【オリンパスギャラリー東京】5月18日~5月23日 大串 哲 写真展

【オリンパスギャラリー東京】5月18日~5月23日 大串 哲 写真展

大串 哲 写真展「NOSTALGIA―イルカの島―」
期間:2018年5月18日(金)~5月23日(水)
午前11:00~午後7:00 最終日 午後3:00 木曜休館
会場:オリンパスギャラリー東京
入場無料

【写真展案内】
 東京の竹芝桟橋より船に揺られて8時間南下した御蔵島に彼らは居る。
地元の方の導きにより、そっと海に入れば彼らは私をジッと見つめてくる。
年老いたイルカの眼差しはどこまでも優しく、若いイルカはやんちゃ坊主のクリクリ眼。
二重まぶたの大きく丸い瞳で私を質問攻めにしてくる。
『今日の海は気持いいね!』『その服はなかなか素敵だね。』『船は揺れなかったかな?』機嫌の良い時のイルカはとっても饒舌だ。
私は2015年の8月に初めて彼らと泳ぎ、御蔵島のイルカにすっかり魅了されてしまった。少しでも長く一緒に泳ぎたいとフリーダイビングを始め、気がつくと息止めの時間は7分を超え、日本代表として世界選手権に出場するまでになった。
 その経験は水への親しみをより確かなものにし、静かに、より深い海の世界へと私を導いて行く。
御蔵島のゆったりとした時の流れはどこか懐かしく、少年時代の夏休みを思わせる。
友達と野原を駆け回った子供のころのように、イルカと心通わせ何時までも一緒に泳いでいたい。
彼らの眼差しには、大人に童心を取り戻させてくれる力がある。
 この写真展を見た方には、いつかイルカと目を合わせ一緒に泳いで欲しい。
 きっと懐かしい自分、そして新しい自分に出会えるはずだ。

出展作品数:約40点

【作者略歴】
大串 哲(おおぐし てつ)
1965.12 生まれ
1983.3 愛媛県立松山南高等学校 デザイン科 卒業
1985.3東京工芸大学短期大学部 写真技術科 卒業
1986.3 東京工芸大学短期大学部 第一研究室 研究生 終了
1986.4 株式会社 ディー 入社 荒木健一氏に師事
2007.2 株式会社 大串スタジオ 設立 建築・料理を中心に広告写真撮影に従事
2015.8 御蔵島にてイルカに出会い水中写真を始める
2016.3 Freediving Indoor Cup 2016 in 館山 STA部門優勝(静止息止め7分9秒)
2016.6 AIDA Pool World Championships 2016 Finland STA部門に日本代表として出場
2017.5 Freediving Indoor Cup 2017 in 館山 STA部門優勝(静止息止め7分38秒日本歴代2位)
以降、水陸フォトグラファーとして、フリーダイバーとして精力的に活動

オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

ブックマークレット