見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
志賀高原の夕暮れ
2008年03月07日 11:00  テーマ [ ]

 志賀高原の一日がそろそろ終わりに近づき、夕焼けが展開し始めました。こういう場合、あらかじめ撮影場所をロケハンしておくと慌てずにすみます。この日は明るいうちに撮影した一本の樹のある場所へ直行しました。その場所はちょうど背景が西向きだったと記憶していたからです。

 

 明るいうち、と言っても午後4時ごろに写したのですが、そのときはこんな具合でした。太陽を枝の間から出すことができて、ちょっと格好良いでしょう。

080307_1.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL 7-14mmF4.0、絞り優先AE(F8・プラス0.3EV補正)、ISO100

 

 上のカットから約1時間30分後に出会えた風景がこれです。空に茜色に色づいた雲があって良い雰囲気になりました。

080307_2.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL 7-14mmF4.0、絞り優先AE(F5.6・プラス0.3EV補正)、ISO200

 

 その後、もう一箇所心当たりのある場所が近くにあったので、さっそく移動。最後におさめたカットがこれです。画面の下部に見える雪面は、ガードレールの上に積もった雪なのですが、使いようによっては実に効果的ですね。

080307_3.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F11)、ISO400

 

 今日の3作品の撮影データにはISO感度を示しておきましたが、お気づきになることがあると思います。明るさによってISO感度を使い分けていることがそれですが、デジタルカメラ最大のメリットの1つは、1カットごとにISO感度を変えて撮影できることにあります。E-3はISO400程度ならまったくノイズを気にせず使うことができますから、状況に合わせてISO感度を変えて効果的に利用してみてください。

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>