見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
E-3を自然風景の現場へ
2007年11月09日 11:00  テーマ [ ]

E-3はアウトドアで使うために生まれたようなカメラです。

 

071109_1.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

 

最大5段分の手ぶれ補正機構がボディ内に内蔵されているので、アウトドアでありがちな三脚が使えないような難しいポジションでも撮影が可能です。

 

雨が降っても、雪が降っても、風が吹いても、強靭な防塵防滴性能、最強のダストリダクションがあるから、安心して撮影に集中できます。

 

どんなに低いポジションでも、背伸びをするほどの高いポジションでも、フリーアングル液晶とライブビューがあるから、撮影には困らないでしょう。

 

100パーセントファインダーと世界最速11点クロス測距AFがあるから、正確なフレーミングと高速かつ高精度なピントが得られます。

 

こんな具合に、E-3はアウトドアに特化されたような印象すら持ちます。私たちが自然風景を撮るからなおのことそう思うのかもしれませんが。いずれにせよ、このE-3の製品版を携えて撮影に出る日も、そう遠くはありません。いまから、その日が楽しみで仕方ありません。

 

今日の写真は、長野県志賀高原に霜が降りたときの様子を写したものです。シラカバの樹にびっしり霜が付き、逆光でキラキラと輝いています。この繊細な美しさが伝わるでしょうか。これから秋から冬へと季節は向かいますが、どんなに厳しい状況下でも、きっとE-3はどこ吹く風とばかりに働いてくれることでしょう。

071109_2.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 35-100mm F2.0、絞り優先AE(F5.6)、長野県志賀高原 田ノ原湿原にて

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>