見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
大沼池の神秘の色
2007年10月31日 11:00  テーマ [ ]

田ノ原湿原を後にして向かったのは、大沼池。ここはエメラルドブルーの水の色が美しいことで有名で、志賀高原を訪れたら是非見て欲しい風景です。

 

渋峠から田ノ原湿原を通過し、蓮池あたりで高天ケ原方面にルートを取り、数分で大沼池へ向かうための駐車場に到着します。ここから約4キロ歩くと大沼池です。未舗装の車道(通行止め)を歩くので、無理はありません。ゆっくり1時間も歩けば、大沼池に出合えるはずです。

 

上の写真は、遊歩道から見下ろした大沼池です。水面を渡るさざなみが美しいですね。この写真は、そのさざなみが来た瞬間を狙って写したものです。このキラメキが画面内にあるかないかで、ずいぶん印象が異なります。上手く利用して写したいですね。

071031_1.jpg
E-510ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5、絞り優先AE(F8)

 

中の写真は、大沼池の畔から写したものです。形の良い樹が立っていたので、それを前景に、背景には美しい青色の空と水をいれて構成しました。空が青いと、出来上がる写真も清清しいですね。こういう場合はできるだけ青空を利用しましょう。それにしても、オリンパスブルー、綺麗ですねぇ。

071031_2.jpg
E-510ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5、絞り優先AE(F8)

 

大沼池を訪ねるといっても、写す対象が大沼池だけではもったいない。そこここに目を奪われる紅葉があるのですから。下の写真は遊歩道を歩きながら見つけた紅葉で、ふと見上げたら素晴らしい紅葉風景がありました。この写真でのポイントは、画面右下に見える笹の緑。これが紅葉の黄色や空の青と対比されているために、風景全体が生き生きとしたものになっています。

071031_3.jpg
E-510ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5、絞り優先AE(F8)

 

それにしても、たった一日とはいえ、いい風景に出合えました。志賀高原の魅力に、また一歩はまった気がした取材となりました。

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>