深海生物を撮る!

深海生物を撮る!

写真集「深海のとっても変わった生きもの」は普段は見ることのできない、奇妙で美しい深海生物の生態を捉えた、知的好奇心を刺激する素敵な写真集です。子供の頃に動物や魚類の図鑑が好きだった人であれば、きっとそのころの感動が甦ることでしょう。
撮影者の藤原義弘さんは、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究員として勤務する傍ら深海生物写真の撮影を続け、この写真集ができあがりました。生物写真のほとんどはオリンパスのデジタル一眼カメラによって撮影されたものです。撮影秘話と深海生物の魅力について、藤原さんにお伺いしました。

藤原 義弘(ふじわら よしひろ)
1969年岡山県生まれ。筑波大学第二学群生物学類卒業。筑波大学修士課程環境科学研究科修了。博士(理学)。 現在、海洋開発研究機構に所属、海洋・極限生物圏領域 海洋生物多様性研究プログラム 化学合成生態系進化研究チーム チームリーダー。広島大学客員准教授。
深海温泉にくらす独特の生物群の進化や多様性、共生について研究を実施。2003年より、海底に沈んだ鯨遺骸が育む生物群集の魅力に取りつかれ現在に至る。研究のかたわら、生きた深海生物の撮影も精力的に行なっている。

深海生物を撮る!(前編) イメージ

深海生物を撮る!(前編)
アクセスが困難で、欲しい生物にいつでも出会える訳ではない「深海」において、確実に写真に残す撮影にオリンパスのカメラをお選びいただいた理由や、潜水調査船「しんかい6500」による深海生物の捕獲方法、深海生物が水圧の変化に耐えられる理由などをご紹介します。
>> 記事を読む

深海生物を撮る!(後編) イメージ

深海生物を撮る!(後編)
海底に沈んだ鯨の骨にのみ生息する「ホネクイハナムシ」、虹色の美しいウロコを持ちながら、振動や水温の変化であっという間にウロコを落としてしまう「ウロコムシ」。ここで出会った、未知なる生物の生態を知ると、さらに深海生物への興味が湧いてきます。後編では、深海のフシギな生物10種をご紹介します。
>> 記事を読む

海洋研究開発機構について
海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、平和と福祉の理念に基づき、海洋に関する基盤的研究開発、海洋に関する学術研究に関する協力等の業務を総合的に行うことにより海洋科学技術の水準の向上を図るとともに、学術研究の発展に資することを目的として設立された独立行政法人です。
海洋研究開発機構について 詳しくはこちら
潜水調査船「しんかい6500」について
「しんかい6500」は、水深6,500mまで潜ることができる潜水調査船。現在運航中の有人潜水調査船のなかで、世界で一番深く潜ることができます。 1990年に完成し、日本近海に限らず、太平洋、大西洋、インド洋等で、海底の地形や地質、深海生物などの調査を行い、2007年には通算1000回目の潜航を達成しました。
潜水調査船「しんかい6500」について 詳しくはこちら