【オリンパスギャラリー大阪】5月25日~6月7日 大阪写真月間2018「写真家 150人の一坪展」

【オリンパスギャラリー大阪】5月25日~6月7日 大阪写真月間2018「写真家 150人の一坪展」

大阪写真月間2018「写真家 150人の一坪展」
期間:2018年5月25日(金)~6月7日(木)
午前10:00~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館
会場:オリンパスギャラリー大阪
入場無料

【写真展案内】
 写真文化の発展と普及に寄与することを目的に、毎年6月1日の「写真の日」を中心とした期間に東京と大阪で開催されるのが「写真月間」です。
 「大阪写真月間」は2000年の暮れに「東京写真月間」(日本写真協会主催)の呼びかけに応じてスタートし、02年6月に初めて「大阪写真月間2002」を開催いたしました。
 今回で16回目の開催となる「大阪写真月間」では、大阪市内の複数のギャラリーで写真家約150人が1人一坪(1.8m四方)を使って展示する「写真家150人の一坪展」と、一般の写真愛好家が1人一枚を展示する写真展「私のこの一枚」の二つの写真展のほか、高校生による「ハイスクール・フォトアワード」、「小学生のための写真教室」、シンポジウムなどを併催いたします。
 メインイベントである本展の特色は、写真を表現手段として作品を制作している人なら、作品内容や方法はもちろんのこと、年齢、性別、国籍、職業などに関係なく参加できるところにあります。また、展示するギャラリーや壁面の場所も抽選で決定するので、いっさいの審査や選別を行いません。写真展にポリシーやテーマを求める人は、この何でもありの写真展に「展としてのポリシーがない」という異論を唱えることもありますが、80歳を超える超ベテラン作品の横に、孫のような学生がはじけるような写真を並べる、そんなお好み焼き的「ごちゃ混ぜ感」が本展の魅力でもあります。
 この「写真家150人の一坪展」では、観客は内容も方法も異なる150の写真表現作品に出会うことになります。150の個性の中に、きっと気に入る作品があるはずと思います。

大阪写真月間実行委員会

【オリンパスギャラリー大阪展示作家リスト】
■前期5月25日(金)~5月31日(木)
島本 靖治
葛原 よしひろ
早川 知芳
北村 英樹
後神 輝美
岡本 昌
保田 浩
長村 太香子
マツシマススム
高橋 和弘
松井 良浩
クキモトノリコ
奥山 晃生
平岩 千典
堀川 志保
瀬野 雅樹

■後期6月1日(金)~6月7日(木)
守澤 啓佑
井上 嘉代子
土屋 敬一朗
星野 倫
榮爾
亀山 進
福井 義彦
服部 貞美
安東 由起子
熊野 浩介
兵頭 英雄
森野 忠晋
長生 知彦
岩田 賢彦
青山 美子都
彦坂 祐子

オリンパスギャラリー大阪
〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6番地1号 MID西本町ビル
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274
アクセス・地図

ブックマークレット