【オリンパスギャラリー東京】8月24日~ 8月29日 磯和れん子 写真展

【オリンパスギャラリー東京】8月24日~ 8月29日 磯和れん子 写真展

磯和 れん子 写真展 「石の声」

オリンパスギャラリー東京 期間:2018 年8 月24 日(金)~ 8 月29 日(水)
午前11:00 〜午後7:00 最終日 午後3:00 木曜休館 入場無料
オリンパスギャラリー大阪 期間:2018 年9 月7 日(金)~ 9 月13 日(木)
午前10:00 〜午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 入場無料

【写真展案内】
 私の撮影の基本は歩きです。野に入り川をたどって森へ、てくてくてく。
現場の空気を共有すると周りの情景が次第に鮮明になってきます。気になる何かを見つけたらまず一枚、 興が湧くと数枚撮影、興に乗ったらさあ大変、日が暮れてバスに乗り遅れそうになることもしばしば。
 ニューヨークで学び働いて20 年。リタイア後はしばらく休憩したくて故郷伊勢へ帰省し、まずは伊勢神宮へ 参拝に。久しぶりの伊勢神宮は何も変わらず、いつもの場所でいつものように千年以上も続く祭祀が執り 行われているのを見て、強烈なカルチャーショックを受けました。それからは神宮通いの日々となり、 気がつけば手にはカメラが…60 歳での写真開眼でした。
 海外のダイナミックな自然に慣れた目に、日本の自然は繊細でとても新鮮に映り、夢中でシャッターを 切ってばかり。やがて、ゆっくり被写体に向き合えるようになるとファインダー越しに見えてきたのは山、 川、草、木の生きる姿や息吹でした。そんな日本の自然に感動して、永住するつもりのアメリカ生活に 終止符を打ち、日本に戻って写真を撮り始めました。
 能にも惹かれて通ううちに、ここにも山川草木を生きとし生けるものとする悉皆成仏の思想が深く流れ ていることがわかり、日本独特の自然観に興味は深まるばかりです。
 近頃、石が気になります。「石は黙ってものをいう」(堀口大學)そうですが、石の声をお届けできれば 幸いです。

出展作品数:カラー 約40 点

【作者略歴】
磯和 れん子(いそわ れんこ) ※「れん」は玉へんに連
1947 年 三重県生まれ。
1981 年 東京での会社勤務を経て、留学のためニューヨークへ移住。
1984 年 ニューヨークの映像制作会社に就職。
1989 年 独立し、ニューヨークを拠点にワイルドライフを中心とするドキュメンタリー映像の制作・配給に携わる。
2006 年 リタイア。 日本で写真を撮り始める。
2014 年 写真家瀬戸正人氏に師事。

□個展
2015 年 「葭、蘆、葦」(新宿、PlaceM)
2016 年 「山川草木抄」(新宿、コニカミノルタプラザ)

オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

オリンパスギャラリー大阪
〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6番地1号 MID西本町ビル
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274
アクセス・地図

ブックマークレット