アカデミー講師ギャラリー

【アカデミー講師ギャラリー】 3月1日(金)~3月31日(日) 福田健太郎写真展 「平成・桜・福島」

【アカデミー講師ギャラリー】 3月1日(金)~3月31日(日)  福田健太郎写真展 「平成・桜・福島」

■写真家プロフィール 福田 健太郎(ふくだ けんたろう) 1973年、埼玉県川口市生まれ。幼少期から自然、風景、その土地に暮らす人々に憧れ、18歳のとき写真家を志す。日本写真芸術専門学校を卒業後、写真家 竹内敏信の助手を経て、1997年より活動を開始。日本を主なフィールドに、生命に溢れる万物の姿を見つめ続けている。写真集に「泉の森」、「春恋し〜桜巡る旅」。2019年3月、オリンパスギャラリー東京/...

【アカデミー講師ギャラリー】 2月1日(金)~2月27日(水) 藤城一朗写真展 「まったり」

【アカデミー講師ギャラリー】 2月1日(金)~2月27日(水)  藤城一朗写真展 「まったり」

まったりには「まろやかでコクのある味わいが広がるさまや、ゆっくりした、のんびりした、くつろいださま」という意味があります。さらに、『だらだらしたさま』という意味もあって、これはまさに自分自身のことかも。そんなまったりした日常を切り取ってみました。それにしても、OLYMPUSのデジタル一眼はとてつもなくシャープなので、アンチテーゼ風に粒状感を加えてみました。HDR的な仕上げも、ダイナミックレンジが広...

【アカデミー講師ギャラリー】 1月7日(月)~1月30日(水) 萩原史郎写真展 「足元の風景」

【アカデミー講師ギャラリー】 1月7日(月)~1月30日(水)  萩原史郎写真展 「足元の風景」

「足元」という言葉で象徴化しているが、つまりは身近にあって目を細めて見つめるような風景のことを「足元の風景」と私は呼んでいる。風景写真は「The 風景」のようにスケール感がなければ成立しないように思われがちだが、こういった足元の風景が醸す情趣に心を寄せ、表現していくことも「風景写真」の1つである。むしろこういった風景こそが日本人の心を形作っているように思うのは私だけではないだろう。 ■写真家...

【アカデミー講師ギャラリー】 12月1日(土)~12月26日(水) その江写真展 「Flowers in the garden」

【アカデミー講師ギャラリー】 12月1日(土)~12月26日(水)  その江写真展 「Flowers in the garden」

愛を込めて育てられたガーデンの花々。 太陽の光を浴びてキラキラする時、 雨の中でしっとりと輝きを放つ時、 それぞれの瞬間に生き生きとした 花達の息遣いを残せてあげられたらと ガーデン写真を撮り続けています。 ■写真家プロフィール その江 新潟県出身。東京造形大学卒業後、荒木英仁に師事する。 2003年「Lightinguz」を設立し独立。独自の視点・感性で撮る広告写真等で活躍。 スイーツから風...

【アカデミー講師ギャラリー】 11月2日(金)~11月30日(金) 斎藤巧一郎写真展 「出会える光景に」

【アカデミー講師ギャラリー】 11月2日(金)~11月30日(金)  斎藤巧一郎写真展 「出会える光景に」

おもむく所で人の姿を探します。 その光景を同じように見ている人の姿を借りて その人に自分の思いを託し 写真に登場してもらいます。 出会った人々と私はリンクし、出会える光景に。 ■写真家プロフィール 斎藤巧一郎(さいとう こういちろう) 1968年鹿児島県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。 現在、広告写真を中心に、雑誌、新聞等で撮影に携わる。 近年は熊本でギャラリーディレクターを務め、写真専門学...

【アカデミー講師ギャラリー】 10月1日(月)~10月31日(水) 金森玲奈写真展 「目に見えるものの、その先に」

【アカデミー講師ギャラリー】 10月1日(月)~10月31日(水)  金森玲奈写真展 「目に見えるものの、その先に」

大人になるにつれ、気付いたことがある 目に見えるものがすべてではないと 私の見た景色が同じように見える人も まったく違ったものに見える人もいる 世界はひとつではなく だからこそ 出会えた瞬間、そのすべてが愛おしい 定着した時間の先になにを見るのか それは見た人のみぞ知る世界 ■写真家プロフィール 金森玲奈(かなもり れいな) 1979年東京都生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科...

ブックマークレット