見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
総合力への期待高まるE-3
2007年11月07日 11:00  テーマ [ ]

画質は何で決まるか、という問いに対する回答はさまざまあると思いますが、私たちが思うのは総合力だと言うことです。カメラの力、レンズの力、ソフトの力が三位一体となって、それらが総合力となってこそ本当に良い画質が生まれると思います。

 

071107_1.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

 

そういう意味で、E-SYSTEMにおけるレンズは全てがデジタル専用の設計から生まれたもの。センサーの実力を十分に引き出し、そしてレンズ自らの性能をストレートにセンサーへ投影することができるという点で、とても優れています。さらにRAW現像ソフト「OLYMPUS Studio 2 Version2.1」が、ボディとレンズとで創造した映像をさらに高みに引き上げてくれるというわけです。ボディだけではない、こうした総合力があるがために、オリンパスのデジタル一眼レフが作り出す「絵」は素晴らしいのです。

 

さて今日の写真は、E-3と同時発売になるZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDで写したものです。紅葉は長野県八千穂高原のものです。樹の質感、色とりどりの葉の色、奥行感などが、見事に抽出されています。総合力の勝利と言った感じです。

071107_2.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD、絞り優先AE(F8)、長野県八千穂高原にて

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>