【オリンパスギャラリー東京】4月13日~4月18日 安田菜津紀 写真展

【オリンパスギャラリー東京】4月13日~4月18日 安田菜津紀 写真展

安田 菜津紀 写真展「The Voice of Life 死と、生と」
(開催期間中にギャラリートークを開催します)
【オリンパスギャラリー東京】
期間:2018年4月13日(金)~4月18日(水)
午前11:00~午後7:00 最終日 午後3:00 木曜休館 入場無料
【オリンパスギャラリー大阪】
期間:2018年5月7日(月)~5月17日(木)
午前10:00~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 入場無料

【写真展案内】
シャッターの数だけ、ファインダー越しに託された命の声に耳を傾ける。間近に迫る死を知りながら、最後まで自分らしく生きる道を選んだパートナー。東日本大震災後、東北の地を生き抜いてきた子どもたち。フィリピンの青少年鑑別所で、閉ざされた空間に身を寄せ合う少年たち。なお戦火の中にあるイラクで、故郷へと戻る日々を待つ家族。シリアから国境を越えた地で、生まれくる新しい命。

これまで向き合ってきた死と、そして生が放つ輝きが、今を生きる私たちに問いかけるものは何か。国内外で続けてきた取材を通しての出会いを、写真と共に皆さんと分かち合う場を築きたい。

出展作品数:カラー 約40点

【作者略歴】
安田 菜津紀(やすだ なつき)
1987年神奈川県生まれ。フォトジャーナリスト。東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。「HIVと共に生まれる-ウガンダのエイズ孤児たち-」で第8回名取洋之助写真賞受賞。上智大学卒。J-WAVE「JAM THE WORLD」水曜レギュラー。TBSテレビ「サンデーモーニング」に出演中。

写真絵本に『それでも、海へ 陸前高田に生きる』(ポプラ社)、著書に『君とまた、あの場所へ シリア難民の明日』(新潮社)、『写真で伝える仕事 世界の子どもたちと向き合って』(日本写真企画)。

安田 菜津紀 写真展ギャラリートーク 開催

東京:
4月14日(土) 15:00~16:00
 司会:堀潤(ジャーナリスト) ゲスト:斉藤亮平(NPO法人JIM-NET職員)
4月17日(火) 18:30~19:30
 ゲスト:サヘル・ローズ(女優/タレント)
会場:オリンパスギャラリー東京
参加費:無料

大阪:
5月12日(土) 16:00~17:00
 ゲスト:今井紀明(認定NPO法人D×P理事長)
会場:オリンパスギャラリー大阪
参加費:無料



オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

オリンパスギャラリー大阪
〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6番地1号 MID西本町ビル
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274
アクセス・地図

ブックマークレット