見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
写真コミュニティフォトパスTOP > 昆虫の写真投稿ページ >

昆虫写真ブログ 熱帯の森

熱帯の森


Vol.02 ハキリアリって?

2010年01月15日 11:00 テーマ [ 昆虫 ]


空中トラムから見た熱帯雨林
E-3ZUIKO DIZITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

サンホセからカリブ海側へと移動の途中、自然保護区に立ち寄りトラムに乗って熱帯雨林を見た後、長い道程を経てコスタリカ北東部にあるラ・セルバのバイオロジカルステーションに着きました。

宿舎に荷物を運ぼうとしていた時、ふと足下も見るとちぎられた葉っぱがゆらゆらと地面を移動しています。
なんだろうと目を凝らして見るとハキリアリが自分の体の倍ほどもある大きさの葉を顎にくわえて運んでいるところでした。


葉を顎で担いで運ぶハキリアリ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


どこまでも続くハキリアリの 道と行列E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

段差のあるところもよじ登り超えていくE-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

荷物を置くのも忘れ、しばらくずっとその行進を眺めていました。
アリにとっては相当な重さだと思うのですが、かなりの速足です。 何十メートルも続く行列の途中に石などの障害物があるところでは渋滞をおこしていました。まるで人間社会の混雑をみているようです。


ハキリアリの巣の出入り口
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

「この行列はどこからどこへ繋がっているのだろう?」と想っていると、もう周囲はすっかり日が暮れてしまっていました。

ハキリアリは主に中南米に生息し、切り取った葉を地下の巣の中へと運び、菌糸を植え付けてキノコを栽培し、それを食糧としている特殊なアリです。


虫や小さな生き物の営みにそれほど興味がなかった都会育ちの私が、ハキリアリとの遭遇によって、次第にこの森に棲む生物たちの世界へと引き込まれていきました。


次回は、蜜を吸う蝶と眼が合った話をします。


アルピニア・プルプラタの花(ショウガ科)E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

コメント(0)

コメント投稿受付は終了いたしました