【オリンパスギャラリー東京】6月2日~6月7日 金武 武 写真展 「花火と華火」

【オリンパスギャラリー東京】6月2日~6月7日 金武 武 写真展 「花火と華火」

金武 武 写真展
「花火と華火」

期間:2017年6月2日(金)~6月7日(水)
午前11:00~午後7:00 最終日 午後3:00 木曜休館
会場:オリンパスギャラリー東京
入場無料

写真展案内
~花火写真への想い~
花火との出会いは17歳のとき横浜の花火大会だった。
会場には数十万人もの人が集まっていた。
その数十万人もの人が一発の花火を見つめている。
大音響とともに光り輝き、やがて消えていく儚さ。感動により身体だけではなく心も震えてくる。本当に良い花火を見ると涙が溢れてくる。
ある花火師が「同じ花火は作れない」と言った。
時代や環境の変化により火薬の製造方法や原材料が変わってきているのだ。
伝統的な花火を現在手に入る火薬で再現しようと努力している花火師がいる。
また、新しい火薬を使って見た事のない花火を作り出そうと試行錯誤している花火師もいる。
花火は永久不変ではない。日々進化しているのだ。
色、形、打ち上げ方法など想像も出来なかった花火が毎年たくさん発表されている。
その進化する花火を撮るためには撮影者も進化しなければならない。
私は花火の魅力を写真で表現しようと努力している。しかし、写真で表現できるのは花火の極僅かな一面だけでしかない。限界がある事を理解している。
それでも私は花火を撮り続ける。
ここに展示している写真をご覧頂き花火に興味を持って頂ける人がいたならば私の想いは叶ったのかもしれない。
※著書「超花火撮影術」より一部抜粋
※OLYMPUSライブコンポジットで撮った一般的な花火写真と長年撮り続けている福田式花火写真の展示を行う。

出展作品数:約50点

【作者略歴】
金武 武(かねたけ たけし)
1963年生まれ 神奈川県横浜市在住
17歳:花火の美しさに魅了され花火の勉強と写真を独学で学ぶ。
30歳:花火写真家として独立し福田写真事務所を設立
46歳:金武写真事務所に名称を変更
2005年:花火鑑賞士認定試験に合格
2016年:花火打上従事者の資格取得
講演会や写真教室等を多数開催。
著書:デジタルカメラ超花火撮影術・株式会社アストロアーツ社



金武武「花火と華火」
ギャラリー連動トークショー 

オリンパスギャラリー東京で開催される写真展金武武「花火と華火」の開催を記念したトークショー。「花火が大音響とともに光り輝き、やがて消えていく儚さ。感動により身体だけではなく心も震えてくる。本当に良い花火を見ると涙が溢れてくる。」と金武氏は語る。
花火写真への想いから花火鑑賞士、花火打上従事者の資格を有する金武氏による文字通り熱い1時間。

東京日程:2017年6月4日(日) 15:00~16:00
会場:オリンパスプラザ東京イベントスペース
参加費:無料

※お問い合せ:オリンパスギャラリー事務局 TEL 03-5909-0191

オリンパスギャラリー東京
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191 FAX 03-5909-0217
アクセス・地図

ブックマークレット