防水デジタルカメラのスペシャルサイト ToughField

Tough×ヤマケイオンライン 究極の冒険案内人がエベレスト登攀で選んだ相棒 OLYMPUS Tough 取材・文=大関直樹 写真=平出和也 ©アドベンチャーガイズエベレスト公募登山隊 気温マイナス30℃、風速100km/hの過酷な状況でも揺るがない信頼性 2011/12/27公開

ヤマケイオンラインでのTG-810に関する記事をご紹介します。

国際山岳ガイド連盟 公認ガイド 近藤謙司

国際山岳ガイド連盟
公認ガイド
近藤謙司

プロフィール

一般登山者を募りエベレスト登頂を実現させる日本で唯一の国際山岳ガイド、近藤謙司さん。極寒、吹き荒れる烈風というまさに「死と隣り合わせの世界」で彼をサポートしたカメラ、オリンパスTough(タフ)についてお話をうかがった。

「コイツはカメラじゃない、登攀道具のひとつなんです」

「Pray for Japan」の旗のもと、エベレストの山頂にて

近藤さん、kumi隊員、平出和也カメラマン、他ネパールのスタッフ3名の合計6名がエベレストの山頂に立ち、全員で「頑張れニッポン!」と叫んだ

登山者の永遠の憧れ、エベレストの山頂に立つという夢を叶えてくれる冒険案内人、近藤謙司さん。彼は、一般登山者が参加するエベレスト公募登山隊を率い、過去に9名の一般登山者をエベレストの頂上へ導いてきた。そして今回で4度目となる世界最高峰へのガイディングの直前、東日本大震災がおきる。

一度は中止も考えた近藤さん。しかし、公募隊と一緒に登る世界中の登山者から、日本の復興に一緒に祈りを捧げてもらえるよう呼びかけることを決意した。

そして「Pray for Japan」の旗のもと、近藤さんの率いる登山隊は、5月26日、8848mの山頂に立つことに成功したのだった。

Pray for Japan

近藤さんが率いるエベレスト公募隊と同時期に一緒に登る世界中の登山者に、日本の復興への祈りを捧げてもらえるよう、呼びかけるプロジェクト。日本で作成した缶バッジやフラッグを現地の登山者やトレッカーに販売。それらをバックパックに付けてもらう。売上金の全額を日本赤十字社を通じて寄付した。
Pray for Japan

「Toughは山道具だから、ガンガンぶつけて当たり前」

近藤流登山スタイル

ザックのショルダーポケットにふたをしないでToughを突っ込んでおくのが近藤流のスタイル。かがむとToughがポケットから転がり落ちることもあるのでストラップもマストアイテムだ

精神的にも体力的にも極限状態に追い込まれるエベレスト登山では、経験豊富な国際山岳ガイドの近藤さんでもカメラの状態まで気を配る余裕はない。そんな近藤さんが選んだカメラは 「OLYMPUS Tough TG-810」(以下、「Tough」と略)。

「登攀中はToughをザックのショルダーポケットからぶら下げていたので、カラビナなどの金属用具がガンガン当たってましたね。でも、頑丈さについては信頼してましたので、壊れてしまうなんて考えもしませんでした。もちろん、どんなに乱暴に扱ってもちゃんと動きましたよ。僕にとってToughはカメラという精密機械ではなくて、山道具のひとつなんです。こんなに頑丈なら、登攀中にハンマーを失くしたらToughでハーケンを打ち込んじゃえ!(笑)と思ったこともありました」

「気温-30℃の外に放置したままでも全然大丈夫」

激しいブリザードに襲われ埋まってしまったC3のテント

激しいブリザードに襲われ埋まってしまったC3のテント。タフはこのような過酷な状況のなかで屋外に放置されてもその機能が失われることはなかった

極寒のなか吹き荒れるブリザード。地上では体感するのことのない過酷な環境でも、Toughのすべての機能は確実に作動した。

「ベースキャンプから上では、寝るときにザックをテントの外に出しておいたんです。するとある日の夜、Toughをザックにつけたまま忘れてしまい、テントの外に放置しちゃったんです。夜は気温が-30℃以下になるヒマラヤの高所です。しかもあのすごい風雪に一晩中思いきりさらされていたのですが、どこも異常がありませんでした。どんな過酷な状況に追い込んでも僕に心配をかけることがない、Toughは本当に頼りになる山の相棒ですよ(笑)」

※メーカーの動作補償範囲は-10℃まで

「タップコントロール機能の使い勝手の良さを実感」

タップコントロール機能の実演をしてくれる近藤さん

東京の事務所でインタビュー中にタップコントロール機能の実演をしてくれる近藤さん。「オイ!コラ」とペットを可愛がるように話しかけながらToughと戯れる

Toughにはカメラ本体をタップ(軽く叩く)したり、傾けたりするだけで撮影や再生、スライドショーが可能な機能を装備。オリンパス独自のこの機能が、エベレスト登山では重宝したと近藤さんは言う。

「グローブをはめたままで、いちいちシャッターを押さなくても撮影できるのでこの機能は、本当に便利ですね。撮影するのにいちいちグローブを外すのは面倒ですし、凍傷の危険もありますから。これはエベレストに限らず、日本の冬山で使える機能ですよ。また、叩くとToughが反応してくれるのが、小動物みたいでちょっと可愛いんですよ。登りながら「おい!このヤロウ!」なんて話しかけながら叩いて遊んでいました(笑)」

「山ヤのオリンパスへの信頼性は絶対的なものがあります」

エベレストの山頂をバックに記念撮影

エベレストの山頂をバックにkumi隊員と自画撮りで記念撮影をする近藤さん。こうした記念写真1枚1枚が近藤さんのお客さんにとっての宝物だ

世界で初めてカメラの生活防水機能を確立したオリンパス。その技術がToughシリーズに受け継がれ、多くの登山愛好家から絶大な信頼を得ている。

「今回のエベレスト登山では出発直前にToughを手にしたのですが、使ったことのないニューモデルでも全く不安はありませんでした。オリンパスの新製品ならどんなハードな環境でも大丈夫だろうという信頼があったからです。僕は30年以上前からオリンパスのカメラを使っていますが、尊敬している山岳カメラマンの方をはじめとして山の世界ではオリンパスを使っている人が本当に多いです。それはオリンパスのカメラが、アウトドアのかなり過酷な状況の中で使うことをきちんと想定して作られているからだと思います。僕のような山岳ガイドにとってToughはお客様の大切な思い出を記録するとても大事なツール。だからこそ、カメラはToughのように心から信頼できるヤツを持っていきたいんです」

近藤 謙司 プロフィール

国際山岳ガイド連盟 公認ガイド 近藤謙司

1962年生まれ。
国際山岳ガイド連盟公認ガイド。チョモランマ(エベレスト)冬季北壁最高到達点を記録。(株)アドベンチャーガイズを設立し、2002年には日本人で初めてのエベレスト公募登山隊を組織。2006年6月には世界最高齢となる登頂者を導くなど、エベレストには4回登頂している。今年のエベレスト公募登山隊の様子はWOWOWのドキュメンタリー番組としても放映された。
アドベンチャーガイズ
けんけんブログ

今回使用したカメラ

OLYMPUS Tough TG-810

水深10m防水で、落下や荷重にも強く、マイナス10℃の過酷な環境で撮影可能。1400万画素、光学5倍ズームを搭載し、耐落下衝撃性能との両立が困難とされていたCCDシフト式手ぶれ補正機構を搭載。GPS&電子コンパスを新たに搭載した、防水・防塵デジタルカメラ。近藤謙司さんと8000m峰を2回登頂し撮影に成功。
オープン価格
カラーバリエーション:シルバー、ブラック

詳細

OLYMPUS Tough TG-810

今回の特集記事は、ヤマケイオンラインより抜粋しました

登山情報サイト YAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)

「YAMAKEI ONLINE(ヤマケイオンライン)」は、山の雑誌・書籍・DVDを制作・販売してきた山と溪谷社が、創業80年を期にスタートした「登山情報サイト」です。
山登りをやってみたいという初心者の方から、山の魅力を熟知し経験を豊富に持つベテランの方まで、あらゆる登山者のニーズに応えます。

詳細

ヤマケイオンライン