見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
森林公園の梅林
2008年03月12日 11:00  テーマ [ ]

さて、平地でもずいぶんと梅が咲き始めてあちらこちらで楽しめるようになってきました。そこで今日の画像は埼玉県滑川市にある武蔵丘陵森林公園の梅林です。

 

080312-1.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F8)

 

この日は梅の花がすっきりとしたオリンパスブルーの青空に映えて美く咲いていました。この梅林は丘陵地の斜面にあるため、背景を選びやすいことも特徴といえるかもしれません。

 

080312-2.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F8)

 

一方、中の写真は紅梅の根元にもぐりこむようにして見上げるように撮影したものです。画面のある一点に向かって梅の樹の幹が集中するようなポジションを選んでいます。広角側の焦点域を選ぶことでパースペクティブを強調してみました。

 

080312-3.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F8)

 

被写体を探しながら何気なく足元を見ながら歩いていたところ、ふと足元に伸びる影が目にとまりました。そこですこしばかり視点を変えて、梅の樹の影をメインにフレーミングしたものが下の写真です。カタチのよい枝っぷりだからこそ楽しめるフレーミングかもしれませんね。

今年は寒い日が続き、梅林によっては一斉に満開になっている、とはいえない状況のようです。しかし、逆にいえばまだ未開花の樹も多く開花にずれがあって、長く楽しむことができるともいえます。

 

コメント(0)
コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>