見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > Fotopus GrandPrix 2011 >

Fotopus GrandPrix 2011 結果発表

Fotopus GrandPrix 2011 結果発表 11月15日公開!

Fotopus GrandPrix 2011 結果発表

2011年のフォトパス フォトギャラリーの優秀作品を表彰する「フォトパスグランプリ」の受賞者が決定いたしました。
フォトパス会員の皆様の力作の投稿誠にありがとうございました!2011年11月15日(火)に最終結果発表、2011年12月4日(日)にフォトパスグランプリ2011写真展 および 授与式が開催されました。

フォトパスグランプリ2011写真展 および 授与式について

作品賞1位~15位

グランプリ受賞作品

タイトル:向日葵のように

投稿者名:うな太郎

講評:

笑顔は見ていても笑顔になれるもの。多くの写真を見た方を笑顔にしたことかと思います。白黒にすることで現実味を落とし、見る側も物語の中に入りやすくなっています。こんな時ですから幸せに思える一瞬、とても尊い写真です。(斎藤巧一郎)

準グランプリ受賞作品

タイトル:神宿る処

投稿者名:VOLVO

講評:この作品では鳥居からのびる光が気になる存在です。これは、懐中電灯を利用した演出のようです。ほかにも、吐息を利用したソフト効果が入っています。そして、ドラマチックトーンです。すべての演出やアートフルターの選択は、この風景を見たときに作者が感じられたイメージを具体化するためのものです。それはタイトルから読み取ることができます。画面構成のバランスもよく、まとまりすぎているとも感じましたが、心のこもった1枚です。(佐々木啓太)

3位受賞作品

タイトル:出会い~小さな妖精~

投稿者名:ちょこまま

講評:レンゲショウマが持つ清楚感や儚さ、神秘性といったものを見事に表現しています。アートフィルターの使いどころも心得たものです。初めてレンゲショウマを撮影されたとのことですが、花への慈しみの心があるちょこままさんならではの表現世界だと感じました。(萩原史郎)

入賞作品

タイトル:ネコハウス

投稿者名:shin‐WOW

講評:視線のインパクトもさることながら、色合いのバランスが美しい作品だと思いました。構図も効果的ですね。穴の形ががネコの瞳に見えてきます。それにしても、ネコちゃんたちから見た撮影者さんも、彼らにとっては相当のインパクトがあったのでしょうね。 耳や顔のヒゲに緊張感がマックスであることが感じられます。(大野葉子)

タイトル:砂漠

投稿者名:*TAMA*

講評:年月と変わり続けている繊細な粒子と風雨で織りなす天然芸術作品、漣痕(れんこん)足跡ひとつないまるで月面をも思わせる写真ですね。一番に色を感じ心が停まりました。スチルライフでもラインをテーマに撮影されていますね。TAMAさんのハイセンスが光っています。(畠山公妥)

タイトル:黄連雀あらわる!

投稿者名:ハーべス

講評:青い空と真っ赤なナナカマド、鮮やかな色彩の中でも埋没しない黄連雀の優しいグラデーションが美しい。斜めになりながらバランスを撮りながらナナカマドを見つめる眼差し、不安定な枝をしっかり掴んだ力強い足…印象に残る色彩と構図が絶妙な1枚。(小貝哲夫)

タイトル:台風接近

投稿者名:とーせん

講評:風を上手く表してあり、写真ならではの表現なんですが、絵画的な美しさも感じます。色、コントラストを見せるアイディア、シャッターチャンス、構図が素晴らしく、日常のシーンにこんな素敵な写真を残せるのは作者の絵心とセンスに感心します。(斎藤巧一郎)

最終選抜作品

タイトル:漁

投稿者名:ノラ

タイトル:光とキャニオンの芸術 その1

投稿者名:ラブオリンパス2001

タイトル:淡彩の朝

投稿者名:おばさま

タイトル:夏の投影

投稿者名:コーギー大好き

タイトル:光円舞

投稿者名:銀むく

タイトル:白と緑

投稿者名:tam

タイトル:Gehenna-火の湖

投稿者名:Tetra_angel

タイトル:大洗磯前神社

投稿者名:ラムリン

作品賞ノミネート 全200作品

投稿作品詳細は右のサムネイルをクリックしてご覧ください。作品はトリミングしています。

新人賞 結果発表1位~15位

グランプリ受賞作品

タイトル:魔の山

投稿者名:いとのり

得票数:4295

講評:

風景のスケールとともに季節が移行していく様子が見事に表現された作品で、堂々たる風景写真と言っていいと思います。残雪が残る一の倉沢を、淡い緑が美しい樹で両側から挟みこむ構図が何よりうまく、冬と春のせめぎあいを見事に表現しています。加えて曇天の白い空を最小限にとどめた判断も的確で、無駄がいっさい見られません。期待の新人現る! 同じ風景写真を撮る者として、頼もしく感じる作品に出会えて、とても嬉しく思います。(萩原史郎)

準グランプリ受賞作品

タイトル:オレンジ VS ブルー

投稿者名:六月雨

得票数:3085

講評:美しい映像です!オレンジの花園に浮き上がる蝶、メルヘンチックな映像美ですね。また、花に吸蜜にきているアオスジアゲハの羽根の形も絶妙です。美しい映像と絶妙なシャッターチャンスを生かした、色彩感覚とシャッターチャンスのコラボレーションですね。(北添伸夫)

3位受賞作品

タイトル:− 躍動 −

投稿者名:ことは

得票数:2760

講評:いつでも気軽に持ち歩ける機材の美味しい所を存分に活かした秀作です。元々の色彩が派手なキアゲハではなくナミアゲハを被写体に選んだ事により、ポップアートとの組み合わせが必要にして十分の効果を生み出しました。(黒柳昌樹)

入賞作品

タイトル:春を待つ運河。

投稿者名:きたぐに

得票数:1933

講評:『鼓動』が伝わるきたぐにさんの作品。中でも『春を待つ運河。』は、鏡面状になった運河とガス灯と倉庫群などの画面構成がとても上手く表現されていると思います。ガス灯の大きさ、空の画面を占める比率、倉庫群のトーンも上手く表現されていますね。ガス灯や、街灯のもやり加減が春を待つ時間が感じられます。フォトパスでの益々のご活躍期待致します。(畠山公妥 )

タイトル:菜の花畑の風車

投稿者名:ウミネコ

得票数:1460

講評:ウミネコさん、この度は受賞おめでとうございます。白く大きな風車を左に大きく入れて茶色の小さな小屋を入れて対比させることで風車の雄大さが良く出ています。背後の青空に川の流れのように流れている雲も主役の風車を際立たせています。(虫上智)

タイトル:フルーメン

投稿者名:ミリア

得票数:1349

講評:お写真を拝見した瞬間、海外で撮影されたと思ってしまうぐらいにインパクトのある空でした。よくよく見ると、江ノ島海岸での撮影じゃないですか!みんなが知っている場所でもこんなに新たな一面として、美しい表情を捉えた1枚に感動しました。(中村佳代子)

タイトル:梅の花とつぼみ

投稿者名:てもとばし

得票数:1095

講評:カメラの知識があると、何だ「日の丸構図」か。と、単純に考えてしまいそうです。しかし、日の丸構図は悪くありません。今回のお写真のように1番強調したい被写体を画面の中で最も引き立ててくれる構図です。このお写真でも梅の花が存在感を主張しています。梅の花は花自体の存在感が弱く、その魅力を引き出しづらい被写体です。今回は構図の選択が好結果を生んだようです。ただし、いつもこの構図にならないようにするのは大切です。(佐々木啓太)

最終選抜作品

タイトル:螺旋 SPIRALS

投稿者名:洋梨タルト

得票数:1052

タイトル:Yellow flowers

投稿者名:オーブン

得票数:1002

タイトル:愛犬

投稿者名:MAR38

得票数:939

タイトル:いすみ鉄道 キハ52 その2

投稿者名:MあSあ

得票数:915

タイトル:ごはんもっとちょうだい

投稿者名:JUMHINA

得票数:901

タイトル:ビアガーデンOPEN!!

投稿者名:HIDEKI

得票数:830

タイトル:灯台と朝

投稿者名:銀色暗号

得票数:824

タイトル:今後もよろしく

投稿者名:ナナパパ

得票数:761

人気ランキング賞 結果発表1位~15位

グランプリ受賞作品

タイトル:梅ニャンコ (梅花の季節に戯れる猫)

投稿者名:ベルフォト

得票数:10518

講評:

何かをしっかりと見つめる猫、その先には何があるのでしょうか。きれいな梅には目もくれるはずもなく、何か他の興味にこころ惹かれているはずです。猫に小判とは言わないでも、梅が似つかわしくなくコミカルな面白さです。(斎藤巧一郎)

準グランプリ受賞作品

タイトル:舞い歌う白拍子・静御前の悲しみ「苧環」

投稿者名:美の狩人

得票数:7920

講評:悲しみと絶望の中にあっても毅然と舞を披露した静御前の姿が思い起こされる作品です。「しづやしづ しづのをだまき 繰りかへし 昔を今に なすよしもがな」という歌が800年の時を超えて伝え続けられている理由が少し分かったような気がしました。(黒柳昌樹)

3位受賞作品

タイトル:春列車

投稿者名:うまかっちゃん

得票数:7717

講評:この作品は、見られているランキングでも第3位です。なぜ、多くの人がこの作品を見たいと感じたのでしょう。それは、桜の花の魅力でしょうか?特別な電車の存在でしょうか?私はこの作品全体を包み込んでいる暖かさを感じる光だと考えます。大きくぼかした枝や手前と奥の明暗のコントラストも、テクニックとして人の目を引きつける効果があります。(佐々木啓太)

入賞作品

タイトル:(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪大漁だぁ~い!

投稿者名:mackentosh

得票数:7574

講評:スポットライトを浴びたように暗い背景に浮かびあがる1羽のカワセミ。ピントはばっちり、超望遠でありながらブレもなく、目にはキャッチライトが入る。しかも、クチバシには獲ったばかりの小魚をくわえるなど、文句のつけようがない1枚です。(小田切裕介)

タイトル:吹奏楽の練習

投稿者名:メグタン

得票数:7171

講評:白い空と鏡のような水面を上下に配置したシンプルな構図と、画面全体にすっきりとした配色が、まだ若い学生たちの熱心に練習に打ち込む姿をさわやかに引き立てています。彼女たちの濃紺のシルエットは五線譜の上の音符のようにも見えますね。(藤原トオル)

タイトル:不思議な絆 その3

投稿者名:フジつねちゃん

得票数:6474

講評:1枚目の寄り添っている姿、カメラ目線の何気ない写真ですが、2匹の“絆”を強く感じました。カメラを警戒しても逃げる様子はなく、お互い守りあっているようにも見えました。互いに触れ合う毛の微妙な動きで、周りの気配を感じ合っているのかもしれませんね♪(北田友二)

タイトル:アセビの彩

投稿者名:kaze‐yura

得票数:5619

講評:柔らかい光の世界に抱かれ、明るく温かい方へと精一杯背伸びをしているようなアセビの佇まいが微笑ましいです。マクロレンズを使う事で背景や茎のボケ味により一層柔らかさが増し、自然の色彩の美しさがとても良く表れていると思います。(金森玲奈)

最終選抜作品

タイトル:幻想的な朝

投稿者名:KOMOREBI

得票数:5248

タイトル:ギフチョウ2011・谷汲

投稿者名:青空トンビ

得票数:4870

タイトル:若葉の中の四十雀

投稿者名:あきあきタヌぽん

得票数:4866

タイトル:冬から春へ<陽ざしの中で>

投稿者名:ピーチ

得票数:4516

タイトル:魔の山

投稿者名:いとのり

得票数:4295

タイトル:湯布院初夏の彩香

投稿者名:幹坊

得票数:4272

タイトル:冬色彩々

投稿者名:ゆき虫

得票数:4264

タイトル:輝く春のバラ

投稿者名:やっすくん

得票数:4211

盛り上がっているランキング賞 結果発表1位~15位

グランプリ受賞作品

タイトル:(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪大漁だぁ~い!

投稿者名:mackentosh

コメント数:920

講評:

スポットライトを浴びたように暗い背景に浮かびあがる1羽のカワセミ。ピントはばっちり、超望遠でありながらブレもなく、目にはキャッチライトが入る。しかも、クチバシには獲ったばかりの小魚をくわえるなど、文句のつけようがない1枚です。(小田切裕介)

準グランプリ受賞作品

タイトル:散歩 隠された光景

投稿者名:momoko

コメント数:688

講評:その時に感じた印象を、写真を媒体にまるで絵を描くように表現されていると思いました。側溝のラインが、自然に親子の方へ視線を誘導し奥行き感も強調されていますね。人物の上部にもう少しゆとりがあると、画面の空気感がより増すように思います。(大野葉子)

3位受賞作品

タイトル:不思議な絆 その3

投稿者名:フジつねちゃん

コメント数:660

講評:1枚目の寄り添っている姿、カメラ目線の何気ない写真ですが、2匹の“絆”を強く感じました。カメラを警戒しても逃げる様子はなく、お互い守りあっているようにも見えました。互いに触れ合う毛の微妙な動きで、周りの気配を感じ合っているのかもしれませんね♪(北田友二)

入賞作品

タイトル:黄連雀あらわる!

投稿者名:ハーべス

コメント数:622

講評:青い空と真っ赤なナナカマド、鮮やかな色彩の中でも埋没しない黄連雀の優しいグラデーションが美しい。斜めになりながらバランスを撮りながらナナカマドを見つめる眼差し、不安定な枝をしっかり掴んだ力強い足…印象に残る色彩と構図が絶妙な1枚。(小貝哲夫)

タイトル:仲良し!?

投稿者名:レリーズ

コメント数:512

講評:茶トラ君とクーちゃん、見つめ合う姿が微笑ましいです。茶トラ君が攻撃、あるいはクーちゃんが逃げ出す、そんな様子はまったく 感じず、間違いなく仲良しカップルですね♪単純な構図になりがちですが、ビー玉を入れることによって、仲良く遊んでいる姿が想像できますね。(北田友二)

タイトル:頑張ってください!

投稿者名:さか

コメント数:458

講評:春の訪れを感じさせる写真の数々と被災地に向けた短いコメントに感動しました。逆光ぎみに花びらを透かした表現もとても素晴らしいと思います。(斎藤巧一郎)

タイトル:大鷲中3年3組 修学旅行編

投稿者名:クロコムラサキ

コメント数:447

講評:オオワシを擬人化して写真を構成した取り組みが面白いです。3枚目、4枚目のオオワシが廃棄した魚に集まっているところは猛禽類というよりは、黒い制服を着た学生に見えるから不思議ですね。他の写真とトーンの違う7枚目もいい瞬間を捉えています。(小田切裕介)

最終選抜作品

タイトル:モヒカン撮ったど~!!

投稿者名:まくまくさん

コメント数:433

タイトル:梅ニャンコ (梅花の季節に戯れる猫)

投稿者名:ベルフォト

コメント数:405

タイトル:雨上がりに歌えば♪

投稿者名:幹坊

コメント数:387

タイトル:幻想的な朝

投稿者名:KOMOREBI

コメント数:380

タイトル:なるくん、初めてのお味!あ!けんちゃん?

投稿者名:花香

コメント数:343

タイトル:迷宮の森で~fairy 君との出会い

投稿者名:masamasa1964

コメント数:342

タイトル:八甲田連峰

投稿者名:あきあきタヌぽん

コメント数:324

タイトル:富山県の名峰 薬師岳

投稿者名:うまかっちゃん

コメント数:319

利用されているランキング賞 結果発表1位~15位

グランプリ受賞作品

タイトル:冬色彩々

投稿者名:ゆき虫

ダウンロード数:284

講評:

日の出の瞬間が、1番堪える寒さ刻一刻と映りゆく寒冬の朝。繊細微妙な色の映りを的確に捉えていらっしゃいます。冬の妖精写真の様です。蒼の中に薄ら差し込んでいる陽の光りこの時間を逃すと樹氷は終わってしまう。決定的瞬間を停めた冬の北海道を代表する作品ですね。(畠山公妥)

準グランプリ受賞作品

タイトル:(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪大漁だぁ~い!

投稿者名:mackentosh

ダウンロード数:244

講評:スポットライトを浴びたように暗い背景に浮かびあがる1羽のカワセミ。ピントはばっちり、超望遠でありながらブレもなく、目にはキャッチライトが入る。しかも、クチバシには獲ったばかりの小魚をくわえるなど、文句のつけようがない1枚です。(小田切裕介)

準グランプリ受賞作品

タイトル:− 躍動 −

投稿者名:ことは

ダウンロード数:244

講評:いつでも気軽に持ち歩ける機材の美味しい所を存分に活かした秀作です。元々の色彩が派手なキアゲハではなくナミアゲハを被写体に選んだ事により、ポップアートとの組み合わせが必要にして十分の効果を生み出しました。(黒柳昌樹)

入賞作品

タイトル:山陽新幹線

投稿者名:イナヤのコジ

ダウンロード数:235

講評:山陽新幹線で最後の力走を続ける100系電車。ホワイトを基調とする新幹線は露出が非常に難しいのですが、その美しい造形と質感をしっかりと捉えています。素晴らしい編成写真であると同時に、貴重な歴史の記録となりました。(栗原景)

タイトル:安曇野わさび田の清流

投稿者名:ポルト

ダウンロード数:183

講評:わさび田独特の風景が丁寧に抽出されているなと感じました。それに加えて、ボルトさんならではの視点が加わって、とても個性的であることにも感心します。こんなところへ行ってみたい、そう思わせるに十分な魅力をはなつ素敵な作品群ですね。(萩原史郎)

タイトル:梅ニャンコ (梅花の季節に戯れる猫)

投稿者名:ベルフォト

ダウンロード数:116

講評:何かをしっかりと見つめる猫、その先には何があるのでしょうか。きれいな梅には目もくれるはずもなく、何か他の興味にこころ惹かれているはずです。猫に小判とは言わないでも、梅が似つかわしくなくコミカルな面白さです。(斎藤巧一郎)

タイトル:今年も千歳の祭りにやって来た!

投稿者名:NavyBird

ダウンロード数:116

講評:飛行機写真を撮り始めたら誰もが求める完璧な構図の1枚。翼上面の迷彩模様や長方形の可変エアインテーク付近や翼前縁に現れたベイパー、2基のエンジンから伸びる陽炎など、見れば見るほどにジェット戦闘機の美しさと力強さが伝わってくる。(小貝哲夫)

最終選抜作品

タイトル:黄連雀あらわる!

投稿者名:ハーべス

ダウンロード数:111

タイトル:記憶の丘

投稿者名:TWM

ダウンロード数:71

タイトル:大阪の梅の便りです~2011~!

投稿者名:さか

ダウンロード数:51

タイトル:湯布院初夏の彩香

投稿者名:幹坊

ダウンロード数:50

タイトル:イーグル!機動せよ!!

投稿者名:NightRipper

ダウンロード数:44

タイトル:不思議な絆 その3

投稿者名:フジつねちゃん

ダウンロード数:41

タイトル:地球はオリンパス。ショッキングブルー。

投稿者名:洋梨タルト

ダウンロード数:39

タイトル:VFA-94 MightyShrikes

投稿者名:うにゃ

ダウンロード数:37

見られているランキング賞 結果発表1位~15位

グランプリ受賞作品

タイトル:(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪大漁だぁ~い!

投稿者名:mackentosh

閲覧数:4685

講評:

スポットライトを浴びたように暗い背景に浮かびあがる1羽のカワセミ。ピントはばっちり、超望遠でありながらブレもなく、目にはキャッチライトが入る。しかも、クチバシには獲ったばかりの小魚をくわえるなど、文句のつけようがない1枚です。(小田切裕介)

準グランプリ受賞作品

タイトル:舞い歌う白拍子・静御前の悲しみ「苧環」

投稿者名:美の狩人

閲覧数:4345

講評:悲しみと絶望の中にあっても毅然と舞を披露した静御前の姿が思い起こされる作品です。「しづやしづ しづのをだまき 繰りかへし 昔を今に なすよしもがな」という歌が800年の時を超えて伝え続けられている理由が少し分かったような気がしました。(黒柳昌樹)

3位受賞作品

タイトル:春列車

投稿者名:うまかっちゃん

閲覧数:3880

講評:この作品は、見られているランキングでも第3位です。なぜ、多くの人がこの作品を見たいと感じたのでしょう。それは、桜の花の魅力でしょうか?特別な電車の存在でしょうか?私はこの作品全体を包み込んでいる暖かさを感じる光だと考えます。大きくぼかした枝や手前と奥の明暗のコントラストも、テクニックとして人の目を引きつける効果があります。(佐々木啓太)

入賞作品

タイトル:吹奏楽の練習

投稿者名:メグタン

閲覧数:3805

講評:白い空と鏡のような水面を上下に配置したシンプルな構図と、画面全体にすっきりとした配色が、まだ若い学生たちの熱心に練習に打ち込む姿をさわやかに引き立てています。彼女たちの濃紺のシルエットは五線譜の上の音符のようにも見えますね。(藤原トオル)

タイトル:梅ニャンコ (梅花の季節に戯れる猫)

投稿者名:ベルフォト

閲覧数:3488

講評:何かをしっかりと見つめる猫、その先には何があるのでしょうか。きれいな梅には目もくれるはずもなく、何か他の興味にこころ惹かれているはずです。猫に小判とは言わないでも、梅が似つかわしくなくコミカルな面白さです。(斎藤巧一郎)

タイトル:不思議な絆 その3

投稿者名:フジつねちゃん

閲覧数:3329

講評:1枚目の寄り添っている姿、カメラ目線の何気ない写真ですが、2匹の“絆”を強く感じました。カメラを警戒しても逃げる様子はなく、お互い守りあっているようにも見えました。互いに触れ合う毛の微妙な動きで、周りの気配を感じ合っているのかもしれませんね♪(北田友二)

タイトル:幻想的な朝

投稿者名:KOMOREBI

閲覧数:2975

講評:日が昇る直前の僅かな瞬間、赤く染まった雲が湖面に映り込んだ朝の情景。うとうととまどろむ野鳥の群れから1羽の鳥が飛び立った。朝の静けさと1日が始まる躍動感が伝わってくる夢のある1枚。早朝散歩を楽しむ人に感情移入してみると、より情景が広がっていく。(小貝哲夫)

最終選抜作品

タイトル:冬色彩々

投稿者名:ゆき虫

閲覧数:2736

タイトル:視点   賀正

投稿者名:momoko

閲覧数:2731

タイトル:冬から春へ<陽ざしの中で>

投稿者名:ピーチ

閲覧数:2525

タイトル:奇跡のカワビタキオス

投稿者名:お宮

閲覧数:2482

タイトル:魔の山

投稿者名:いとのり

閲覧数:2240

タイトル:黄連雀あらわる!

投稿者名:ハーべス

閲覧数:1969

タイトル:輝く春のバラ

投稿者名:やっすくん

閲覧数:1945

タイトル:頑張ってください!

投稿者名:さか

閲覧数:1907

お気に入り登録数ランキング賞 結果発表1位~15位

グランプリ受賞作品

タイトル:(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪大漁だぁ~い!

投稿者名:mackentosh

お気に入り登録数:450

講評:

スポットライトを浴びたように暗い背景に浮かびあがる1羽のカワセミ。ピントはばっちり、超望遠でありながらブレもなく、目にはキャッチライトが入る。しかも、クチバシには獲ったばかりの小魚をくわえるなど、文句のつけようがない1枚です。(小田切裕介)

準グランプリ受賞作品

タイトル:冬色彩々

投稿者名:ゆき虫

お気に入り登録数:345

講評:日の出の瞬間が、1番堪える寒さ刻一刻と映りゆく寒冬の朝。繊細微妙な色の映りを的確に捉えていらっしゃいます。冬の妖精写真の様です。蒼の中に薄ら差し込んでいる陽の光りこの時間を逃すと樹氷は終わってしまう。決定的瞬間を停めた冬の北海道を代表する作品ですね。(畠山公妥)

3位受賞作品

タイトル:幻想的な朝

投稿者名:KOMOREBI

お気に入り登録数:285

講評:日が昇る直前の僅かな瞬間、赤く染まった雲が湖面に映り込んだ朝の情景。うとうととまどろむ野鳥の群れから1羽の鳥が飛び立った。朝の静けさと1日が始まる躍動感が伝わってくる夢のある1枚。早朝散歩を楽しむ人に感情移入してみると、より情景が広がっていく。(小貝哲夫)

入賞作品

タイトル:頑張ってください!

投稿者名:さか

お気に入り登録数:277

講評:春の訪れを感じさせる写真の数々と被災地に向けた短いコメントに感動しました。逆光ぎみに花びらを透かした表現もとても素晴らしいと思います。(斎藤巧一郎)

タイトル:視点   賀正

投稿者名:momoko

お気に入り登録数:247

講評:なんといっても1枚目。写真と絵画が融合したような独特の世界観があります。富士山はずっと昔から自分が日本人であることを強く認識させてくれる日本の象徴です。こちらの作品にもほっとするような、それでいて内から力が湧いてくるそんな魅力があります。(藤原トオル)

タイトル:若葉の中の四十雀

投稿者名:あきあきタヌぽん

お気に入り登録数:233

講評:身近な野鳥であるシジュウカラのさまざまな表情を丁寧に撮られています。庭に来たものを撮られたとのことですが、さしずめ専属モデルといったところでしょうか。新緑がいい引き立て役になっています。また、障害物になる細かい枝も上手にクリアしていますね。(小田切裕介)

タイトル:光の朝に目覚めて

投稿者名:JUNA

お気に入り登録数:232

講評:JUNAさん、この度は受賞おめでとうございます。木々の隙間からドラマチックな光芒が差し込む、素晴らしい瞬間を捉えています。新緑の葉も斜めから差し込む強い光よって透けて見えるところも明暗比がより強調されて立体感も良く出ています。まさに一期一会の写真です。(虫上智)

最終選抜作品

タイトル:黄連雀あらわる!

投稿者名:ハーべス

お気に入り登録数:216

タイトル:私の野外活動拠点・新緑と静寂が漂う池の畔

投稿者名:美の狩人

お気に入り登録数:200

タイトル:春色の中で (ジョウビタキ)

投稿者名:ベルフォト

お気に入り登録数:193

タイトル:ネモフィラ(瑠璃唐草)

投稿者名:メグタン

お気に入り登録数:186

タイトル:福寿草~花言葉_幸福を招く

投稿者名:SUNAMASA

お気に入り登録数:184

タイトル:春列車

投稿者名:うまかっちゃん

お気に入り登録数:173

タイトル:晩秋八景

投稿者名:もうさん

お気に入り登録数:169

タイトル:冬から春へ<陽ざしの中で>

投稿者名:ピーチ

お気に入り登録数:166

特集賞:「color」 結果発表1位~7位

グランプリ受賞作品

タイトル:落陽

投稿者名:メグタン

得票数:4490

講評:

暮れ行く夕陽に照らされた空の中、一筋立ち上がるような雲が印象的ですね。手前の木々のシルエットがある事で画面に奥行き感が出ていますし、空の鮮やかさを際立たせる名脇役となっていると思います。狙って撮れるものではない自然の一瞬を見事に捉えた素晴らしい写真だと思います。(金森玲奈)

準グランプリ受賞作品

タイトル:今年の夏納めは…

投稿者名:mackentosh

得票数:1947

講評:mackentoshさん、この度は受賞おめでとうございます。この作品は黒バックに綺麗な花火の青のラインが神秘的に見えて素晴らしいですね。中心部には赤の花火があり、まるで月夜に照らされた月下美人を想像させてくれますね。クロスフィルターを使用したことによってより華やかさが増しているところもポイントです。(虫上智)

3位受賞作品

タイトル:秋の実り

投稿者名:もうさん

得票数:1619

講評:夏から秋への変わり目。黄金色に染まろうとする稲穂のみずみずしさが、電車の鮮やかな色彩によって引き立っています。久大本線の赤い電車には、こうした青々とした稲穂が似合うと気づかされました。(栗原景)

入賞作品

タイトル:曼珠沙華にアゲハが

投稿者名:kaze‐yura

得票数:1470

講評:曼珠沙華の花にモンキアゲハが、吸蜜に訪れている瞬間ですね。花と蝶をバランス良くまとめた作品でもあり、また進展性のある主題です。これからいろいろなレンズや撮影機器を駆使して作風を工夫して、また来年より良い作品作りに挑戦してみてください。(北添伸夫)

タイトル:長崎秋のバイエルカラー

投稿者名:幹坊

得票数:999

講評:刻一刻と色が移り変わっていく夕景の海原。夕暮れ時のこのちょっとしたドラマを音楽に例える作者のセンスが素敵です。これらの作品を眺めていると、本当にどこからか心地よい音楽が潮騒に乗って聞こえてきそうなそんな気がします。とても素敵な連作です。(藤原トオル)

タイトル:五色幕のように(五色台の紅葉)

投稿者名:ベルフォト

得票数:929

講評:大胆な構図ですね。ちょっと気がつかないような自然の片隅をとらえた視点に敬服です。赤く輝くような紅葉の葉と黒くしまったバックの中に浮かび上がる白ボケの対比が美しいです。秋の境内の清々しい空気感が伝わってくるようですね。ズイコーの描写に乾杯!(北添伸夫)

タイトル:ニッポンの夜明けぜよ!

投稿者名:きたぐに

得票数:852

講評:きたぐにさん、受賞おめでとうございます。一目拝見させていただいた瞬間、透明感のある作風にひきつけられました。私は海辺の撮影が多いのですが、帆船と朝日の組み合わせにはまだ出会えていません。鏡のような水面がとてもきれいです。お見事です。また、タイトルも素敵ですね!ユーモアとハイセンスな感性をお持ちの方とお見受けいたします。(清水淳)

特集賞:「happy!」 結果発表1位~7位

グランプリ受賞作品

タイトル:雲海の情景

投稿者名:ゆき虫

得票数:1714

講評:

思うようにはならない自然、しかも朝の光が劇的に風景を変えていくほんのひと時、臆することなくシャッターを切り続けた結果、この作品が生まれたのでしょうね。柔らかな雲海に見とれてしまいます。(大野葉子)

準グランプリ受賞作品

タイトル:ひとりじめ

投稿者名:もうさん

得票数:1384

講評:雄大な景色がとっても気持ちいいですね~。草原にいらっしゃるのはお友達の方でしょうか?!こんなに広い場所をひとりじめできる贅沢さが、とっても羨ましいです。雲の陰で芝生の濃淡が感じられますね、とても空気が澄んでいるようで清々しくて空が美しいです。(中村佳代子)

3位受賞作品

タイトル:二人の日曜日

投稿者名:十度・朗

得票数:818

講評:二人の想いが残像となって残っているようにも見えて、頭の中で物語を作りたくなってしまうような写真ですね。近すぎず遠すぎない二人の距離がつながれた手からよく伝わってきます。モノクロで切り取った事でノスタルジックな雰囲気も加わって、より想像力をかき立てられました。(金森玲奈)

入賞作品

タイトル:秋到来~赤とんぼが訪れる!

投稿者名:SUNAMASA

得票数:809

講評:秋といっても、まだまだ日差しに勢いのある9月上旬。トンボは体温が上がり過ぎるのを防ぐために、こうした姿勢を取る事があります。しかし、そうした科学的な見解は抜きにして純粋な驚きでシャッターを切った時の気持ちが伝わって来ました。(黒柳昌樹)

タイトル:2011モルディヴ~ウインドサーフィン~

投稿者名:ICHIRO

得票数:691

講評:ICHIROさん、受賞おめでとうございます。空の色と海の色、颯爽と滑走するウィンドサーフィンとっても爽やかに仕上げられていますね。海の上から撮れるのがオリンパスの防水カメラ最大の利点ですのでリゾートのアウトドアでは大活躍したのではないでしょうか?モルディブでウインドサーフィンなんてカッコよすぎます。(清水淳)

タイトル:尾道・猫の細道紀行

投稿者名:としたん

得票数:566

講評:1枚目のジャンプしている姿、タイミングばっちりで格好いいですね♪これからどんなことが起こるのだろうとワクワクしてしまいました。ローアングルは散歩中に見た景色、ハイアングルは木に登って見た景色…など、タイトルの通り、まさしく猫が見た景色なのですね。(北田友二)

タイトル:笑ってるカモぉ~。

投稿者名:モデラー

得票数:507

講評:うわー本当にカモが笑っていて、かわいい1枚です。背景が印象的ですね、水の反射が素敵に揺れて写っていて風が感じられます。カモにこんなに近づいて撮影しているので、羽の1枚までしっかり見えて美しいですね。きょろっとした目の表情が面白くて印象的です。(中村佳代子)

Fotopus GrandPrix 2011 結果発表 各賞の決定について

※各賞は、10月31日(月)15:00時点での集計を元に決定しました。(作品賞はプロの審査により決定)
※同一会員で複数の作品がランキングしている場合は、上位の1作品を対象としました。
※一部門で同一会員の作品は一点のみ対象となります。

作品賞審査員(五十音順、敬称略)

作品賞は、フォトパスコミュで活躍中の以下の写真家による投票で決定いたしました。
各賞の入賞者の皆様への講評もいただいております。

伊藤友慧、大野葉子、小田切裕介、片岡正一郎、金森玲奈、北添伸夫、北田友二、小貝哲夫、栗原景
黒柳昌樹、斎藤巧一郎、佐々木啓太、重松美佐、清水淳、中村佳代子、萩原史郎、畠山公妥、藤原トオル、虫上智