【オリンパスギャラリー大阪】1月20日~1月26日 二人展 志岐 利恵子 野口 文男

【オリンパスギャラリー大阪】1月20日~1月26日 二人展 志岐 利恵子 野口 文男

二人展 志岐 利恵子 野口 文男
「孤独と連帯の間に」

期間:2017年1月20日(金)~1月26日(木)
午前10:00~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館
会場:オリンパスギャラリー大阪
入場無料

写真展案内
肩肘張らずに生活できる街「釜ヶ崎」。
職と住いを求めて各地から集まってくる。この地では道端で寝ていても朝から酒を飲んで酔っ払っていても迷惑をかけなければ誰の干渉も受けない。
この雰囲気を求めて、日曜日にはワンカップ持参で話をしに来たり、犬の散歩に遠くからやってくる人もいる。
生まれる時は一人、もの心が付く頃には多くの人は仲間を求めたり孤独を楽しむ時もある。人生の縮図の様な「孤独と連帯」の繰り返しの生き様を感じた。

出展作品数:約40点

【作者略歴】
志岐 利恵子(しき りえこ)
奈良県出身
作品展 2013年4月 二人展「野辺の送り」ニコンサロン biS
受 賞 2014年 ニッコールフォトコンテスト年度賞 3位
    2015年 ニッコールフォトコンテスト年度賞 5位
    2015年 ニッコール大賞「正月準備」

野口 文男(のぐち ふみお)
奈良県桜井市出身
学 歴  王子工業高等学校 卒業
写 歴  35年 
所 属  日本写真協会会員

オリンパスギャラリー大阪
〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6番地1号 MID西本町ビル
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274
アクセス・地図

ブックマークレット