【オリンパスギャラリー東京】6月1日~6月6日 東京写真月間2018 写真展

【オリンパスギャラリー東京】6月1日~6月6日 東京写真月間2018 写真展

東京写真月間2018「農業文化を支える人々」-土と共に-
MOTOKO 写真展「田園ドリーム2018」
(開催期間中にギャラリートークを開催します)
期間:2018年6月1日(金)~6月6日(水)
午前11:00~午後7:00 最終日 午後3:00 木曜休館
会場:オリンパスギャラリー東京
入場無料

【写真展案内】
地方で撮影をはじめてかれこれ12年が経とうとしている。
きっかけは、2006年雑誌の取材で瀬戸内の島々に行ったことだった。
自分が知らない世界がある。
それが契機となって滋賀のプロジェクト「田園ドリーム」がスタートした。
当初は祭りや行事を撮影していたのが、次第にそこに暮らす人の声を聞きたくなり、若手農家さんをはじめ、地域の人の話に耳を傾けるようになった。
彼らの深い智慧、それは日本の歴史そのものだった。

田園ドリームは、いつしかローカルフォトというプロジェクトに進化した。現在、滋賀県長浜市はもとより、香川県小豆島町、神奈川県真鶴町など、多くのまちに通っている。対象となる人も移住者をはじめ、より多種多様に広がった。
大きく変わったことは
「わたしの写真」から「わたしたちの写真」となったこと。
「どんな写真を撮ろうか」から「写真をどのように扱うべきか」。
それは例えば自室を解放してみんなの居場所に変えることであり、みんなでご飯をつくって食べること。
そう、写真に課された課題は、建築やデザインと一緒だったのだ。
「わたしのこと」が「わたしたちのこと」でもある今、
自分にできることは小さいけれど、一つ一つ誠実に撮っていきたい。

写真展ギャラリートーク 開催

6月3日(日) 12:00~13:00
会場:オリンパスギャラリー東京
参加費:無料



【作者略歴】
MOTOKO
1966年大阪生まれ、1990年大阪芸術大学美術学科卒業。
1992年より2年間渡英後、1996年より東京で写真家としてのキャリアをスタート。
2006年滋賀を舞台にした「田園ドリーム」をスタート。2014年小豆島カメラを結成。
2016年社団法人ローカルフォトラボラトリーを立ち上げる。
キャリアスタート時からテーマは一貫して「自然と人間」。近年は「地域と写真」をテーマに、香川県小豆島、神奈川真鶴町、長崎県東彼杵町、福井県小浜市など日本各地での写真によるまちづくり活動が多い。おもな作品集に『Day Light』(2003)『京都』(2005)など。 現在、京都造形大学の東京支部、東京芸術学舎にて写真の教鞭をとる。

■受賞歴
読売広告賞、ロハス大賞など。

オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

ブックマークレット