見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
冬の贈り物、陰影の美しさ
2008年03月04日 11:00  テーマ [ ]

 横手山のアイスモンスター撮影は失敗に終わりましたが、視点を変えれば被写体は多く、良いモチーフにたくさん出会えました。晴天だったこともあり雪だけが見せてくれる美しい陰影に恵まれたのは嬉しかったですね。

 

 風が作った雪紋。スプーンカットのような派手なものとは違いますが、幾重にも折り重なった反物のような紋様が光によって浮かび上がり、とても美しく見えました。こういう被写体を撮る場合は、陰影が強調されるアングルと紋様が美しく見えるアングルが一致する場所を探すことが大切です。

080304_1.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F11)

 

 おそらく小さな小川があるのでしょう。その場所が窪みアクセントとなった風景です。背景には樹々が作る影が伸びていたので、それらを組み合わせてフレーミングしました。ちょうど背の高さの異なる2本の樹があったので、画面の端に配置しています。わりあい気に入っている作品です。

080304_2.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F8)

 

 ちょっとした雪のふくらみですが、夕方の斜光によって柔らかい面が強調されて、美しく見えていました。かなり狭い範囲を切り取っていますが、雪を質感を楽しんでもらおうと言うのが狙いです。

080304_3.jpg
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F8・プラス0.3EV補正)

 

 こういう写真は曇天では撮れません。晴れているときは、ダイナミックな風景に隠れた、こういう繊細な風景にも目を向けてみてください。

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>