見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
写真コミュニティフォトパスTOP > 昆虫の写真投稿ページ >

昆虫写真ブログ 熱帯の森

熱帯の森


Vol.03 蝶と向き合いながら

2010年01月22日 11:00 テーマ [ 昆虫 ]


ドクチョウの中でも大型のオオキマダラドクチョウ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

チリメンナガボソウの花の上を飛ぶアオネセセリチョウの一種
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

コスタリカには千種類以上もの蝶が生息しているようです。

蝶の飛び方にはいろいろあります。
パタパタと一生懸命飛ぶもの、風のながれに乗ってスーと飛ぶものやスローモーションのようにふわりと優雅に飛ぶもの、ふわふわとゆっくり上下に揺れるように飛ぶものもいます。鮮やかな美しい翅で飛ぶその姿に見とれてしまいます。


ヘリコニア・シッタコラムの花とミツバチとセセリチョウ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

飛んでいるのを追いかけていっても不規則に方向を変えたり、いきなりスピードを上げたりするし、葉の上で翅を休めたと思うとまたすぐに飛びたってしまいます。

なかなかうまく撮れないので花が咲いているところに待ち伏せてみました。


ちょうどそこに一匹の蝶が花に止まり蜜を吸おうとしています。30cmぐらいのところまでそっと近づいてみました。


キジマドクチョウ、英名では「長い翅のシマウマ」と呼ばれている。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

蝶の眼は複眼で視界が広範囲なのでどこから近づいても私とカメラを写し込んでいるはずです。しかし敵意を感じないのでしょうか、飛び立ちません。
そこでマクロレンズに切り替え、さらに近づいてみました。

たぶん蝶は、身の危険を感じながらも生きるために蜜を吸うほうが大事だと判断したのでしょう。少しも動かないので蝶と向き合いながらゆっくりとシャターを切りました。

次回は、突然の雨で雨宿りした話です。


日光浴するアナルティア・ファティマタテハチョウ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

縄張り行動を取るセセリチョウの一種
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

コメント(0)

コメント投稿受付は終了いたしました