見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
ホーム > 写真投稿コミュニティ フォトパスTOP > 花の写真投稿ページ >

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る 花と風景写真

OLYMPUS E-SYSTEMで撮る風景写真
自然風景写真家 萩原史郎・萩原俊哉

<<前の記事
次の記事>>
 
春の花たち・・・
2008年03月28日 11:00  テーマ [ ]

今週の最後は今回の梅園や梅林を取材している途中で出合った春先の花たちです。

0328a.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD、絞り優先AE(F8)

 

これはオオイヌノフグリ。なんともアレな名前ですが、その実のカタチが名の由来とか・・・ 上の写真は秋間の梅林の近くで見つけたものですがそれにしてもみっしり咲いていますね。

 

0328b.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro、絞り優先AE(F2.0)、トリミングあり

 

マクロで近寄ってみるとこんな可憐な花なんです。ブルーと白のトーンがとてもキレイですね。

 

0328c.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macro、絞り優先AE(F2.8)

 

これはフクジュソウ。背景に別のフクジュソウの花びらがくるような位置を選んで撮影しています。この2つの写真はZUIKO DIGITAL 50mm F2.0 Macroで撮影したものですが、どのような撮影であってもマクロレンズは持ち歩くようにしています。E-SYSTEMはレンズに限らずシステム全体が小型なシステムなので、ザックに入れても邪魔にならないし、重量も重くないので、機材をたくさん持っていけることも魅力ですね。

 

0328d.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD、絞り優先AE(F3.5)

 

この写真はナズナ。ご存知のとおり、春の七草のひとつですがこれだけ伸びると硬くなってもう食べられませんね。撮影ではライブビューを使ってピント位置を詳細にチェックしています。

 

0328e.jpg

E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD、絞り優先AE(F3.5)

 

最後の写真はホトケノザ。ご存知のとおり、春の七草のひとつ・・・ ではありませんのでご注意を(笑)。ご存知の方も多いと思いますが春の七草でいうところのホトケノザはコオニタビラコのことで、このホトケノザとは別種なんです。このような足もとに咲く小さな花たちは、梅や桜のようになかなかクローズアップされにくいものですが、このようにまとめてみると案外カラフルに見えますね。

 

***

 

梅園に限らず桜など、ある被写体を撮る目的で撮影に出かけても、このように周囲に目を向けてみると、また違った世界が見えてきます。思いがけない出合いや、絶好のシャッターチャンスにめぐり合えることもあるでしょう。その出合いを大切にしたいものですね。

コメント(2)

都会の片隅にも咲いているぺんぺん草、春を謳歌している彼らは雑草として扱われ、目立たない存在ですが、背景のぼけ味にカメラの目線のやさしさを感じます。

50mmMacroの写真、とても参考になりました。

コメント投稿受付は終了いたしました
<<前の記事
次の記事>>