見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
新レンズの話~ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD~その1
2007年11月26日 11:00  テーマ [ ]

E-3とともに、新レンズが発売されました。ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDです。E-3と組み合わせて使うと、世界最速のAFスピードを体感できるのですから、注目度は満点です。

 

しかも焦点距離は、35ミリ判に換算すれば24~120ミリに相当しますから、広角から望遠までをカバーします。最近流行の高倍率ズームほどとまでは行きませんが、それを上回るパワーを持っています。

 

それはなんと言っても画質。1000万画素のE-3が持つ高画質を、ワンランクもツーランクも引き上げるだけの性能を持っていると表現しても、決して過言ではないと思います。上の写真はそれを如実に物語ります。不思議な模様に色づいたカエデを写したものですが、葉脈や色の微細なニュアンスなどが、克明に描写されています。

071126_1.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F4・プラス0.3EV補正)、手持ち撮影、長野県八千穂高原

 

下の写真はワイド端の12ミリ(35ミリ判換算24ミリ)で写したものです。鮮やかに色づいたカエデの樹の下にもぐりこみ、葉の重みで枝垂れる枝を画面いっぱいにフレーミングしました。画面の隅々までシャープで、色収差も最小限です。素晴らしいレンズです。

071126_2.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F8・プラス0.3EV補正)、手持ち撮影、長野県八千穂高原

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>