現在位置
おしゃれ写真加工・共有サイトPhoto Editing & Camera Lifestyle SiteSite d'édition photo et d'appareil pour tous les jours Fotopus SWEET PHOTO > Camera Style カメラをおしゃれに着こなそうCamera StyleStyle et appareil photo > PENスタイル工房 >

第2回 好きな写真は、飾り方にもこだわりたい。「飾る」を楽しむPENスタイル。

Camera Style PEN スタイル工房:多彩なPENスタイルを生み出す現場から、PENの楽しみ方をレポート

第2回 好きな写真は、飾り方にもこだわりたい。「飾る」を楽しむPENスタイル。

気に入った写真が撮れたときは、その飾り方も自分流に楽しんでみませんか。ただ既存のフォトフレームを選ぶだけではなく、ちょっと視点を変えてみる。たとえばひとつアイデアを加えるだけでも、写真の中の思い出がより鮮やかに感じられたり、何気ない日常の写真がアートっぽい作品に見えたりしてきます。写真に込めた思いを、もっと深く表現する飾り方。今回はそんなPENスタイルを探ってみました。

写真の飾り方でも、自分らしさを表現する。

今回取材したのは、スタイリストの田口雅美さん。自分でもプライベートで撮った写真を、さまざまなアイデアで部屋に飾っているそうです。「気に入って買ったフォトフレームも、そのまま使わないことが多いですね。縦のモノを横にしたり、何かを付け加えてみたり。写真をもっと素敵に見せるために、自分らしく演出をしたいなって思ってしまう」仕事では手作り雑貨の依頼も多いという田口さん。その田口さんならではの写真の飾り方を教えていただきました。

スタイリスト 田口 雅美さん

スタイリスト
田口 雅美さん

Case.1 枝そのままのリースフレーム 散歩の「空気感」もいっしょに飾るリースのフレーム。

リースのフレーム

リースのフレーム

「たとえば散歩に出かけて撮った日常のひとコマ。そうした何気ない写真の中に、いつもそばに置いておきたい写真があります。その写真に対する気持ちや、撮ったときの雰囲気もいっしょに残せたらいいのに、と思います」

「この写真は近くの公園へ散歩に出かけたときのもの。たまたま、とてもかわいい犬に出逢いました。その無邪気な様子やのびのびとした散歩の雰囲気をいかしたくて、小枝のリースに写真を入れました」

「小枝のリースを選んだのは、公園の木立からの連想です。端には同じ場所で拾った葉っぱを付けました。撮影したときの思いが外にあふれ出てくるような、そんなイメージが気に入っています。見てくれる人にもその空気感を感じてもらえるとうれしいですね」

Case.2 コルクのフレーム フレームのアレンジひとつで、写真の印象が変わる。

コルクのフレーム

コルクのフレーム

「既製のフレームも使いますが、写真に合わせて思いつくままにアレンジを加えます。これは、仕事で行ったロケ先で撮ったもの。朝、窓辺の静かな雰囲気に惹かれて思わずシャッターを切った写真です。大好きな写真ですが、フォトフレームに入れてみたらなんとなくもの足りない、という気がしたんです」

「そこでフレームの周囲に、縦に割ったワインコルクを並べて貼りました。すると周りは楽しげになり、写真の中の静かな空間はぐっと引き立って見えてきました。コルクの色と質感はあたたかみがあり、作品全体にやさしい印象もプラスできました」

「絵画は、額縁によって見え方が変わりますよね。写真も同じことだと思います。フレームを変えると、印象が違ってくる。写真とフレームが一体になって、ひとつの作品が生まれる。そんな気持ちでフレームづくりを楽しんでいます」

連結式フレームで風に揺らぐフォトギャラリーをつくっています。>>>

  • 1   |   2
  • NEXT

OTHER CONTENTS

  • Deco Photo 写真を加工する
  • Special Contents 注目の特集記事
  • Blog ブログ
  • How to Enjoy たのしくおしゃれな写真を撮ろう
  • Photo Gallery 投稿写真を見る

ページトップへ戻るReturn to the topRetour en haut