見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
写真コミュニティフォトパスTOP > 昆虫の写真投稿ページ >

昆虫写真ブログ 熱帯の森

熱帯の森

 << 前の記事

2010年03月

 

Vol.12 命をつなぐということ

2010年03月26日 11:00 テーマ [ コスタリカ, 昆虫, ]

自然は私達に色々なことを教えてくれています。

森の中を歩いていると大きな木の上で、ひな鳥の声がするので、見上げると親鳥が子鳥に口移しで餌を与えていました。親は子を育てるために一生懸命餌を穫ってくるのでしょう。


メラネルペス・プチェラニ(キツツキの仲間)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

蝶を補食するズグロミツドリのオス
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

葉の上で翅を休めている一匹の蝶を見つけました。その時何か気配を感じたのでふと振り向くと、蝶をじっと狙っている鳥がいました。その視線を感じたと思った瞬間にそのくちばしに蝶をくわえてしまいました。

これが生き物達の宿命なのです。生き物は避けることの出来ない生と死というつながりによって、次の命へとつながっていきます。



体を持ち上げて前進するシャクトリムシ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

落葉の中から芽生える若木
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

森は日ごとに変化していきます。鳥が運んできた小さな種が土の上に落とされ、そこから新しい命が芽吹き、育った植物たちの葉や実を、昆虫や小動物や鳥たちが食べます。落ち葉や枯れ枝などは土の中の微生物によって分解され、再び植物の養分として土に戻っていきます。それぞれの役割を果たしながら共存して生きています。

人間も地球の生態系の一生命なのです。広い宇宙の中でたったひとつの地球。そこには、多種多様な生命が絶妙なバランスで互いの命をつないでいる世界が広がっているのです。


木にぶら下がっているミツユビナマケモノ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


求愛中のアナルティア・ファティマ。左がメス。右が口説こうとするオス。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

朽木に生えるキノコ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

夜が明け、陽射しが森の木々を照らし始めました。
また森の新しい一日が始まろうとしています。



Vol.11 幻の鳥ケツァール

2010年03月19日 11:00 テーマ [ ケツァール, ]


旅の最終日にモンテベルデ近くの熱帯雲霧林自然保護区を訪れました。

なんとそこで、この季節にはこの森にいないはずの熱帯でもっとも美しいといわれる鳥ケツァールに出会うことができたのです。


コナラの木だろうか、この森にもう何年生きているのだろうか?
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

地上から20mぐらい離れている木の高いところの葉の茂みの向こうにかろうじて見えました。
そこで望遠レンズにテレコンバータをつけ、ファインダーを覗くと鮮やかな胸の赤が目に入りました。

他の鳥と喋っているのでしょうか?しばらく鳴きながら首を振っていましたがすぐに別の木へと飛び去っていきました。

つかの間の美しい光景でした。

ケツァールが幻の鳥と呼ばれる所以は、密猟や森林の伐採や農地の開発などにより、数がかなり減少していることがあげられます。
生態系が崩れることによって、ほんとうに幻の鳥にならないようにしなければなりません。そのためコスタリカでは保護活動が熱心に行われています。


ハナナガコウモリ。川沿いの樹木の幹に並んで昼間休んでいる。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


カメムシ。熱帯を感じさせる色彩をしている。E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

宿舎への帰り道で、空を見上げると雲がひとつもない星空に月が出ていました。暗闇の中から虫たちの声が聞こえてきました。

もうすっかり暗くなった森も月明かりに照らされて、樹々の姿がうっすらとシルエットに浮かび上がっていました。

次回は、大切な命についての話です。



ノギハラバシリスク。短距離であれば水面を走ることができる。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

ヘリコニアの花の蜜を吸うセセリチョウ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD



Vol.10 森の中の闇へと

2010年03月12日 11:00 テーマ [ 昆虫, 熱帯雲霧林 ]


イチジクの大木に生い茂る着生植物。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

モンテベルデの森の中に滝があるというので細い林道を降りて行きました。

昼間でも木々が密集していて足元は暗く、まだ昨日の雨でぬかるんでいました。
わずかな光が届く地上付近でも微生物や動植物の命で溢れています。

森の闇の中に入るとなんとなく怖さを感じます。そして、闇の奥に存在する何かを感じます。
闇は人が忘れている感覚を呼び起こしてくれます。闇の中でも見えなかったものが見えてくるようになります。意識下で闇があるから光を感じるのでしょう。


カメラという暗箱の中に一筋の光が入り、そこに映る像を定着させることが写真の原点です。この大きな森という暗箱の中に光を通して森の生命を見ているのかもしれません。まるで自分が植物になったかのように僅かな光でも敏感に感じます。


フリクトゥス・キンケパルティトゥス(ビワハゴロモの仲間)。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

木漏れ日がオオホザキアヤメにあたっていた。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

大きな樹の幹の根元に陽が差し込む。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

滝へと続く道の途中に大きな木が倒れていました。日が当たらないので肉眼では見えにくいのですが、その木の底を覗き込むと白い糸の様なものがたくさん垂れていました。

これは、キノコバエという昆虫の幼虫が作る罠で、そこには小さな蚊のような虫が引っかかっていました。キノコバエの幼虫は糸を引き上げ引っかかった獲物を食べます。自分が吐いた糸も、タンパク源として摂り込み、再利用するといいます。


キノコバエの幼虫の巣にかかった蚊のような虫。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

光が届かない世界。そこにも命は宿っています。暗闇の世界にも広がりを感じます。
しばらく歩いて行くと木立の間からもれてくる光の向こうから水が落ちる音が聞こえてきました。


ソクラテア・エクソリザという歩くヤシの木。気根でささえられてる。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

木の上で丸まっているヤスデの一種。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

次回は、幻の鳥ケツァールの話です。




Vol.09 虫の気持ちになって

2010年03月05日 11:00 テーマ [ 昆虫, 熱帯雲霧林 ]


葉先にしがみつくハムシ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

奇妙な形をしているヴェスティスティルスというツノゼミの仲間
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


森に降るモンテベルデ特有の細かい雨
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

この日は、風に乗ってゆっくりとなびくように降るモンテベルデ特有の細かい雨が降っていました。

しばらくすると雨も上がったので、宿舎の前にある草むらに足を踏み入れてみました。なるべくまわりの植物を痛めないようにしゃがみ込んで動かずに目の前の植物をじっと観察していました。
すると小さな虫たちが濡れた葉の裏からひょこひょこと表側に出て来ました。虫たちの仕草や動き方をいくら観ていても飽きません。

植物の一部が少し動くように見えたので、よく見ると緑色の枝のように擬態したナナフシでした。そっと近づいてみたら、枝から脚を離して地面に落ちてしまいました。触っても動きません。ナナフシの中には捕まると脚を切って逃げる者もいると言います。


今度はカメラを持ったまま地面近くまで自分の体を虫と同じようにひれ伏して観察してみました。すると虫たちが大きく見え始め、小さな草むらも虫にとっては大きなジャングルなのだと気付きました。

子供のころは蝶や虫を見つけても捕まえようと追いかけるだけだったのですが、こうして見方を変えて虫と同じ視線で森をみるとこんなにも世界が違ってみえるのだと驚きと発見の連続でした。


緑に溶け込むように静止するナナフシ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


鮮やかな赤色が緑に映えるアワフキムシの成虫
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 MacroFL-50R

草むらに飛んできたカミキリムシ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

次回は、森の中へ行った時の話です。