キレイな星空の写真がいっぱい!星空の写真を投稿しよう。

ホームFotopus

星空の写真投稿ページ

写真撮影レポート

星空を一番撮りやすいカメラ OM-D E-M1 Mark II

「オリンパスのカメラで星空ですか?」などと言われていたのは十数年前。その評価を跳ね返すべく開発陣は努力を重ね、2012年にOM-D E-M5が登場。さらに星空を撮影しやすくなったのが、OM-D E-M1 Mark IIだ。この記事では、OM-D E-M1 Mark IIの星空撮影に便利な機能を紹介するとともに、星空撮影の基本、「構図」「ピント合わせ」「写真の明るさ調整(適正露出)」を説明する。

続きはこちら

神秘の天体ショー オーロラを撮ろう

オーロラ撮影は、極寒の中、暗い場所で光りながら動くものを捕らえる特殊な撮影環境です。まず温度変化に強く、高感度撮影に対応しノイズの少ないカメラと広角で明るいレンズを準備しましょう。あとは美しいオーロラが出現するのを待つだけです。神秘の天体ショー、オーロラ撮影にトライしてみましょう!

続きはこちら

OLYMPUS × Vixen
動画「宙ガール~素敵な星空パーティへのご招待」

単焦点レンズを使えば、以外と簡単に撮れる星空写真。タイムラプス機能を使えば満天の星空も幻想的な動画で保存できる。自由なスタイルで星空を楽しむSTAR PARTYへ出かけてみませんか?

動画を見る

動画「オリンパス一眼カメラ『ライブコンポジット』の使い方」

星空の撮影では通常のバルブ撮影で全体が明るくなりすぎるようなシーンでも、カメラに搭載されているライブコンポジット機能を使えば、明るく変化した部分のみを合成するので、明るい建物を背景として星の日周運動や花火、蛍の飛翔などの切れ目のない美しい光跡を表現できます。ここではOM-Dを使ったライブコンポジット機能の使い方を動画で紹介します。

動画を見る

デジタルカメラで星空を撮ってみよう!

地上の風景と星空を同時に写した「星景写真」をみなさんご存知でしょうか?デジタルカメラの進歩につれて、難しいと思われている星の写真は、比較的簡単に写すことができるようになりました。第一回はオリンパスのカメラを使った星の写真の撮り方をご紹介いたします。

続きはこちら

ビクセン 星空雲台ポラリエを使った“追尾”撮影方法

星空の撮影に慣れてきたら、今度は赤道儀を使う「追尾撮影」方法に挑戦してみましょう!赤道儀の中でも小型・軽量で持ち運びがしやすい、ビクセンの星空雲台ポラリエを使った追尾撮影方法について、詳しくご紹介いたします。

続きはこちら

もっと見る

お役立ち情報

  • オリンパスライブ「星空を撮ってみよう」

    カメラの設定やヒストグラムの見方、ロケハンのポイントなどを丁寧に説明いたします。

  • 小惑星探査機「はやぶさ」の帰還

    星景写真家・飯島 裕 撮影による小惑星探査機「はやぶさ」の帰還を記事にしました。

  • 動画「星空の世界へ」(写真家 飯島裕)

    空に輝く星々が、吸い込まれるように魅了します。

  • プレゼントキャンペーン

    無料で応募できるプレゼントキャンペーンやポイントがたまる楽しいゲームなど

ページトップへ戻る