見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
足跡が語るストーリーを撮る
2008年03月05日 11:00  テーマ [ ]

 こういう場所を訪れると必ず目にするのが動物の足跡です。荒らされていない綺麗な雪面に足跡がくっきりついていると嬉しくなってしまいます。

 

 足跡が交差している風景です。よくみると先のほうでもう一度交差しているようです。足跡がなければなんでもない風景ですが、交差する足跡があることで一味違うものになりました。

080305_1.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F8・プラス0.3EV補正)

 

 この写真はE-3でなければ撮れなかったと言っても過言ではありません。道路際のそそりたつ雪の壁の上についた足跡で、近くによって見ると180センチを越える私たちでもほとんど見えません。でも可動式モニターを引き出し、ライブビュー画面を見ながらフレーミングし、AFを使ったおかげでこのように撮れました。E-3は頼りになる相棒ですね。

080305_2.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL 7-14mmF4.0、絞り優先AE(F8・プラス0.3EV補正)

 

080305_3.jpg

▲上の写真を撮ったときは、こんな感じでした。

 

 日没間際に発見した足跡です。色づいた光が優しく風景を包み、足跡が語るストーリーをいっそう哀愁深いものにしてくれています。足跡がなければおそらく撮ろうとは思わなかったと思います。動物の足跡ですが、これは人間の人生そのもの。だから心の琴線に触れ、撮りたいと思うのでしょうね。

080305_4.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F5.6・プラス0.3EV補正)

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>