Tough TG-6 + PT-059

「Tough TG-6」の水中向けセットアップ、実際の水中撮影における使用感や撮影のコツを、防水プロテクター「PT-059」と共にリポート(写真家 清水 淳)

新しく搭載された便利な機能&アクセサリー

デジタルテレコン

TG-4まで搭載されていたデジタルズームが、TG-5では非搭載になりハゼ撮影フリークには残念なカメラとなっていた。しかし、TG-6では新たにデジタルテレコンとして使えるようになった。ただし、水中モード内では使用できないので、Pモードでカスタムチャンネルに水中用の設定を登録して使う。

デジタルテレコン OFF

デジタルテレコン ON

光学ズームではないので多少の画質の劣化は見られるがSNSで使うレベルであれば全く問題ない。

デジタルテレコン OFF

デジタルテレコン ON

清水 淳・オリジナルハゼモード(デジタルテレコン)の設定

水中でデジタルテレコンを使う場合には、モードダイヤルから「プログラムオート」を呼び出す。OKボタンを押してLVコントロール上に表記される各種設定項目を水中用にセットする。画質は撮影者の使い勝手に合わせて選択。フラッシュのON/OFFは水中ライトや外部フラッシュに合わせて設定する。

メニューから、フラッシュ+ホワイトバランス連動の設定をOFF、AFターゲット選択をシングル一点にセットしたら、チャンネル2にセットする。

実際に使用する場合は、カスタムモードチャンネル2をダイヤルでセットする。デジタルテレコンのON/OFFは十時キーの左ボタンを押す。デジタルテレコンがONの場合には、画面上部中央にマークが表示される。

デジタルテレコン ON時(画面上部中央にマークが表示されている)

動きの速い被写体の撮影(低速限界設定)

動きの速いイルカやアシカの撮影などにカメラをチューニングできるのもTG-6の特徴だ。Sモード/シャッター速度優先が搭載されていないので、動きの速い被写体をTG-5ではシーンモード/キッズなどを使っていたが、E-M1 Mark II譲りの「低速限界設定」が搭載されたので、シャッター速度をキープさせる制御も可能になった。

※アシカの画像ははめ込みイメージ

清水 淳・オリジナルイルカ撮影モード(ISOオート&低速限界設定)の設定

設定は、モードダイヤルから「プログラムオート」を呼び出す。OKボタンを押してLVコントロール上に表記される各種設定項目を水中用にセットする。画質は撮影者の使い勝手に合わせて選択。フラッシュはOFFにセットしたがONにすることも可能だ。

ISO感度の上限を決める。薄暗い環境であれば上限値を3200くらいにセット。シャッター速度の設定はシーンによっても異なるが、1/500〜1/250くらいでセットするとよい。

フラッシュ+ホワイトバランス連動の設定をOFF、AFターゲット選択を全点/オールターゲットにセットしたら、カスタムモードチャンネル1にセットする。

実際に使用する場合は、カスタムモードチャンネル1をダイヤルでセットする。この設定であれば、シャッター速度をキープするバーターとして、暗い環境ではISO感度が上がっていく仕組みだ。ISO3200に達した以降は次第にシャッター速度が落ちていく。

ページトップへ戻る