見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
春の足音~福寿草
2008年02月19日 11:00  テーマ [ ]

 福寿草は新年を迎えようとする頃、鉢植えなどで花屋さんの店先で見かけることがありますよね。これらはもちろんハウス栽培されたもので、実際には2月の今咲く花です。

 

 この福寿草はとてもとても背が低いので撮りにくい花という印象を持っていましたが、今回E-3で撮影してみてその考えを改めました。「フリーアングル液晶+ライブビュー+ライブビュー時AF手ブレ補正」という四拍子が揃っているE-3は、別格の撮りやすさを提供してくれました。

 

 上の写真は花壇の端で仲良く咲いていた花を写したものですが、花の可憐さと風景の奥行きが写っていて良い感じに撮れています。撮影している姿勢はご覧のようなもの(本日の最下部のカットを参照ください)で、決して花壇に入るわけでもなく(当たり前ですが)、無理な姿勢をしているわけでもなく、らくらく撮れました。

080219_1.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro、絞り優先AE(F4.0)

 

 中の写真はカメラを縦位置にして撮影したものです。このときもフリーアングル液晶のおかげでライブビュー画面を確認しながらスムーズに撮影を行うことができました。

080219_2.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro、絞り優先AE(F5.0・プラス0.3EV補正)

 

 下の写真は雪が降った翌日に撮影したものです。雪を割って福寿草が顔を出しているなんて、早春を感じさせるカットですね。この写真はローポジションがとれる三脚を使い、低い位置からフリーアングル液晶とライブビューを併用しながら撮影したものです。降雪直後ですから腹ばいになることができない状況でも、E-3なら問題なく撮影を行うことができました。

080219_3.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0ZUIKO DIGITAL 2X Teleconverter EC-20、絞り優先AE(F4.0・プラス1.3EV補正)

 

 

080219_4.jpg

▲一番上のカットを撮影したときの姿勢

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>