現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP >

小笠原諸島の写真

小笠原諸島 紺青の海に囲まれた自然豊かな島々

小笠原諸島の注目写真

小笠原諸島の住人たち

小笠原諸島の写真 撮影インプレッション

豊かな自然と魅力的な生物たちを撮ろう

2011年6月24日、世界自然遺産に登録された小笠原諸島は、火山活動によって誕生して以来、大陸や他の列島と一度もつながったことのない海洋島です。そのため、過去に島にたどり着いた生物が、狭い陸地で独自の進化を遂げてきました。美しい海や、他の地域では見られない小笠原諸島独特の自然、生物を被写体に写真撮影を楽しみましょう。

尾園 暁(おぞの あきら)

昆虫写真家/神奈川県在住
1976年大阪府生まれ。
自然保護団体勤務などを経て、昆虫写真家に。
現在は神奈川と小笠原諸島を中心に活動している。
日本写真家協会(JPS)、日本自然科学写真協会(SSP)会員。

尾園 暁

小笠原諸島・父島撮影ポイント

南島

01南島

小笠原諸島でも屈指の絶景ポイントと呼ばれ、父島から多くのレジャー船が観光ツアーで訪れる小さな島。小笠原らしい風景といえばここを思い浮かべる人も多いようです。ただし環境保護のため、一日に入島できる人数に制限を設けているほか、年に3ヶ月ほど立ち入り禁止期間があるので注意してください。

注意:ガイドなしでは立ち入ることのできない場所があるので、必ず事前に確認をしてください。

青い海と独特の地形がおりなす風景

小笠原諸島の風景を撮影する上で、やはり海を外すことはできません。起伏にとんだ地形と、入り組んだ海岸線、ボニンブルーと呼ばれる深い青色をたたえた海の組み合わせは、使用するレンズの焦点距離や絞りの選択によってさまざまな表現が可能です。海も山も時間帯によって全く別の表情を見せるので、気にいった場所には何度も通ってみるのがおすすめです。また、晴れた日には沖に別の島影が見えるので、それを画面構成に取り入れれば、小笠原諸島ならではの印象的な写真となるでしょう。

小笠原諸島の撮影ポイントを見る

南島・鮫池

南島とその周辺は、世界的にも珍しい「沈水カルスト地形」がみられます。

母島・サンセットシアター

母島のサンセットシアター。小高い丘の上から美しい夕日が見られる場所です。

ここでしか出会えない生物を探してみよう

小笠原諸島には魅力的な固有の生物が多く生息しています。まずは鳥たちを写真と共に紹介しましょう。
メグロ(ハハジマメグロ)/母島でしか見られませんが、宿の庭や街路樹でも見られ、撮影チャンスは豊富にあります。
オガサワラノスリ/父島の中央山や夜明山でよく見かけます。
アカガシラカラスバト/数が少ないのですが、山道でひょっこり姿をあらわすことも。
カツオドリ/小笠原固有種ではありませんが、翼を広げると1.5m近くにもなる大きな鳥です。おがさわら丸やははじま丸の航海中に、甲板からよく撮影できます。
続いて、昆虫たち。国の天然記念物の蝶「オガサワラシジミ」や、「ハナダカトンボ」がいずれも母島に生息しています。残念ながら外来種のトカゲ、グリーンアノールの捕食により絶滅が心配されています。山間部で見られるチャンスがありますが、小笠原諸島の森林は許可なく立ち入ることのできない場所もあるので、地元の自然に詳しいガイドさんに案内してもらうのがおすすめです。

小笠原諸島の撮影ポイントを見る

ハハジマメグロアカガシラカラスバトオガサワラノスリ

(上から)ハハジマメグロ、アカガシラカラスバト、オガサワラノスリ

オガサワラシジミハナダカトンホグリーンアノール

(上から)オガサワラシジミ、ハナダカトンボ、グリーンアノール

小笠原諸島に行ってみよう!

小笠原諸島の父島は東京のはるか1000km南にあります。小笠原諸島で人が暮らしているのは父島と母島のみで、自衛隊などの施設がある硫黄島、南鳥島を除く他の島々は無人島です。そんな小笠原への交通手段は船で二十数時間。観光協会の情報を確認するのがおすすめです。

小笠原諸島の地図

小笠原諸島の撮影ポイントを見る