見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
春の足音~モクレンの蕾
2008年02月20日 11:00  テーマ [ ]

 花が咲いていなくても、花が咲いているかのような華やかさを見せてくれるのがモクレンの蕾です。あと少しで花開くという頃、蕾はふわっと膨らんでフォトジェニックになります。これを逆光で眺めると、綿毛がラインライトに輝いて、その美しさが格別です。

 

 上の写真は逆光で、しかも背景に点光源がある場所を選んでポジションをとったので、モクレンの蕾は輝き円形ボケも綺麗に出ました。こういう写真の場合、ポイントは蕾のバランスのよいところを狙うことです。

080220_1.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD、絞り優先AE(F3.5)

 

 中の写真はペアになっている蕾を見つけたので、その仲睦まじい雰囲気を抽出しました。シンプルなだけに、蕾や円形ボケの位置には注意を払いました。

080220_2.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0ZUIKO DIGITAL 2X Teleconverter EC-20、絞り優先AE(F4.0・プラス1.3EV補正)

 

 下の2カットは一見同じように見えますが、実は絞り値が異なります。上はF3.4(開放絞り)、下はF5.6です。絞り値が異なるので当然被写界深度も変わりますが、ここでお見せしたいのは円形ボケの大きさです。つまり絞りを変えると円形ボケの大きさを変えることができるという話なのです。円形ボケは大きければ良いと言うものでもないので、状況に合わせて絞りを変えて円形ボケの大きさをコントロールしてみてください。

080220_3.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD、絞り優先AE(F3.4・マイナス1.0EV補正)

 

080220_4.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD、絞り優先AE(F5.6・マイナス1.0EV補正)

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>