ホーム >

写真コミュニティフォトパスTOP >

人物の写真投稿ページ >

始めてみよう!人物の撮り方(ポートレート編) ~M.ZUIKO PROレンズで撮る世界~>

2

始めてみよう!人物の撮り方(ポートレート編) ~M.ZUIKO PROレンズで撮る世界~

ポートレート撮影は構図に気をつけよう

空間を考えながら左や右へモデルさんの配置を変えることで、随分と印象を変えることが可能です。
モデルさんの真上に串が刺さっているかのような「串刺し構図」。なおかつど真ん中に被写体であるモデルさんを配置した「日の丸構図」、顔周り横に地平線がきてしまった「首切り構図」となっています。=三悪構図(左)
このような構図では被写体を活かせず、意図がわかりずらい印象となってしまいます。
F値を開けて、モデルさんの配置を左にずらすことで、副題である背景をシンプルにすることができます。モデルさんの体や目線の向きによって、空間先を詰めることによって緊張感のある構図、モデルさんの目線や空間先を空けることによって、安定感のある構図を演出することが出来ます。(右)

「日の丸構図」「串刺し構図」「首切り構図」=三悪構図

モデルさんを真ん中からずらし、頭と高い建物、首と水平線が重ならないようにする。
F値を開けて撮影することで、背景をシンプルに

顔の向きに空間を詰める=緊張感

顔の向きに空間をあける=安定感

前ボケを生かした人物写真

少しモデルさんの配置を右にずらして、さらに手前にある花を生かした前ボケ撮影方法です。
F値を開けて、ふわっとした印象を感じさせるとともに、奥行きを感じさせることが可能です。

ページトップへ戻る