉”の館主、横山夫妻には16年前からお世話になっている。この日は秋田から若女将のご両親も泊まりに来ていて、いつになく笑いが絶えなかった。「あれぇ。みんなが揃った記念写真ってあったかな。珍しいねぇ」ファインダー越しに幸せの御裾分けをいただいた。

電気屋のなりちゃん家の庭には廃材で建てたという小屋が何軒もある。震災のときには避難してきた親戚らとだるまストーブのある小屋で寝泊りをしていたらしい。「いつも自給自足で生活しているから困ることは何もなかったね」爽やかに通り過ぎる風を浴びながら食べた卵かけごはんの味が忘れられない。

その江 [ソノエ]

その江 [ソノエ]

フォトグラファーその江のブログ

新潟県出身。東京造形大学卒業後、荒木英仁に師事する。2003年「Lightinguz」を設立し独立。独自の視点・感性で撮る広告写真等で活躍。スイーツから風景までオールマイティな写真家として、カメラメーカーなどからの依頼も多数。近年の写真セミナーでは、「ハートで撮ること」の大切さを改めて伝えている。公益社団法人日本広告写真家協会会員。

作品1作品2

左:The Natural Gardens of Sakano
ローズヒップが美しい庭でちょっと探検。ヒールを脱ぎ捨て子供みたいな彼女が可愛い。
model:Noemi
hair&make up:Yummii

右:Bamboo Forest
日が傾き始めた午後の時間。竹林が輝きだす。
model:Noemi
hair&make up:Yummii

田川 梨絵 [タガワ リエ]

田川 梨絵 [タガワ リエ]

1978年大阪生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業。その後同大学研究生、研究室勤務を経て2009年独立。作品制作と共に、さまざまな写真教室・セミナーで講師を務め、現在は大阪芸術大学写真学科講師も務める。また、2013年より老若男女さまざまな人たちに写真の楽しみを知ってもらうための『写真教室 RECON』を兵庫県芦屋市に開校。モノクロによるポートレートや日常の風景を中心に作品制作を続け、個展・グループ展多数開催。大阪芸術大学卒業制作グランプリ受賞。2005年フジフォトサロン新人賞/奨励賞受賞。清里フォトミュージアム作品収蔵。

作品1作品2

閉塞感
雨が降っている。
私は一歩も動けない。

いつもと少し違う風景は、
私の前に、1枚のフィルターを作り上げる。

私の行動を閉じ込め
心を閉じ込める。

福田 健太郎 [フクダ ケンタロウ]

福田 健太郎 [フクダ ケンタロウ]

写真家 福田健太郎

1973年、埼玉県川口市生まれ。日本写真芸術専門学校を卒業後、写真家竹内敏信氏のアシスタントを経て、フリーランスの写真家として活動を開始。“森は魚を育てる”をキーワードに、天と地を巡る水を辿り、生命の姿を見つめ続けている。写真集に「泉の森」(風景写真出版)など、著書多数。公益社団法人 日本写真家協会会員。

作品1作品2

左:春を想う
耕作地の周辺はブナの森が広がる。秋色に移ろい始めた森を歩けば、たくさんの実が落ちていた。カロリーが高く、山の動物たちにとって格好の食料となり、豊作となったこの地域では、今年は熊が里に降りてこないそうだ。来春には新しい命がたくさん誕生することだろう。終わりではなく、春を想う風景。
右:森へ
富士山の中腹、標高1900メートルの森の中。雨上がりの苔に覆われた林床は、スポンジのようにフカフカしていた。倒木の近くには若木が背比べ。大きな木が倒れれば、ぽっかりと空が開ける。光が届きやすい場所は、若木にとって成長しやすい好環境。長い歳月繰り返され、僕はこの森を見ることができる。

藤城 一朗 [フジシロ イチロウ]

藤城 一朗 [フジシロ イチロウ]

ICHIPON Site / 藤城一朗サイト

東京都出身。出版社映像局を経てフリーランス。エディトリアルからコマーシャルまで、幅広く撮影。デジタルカメラの性能がフィルムカメラに近づき、依頼撮影は100%デジタルカメラに変わった。そのため、ライフワークとして撮影を続けている植物も、最近はデジタルフォトが多い。撮影以外は、カメラ雑誌等に寄稿。個展「夢花」「亜細亜紀行」など。グループ展、団体展は多数参加。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。

作品1作品2

左:Fireworks/右:Pincushions
E-M1で撮影して驚いたのは、非常に表現豊かな画像が得られたことです。これはE-M1に、フォーサーズレンズの描写性能を100%引き出す力が備わったからでしょう。だから、カメラの機能が生きてきます。そこで、多重露出とアートフィルターを併用して、「従来の殻を打ち破りたい」という心象風景を表現しました。

むらい さち [ムライ サチ]

むらい さち [ムライ サチ]

Sachi Murai Photo Works

沖縄でのダイビングインストラクターを経験した後、写真の世界に入る。広告カメラマンの助手を経て、ダイビングやリゾート雑誌を発行している「水中造形センター」に入社。日本を始め世界の海を取材で訪れる。2004年に独立。国内外の海を潜り、独特の優しい感性で瞬間を切り撮るスタイルを得意とする。このところは海にとどまらず、地球のあらゆる場所で「幸せの瞬間」を撮り続けている。2010年9月 写真展「Earth Flowers」開催。2012年 写真展「AloHeart☆~こころで感じるHAWAII~」開催。著書に「カメラ*好き」vol.1&2(マイコミブックス)2012年8月には、10年間通い続けているハワイを題材にした初写真集「ALOHEART」(LifeDesignBooks)を出版。

作品1作品2

左:見つめる先には
空を見上げてるヒトスジギンポ君、そのキラキラした目にはどんな世界が写ってるかな?
右:しあわせなじかん
沖縄の海で出会ったサラサゴンベ君、2人で見つめ合う時間はなんとも幸せな時間です。

村尾 昌美(ムーラン) [ムラオ マサミ]

村尾 昌美(ムーラン) [ムラオ マサミ]

Masami Murao Official Web

東京生まれ。日本大学芸術学部で写真を専攻し、卒業後秋田好恵に師事。91年に渡米し、アパレルメーカー“ 57 street collection inc”と契約。93年に帰国。95年日本ビエンナーレ展入選。現在、各界の著名人のポートレイト、舞台女優、俳優などを中心にオリジナリティのある写真を撮り続け好評。また、独自の視点によるダンサー、スポーツ選手など肉体をモチーフにした作品を精力的に制作中。現在までに国内外約60回にのぼる個展、グループ展を開催する。ベッキーを撮影した『ベッキーラッキーツアーinヨーロッパ』が日本テレビ放送網から発売中。日本広告写真家協会(APA)、日本写真家協会(JPS)各会員。

作品1作品1

左:龍蛇
神在月の出雲では11月12日の夜、稲佐の浜で神迎えの神事が行われる。以前から龍は雲の模様から描かれていると思っていた私はあまりにも迫力のある空の変化に、“きっと現れる”と確信していた。日が落ちる頃、まるで龍神が空を舞っているかのような雲が現れた
右:日本の国
八百万の神々が出雲大社のお集りになるという神在月。いにしえの時代から語りつがれている数々の神話。日本という国を支えている目にみえない力を、生きている私たちが絶やさないように、心のシャッターを切りました。

桃井 一至 [モモイ カズシ]

桃井 一至 [モモイ カズシ]

@gizmomo

1968年、京都府生まれ。1990年よりフリーランスとして活動。各種雑誌やカタログをはじめ、カメラ専門誌などでの執筆も多数。またテレビ出演、講師など活動ジャンルは多岐に渡り、丁寧なテクニック解説にも定評がある。(社)日本写真家協会会員。
著書に「今すぐ使えるかんたんmini オリンパス OM-D E-M5基本&応用 撮影ガイド(技術評論社)」など

作品1作品2

新加坡
赤道直下のシンガポール。表に出た瞬間、湿った空気が体にまとわりつく。
熱帯特有の植物などで占められ「ガーデンシティ」とも呼ばれる街でバスに乗ってみた。シンガポールも類にもれず、公共交通機関の中では皆、スマホを手にしているが、そんななか、彼女だけが遠くを見つめていた。

吉住 志穂 [ヨシズミ シホ]

吉住 志穂 [ヨシズミ シホ]

☆吉住志穂のPHOTO BLOG☆

1979年、東京生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後、竹内敏信事務所に入社。2005年4月にフリーとなり、自然の「こころ」をテーマに、花や風景の作品を撮り続けている。写真展:「Heartful Flowers」「Sweet Flower」「Ants」。日本自然科学写真協会(SSP)理事、日本写真家協会(JPS)会員。オリンパス デジタルカレッジ「Photo Rouge」講師。

作品1作品2

左:乙女の舞
「五月の雨は気持ちがいいの」って花が言う。小さな雫を纏いながら、くるりくるりと可憐に踊る。「そうだよね」って周りの花もうなずいている。だけど、真っ白な空にふわりと溶けちゃいそうで、ちょっと淋しい。
右:秋花の想
曼珠沙華は天上の花。赤い花が地に舞い降りれば、それは良いことが起こるしるし。秋の陽射しを味わいながら、願いを込めるように、ゆっくりと花を広げる。そう、あなたに幸せが訪れますように。

若子jet [ワカコ ジェット]

若子jet [ワカコ ジェット]

若子jetのセンチメンタル日記 Twitter:@wakakojet

岐阜県生まれ。名古屋造形大学卒業後、出版社写真部を経て、松本明彦氏に師事後独立。現在、広告や雑誌等のファッションやポートレートの商業撮影の一方、展覧会での作品発表多数。優しくかわいく綺麗な世界観を得意とする。デジタルハリウッド大学専任講師、女子美術大学非常勤講師。
コニカミノルタフォトプレミオ2007年度受賞。
【個展】2007年「浮く★センチメンタル」(新宿コニカミノルタ)、2007年「花鰹」(代官山フォトギャラリー)、2012年 「キッチュ a GO!! GO!!浪花編」(オリンパスギャラリー東京・大阪)、2012年「センチメンタルガール」(都内ギャラリー(銀座、仙台、名古屋、梅田)、など他多数。

作品1作品2

左:鬼退治☆
私は妄想族。。。可愛いモノを心の宝物箱にいれたくなるような、まるでそんな世界観の女の子が大好きっ。そしてそれらのロケ場所は、これからもずっと残しておきたい大切な場所。作品を表現する上で、いつまでも若く、いつまでも乙女心を忘れないでいたい。夢に描いた「可愛い文化」を、発信し続けていたい。。。
ST=YOSHIKI
Hair=Junpei Yamamoto
Make=MAKOTO
Model=Karolina B.・Alisa H.
D=Nozomi Ueda・In Seo

右:艶やか
気持ちよく泳く鯉。街中に、水の透明度が高いと泳ぐ鯉が浮いているように見える。自分の出会いをキャッチするアンテナを閉ざさずに、常に新しい出会いに向かって積極的に模索していこう。素晴らしい出会いがまたあなたを大きく成長させてくれるだろう。

オリンパスフォトチューター

クキモト ノリコ

クキモト ノリコ

クキモトノリコのブログ

大阪生まれ、神戸育ち。神戸での写真教室講師を経て、現在はオリンパスフォトチューターを務めるとともに写真を楽しむためのワークショップを開催している。愛機のオリンパスPENをどこへでも連れて行き、旅と日々を撮り綴っている。

善福 克枝 [ゼンプク カツエ]

善福 克枝 [ゼンプク カツエ]

青山学院大学卒。大学広報室勤務後、フォトカルチャーマガジン「PHaT PHOTO」編集部にて、編集・広告企画編集・広告営業、写真家マネージャー兼秘書を兼務担当。 同誌編集長であり、写真家テラウチマサト氏に師事。2005年退職後、フリーランスに転身。 編集・撮影・ディレクション・コピーライティングなどを主とした活動を展開。 2008年から女性向けに写真の個人レッスン「写真のカテキョー」をスタート。2009年小さな写真教室「やさしいきもち」として、女性向けのフォトレッスンを展開中。 現在、三橋の森カルチャースクールで初心者女性向けの写真教室講師を行いながら、ファミリーフォトスタジオ「ピーススタジオプラス」にて契約フォトグラファーとして、子どもたちを中心に、のべ3,000人を撮影。

中村 貴史 [ナカムラ タカシ]

中村 貴史 [ナカムラ タカシ]

Takashi Nakamura

埼玉県生まれ。専門学校卒業後、写真家 斎藤巧一郎氏に師事。また、オリンパスフォトチューターとして活動をするとともに、風景・スナップからファッションやポートレートなど幅広く写真を撮っている。

お問い合わせ

デジタルカレッジに関するお問い合わせ

TEL: 0120-51-2150
受付時間: 9:00~12:00、13:00~17:30(日、祝日、弊社休業日を除く)
E-mail: fotopus@olympus-imaging.com
※迷惑メール対策設定をされている方は、こちらのご注意をご覧ください。

その他のお問い合わせ

・会員登録、製品登録、写真コミュニティ フォトパスに関するお問い合わせ

下記事務局までメールでお問い合わせください。
オリンパス フォトパス事務局:fotopus@olympus-imaging.com
※ お問い合わせいただいたメールに対するご回答は、弊社の休業日等により翌営業日または翌々営業日になる場合がございますので、予めご了承お願い致します。
※ 迷惑メール対策設定をされている方は、こちらのご注意をご覧ください。

・製品&修理に関するお問い合わせ >> 詳細はこちら

・オンラインショップに関するお問い合わせ >> 詳細はこちら

・ショールーム  >> 詳細はこちら