見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
写真コミュニティフォトパスTOP > 昆虫の写真投稿ページ >

昆虫写真ブログ 熱帯の森

熱帯の森


Vol.06 Hummingbird=ハチドリ

2010年02月12日 11:00 テーマ [ ハチドリ, ]


アレナル火山。活火山で頻繁に小規模な噴火が起こっている。E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
動物たちにはそれぞれの活動の時間があります。
多くの鳥たちは早起きです。
夜が明ける頃から鳥たちのさえずりが聞こえてきたのでその姿を見ようと外に出てみました。声は聞こえるけれど、どこにいるのかそう簡単に見つけられません。枝からさっと飛び立ったかと思うと、またすぐに梢の中に隠れたりします。

そこで目をつぶって音に集中してみました。鳥のリズミカルな鳴き声と飛んでいる時の羽音が聴こえてきました。
ゆっくりと目を開け、その方向を見ると花が咲いている木の茂みの中をせわしく飛び交う小さな鳥に気付きました。よく見るとハチドリです。

その動きはとてもすばしっこく、一瞬のうちに目の前に現れたり消えたりします。ファインダーを覗きながらでは追いかけられません。だからこの自分の眼で追いかけ、観察することにしました。


メガリンクス・ピタングア(タイランチョウ科)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


枝に止まり休憩中のアオボウシモリハチドリ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

エメラルドハチドリの雌。尾羽を広げて日光浴?
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

ソウロウベア・ギルギという着生植物(マルクグラウィアの仲間)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ハチドリは枝に止まらず花のあるほうに向かって飛んで来ました。花びらと向き合って蜂のようにブーンブーンと羽音をたてながら、空中に静止しているではありませんか。羽ばたきのスピードはなんと一秒間に50回以上と言われています。

ハチドリがストローのようなくちばしから舌を出して花の蜜を吸いはじめたその瞬時に無心でシャッターを切り始めていました。


蜜を吸うハイバラエメラルドハチドリ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

次回は、コスタリカの食事の話です。

コメント(1)

こんなに小さな鳥だったのですね!
ハチドリと花の色がマッチしていてとても美しいです。

コメント投稿受付は終了いたしました