見つける・つながる・楽しむ! 写真投稿コミュニティ「Fotopus」
現在位置
写真コミュニティフォトパスTOP > 昆虫の写真投稿ページ >

昆虫写真ブログ 熱帯の森

熱帯の森


Vol.12 命をつなぐということ

2010年03月26日 11:00

自然は私達に色々なことを教えてくれています。

森の中を歩いていると大きな木の上で、ひな鳥の声がするので、見上げると親鳥が子鳥に口移しで餌を与えていました。親は子を育てるために一生懸命餌を穫ってくるのでしょう。


メラネルペス・プチェラニ(キツツキの仲間)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

蝶を補食するズグロミツドリのオス
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

葉の上で翅を休めている一匹の蝶を見つけました。その時何か気配を感じたのでふと振り向くと、蝶をじっと狙っている鳥がいました。その視線を感じたと思った瞬間にそのくちばしに蝶をくわえてしまいました。

これが生き物達の宿命なのです。生き物は避けることの出来ない生と死というつながりによって、次の命へとつながっていきます。



体を持ち上げて前進するシャクトリムシ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

落葉の中から芽生える若木
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

森は日ごとに変化していきます。鳥が運んできた小さな種が土の上に落とされ、そこから新しい命が芽吹き、育った植物たちの葉や実を、昆虫や小動物や鳥たちが食べます。落ち葉や枯れ枝などは土の中の微生物によって分解され、再び植物の養分として土に戻っていきます。それぞれの役割を果たしながら共存して生きています。

人間も地球の生態系の一生命なのです。広い宇宙の中でたったひとつの地球。そこには、多種多様な生命が絶妙なバランスで互いの命をつないでいる世界が広がっているのです。


木にぶら下がっているミツユビナマケモノ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


求愛中のアナルティア・ファティマ。左がメス。右が口説こうとするオス。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

朽木に生えるキノコ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

夜が明け、陽射しが森の木々を照らし始めました。
また森の新しい一日が始まろうとしています。



Vol.07 旅の食事は・・・

2010年02月19日 11:00

車窓の左にアレナル湖を臨みながら次の目的地モンテベルデに向かいました。コスタリカに到着してからもう五日間が過ぎ、やっと現地の時間や食べ物に慣れてきました。


コスタリカ最大のアレナル湖
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

キダチキンバイの花(アカバナ科)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

それぞれの国によって料理には特色があります。コスタリカの料理はメキシコのように辛い味付けはせず、素材を生かした塩味が主流で、細長いお米と小豆に似たインゲン豆が主食です。お米はインディカ米で日本のお米のように粘り気がなく、少し固めに料理されています。豆は毎回の食事に大量にでてくるのでびっくりしますが、そこは自分なりに食べ合わせに工夫をこらしたりします。


カサドというコスタリカの一般的な昼食
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

食欲のない時は、チリソースの一種だと思うのですが、“Negrini”という辛いソースをかけると食が進みました。食材の選び方や料理の仕方などの食文化の違いによって、その土地の風土と歴史を垣間みることができます。

モンテベルデの研究所に着いた時は、夕方近くになっていました。お腹がすいていましたが、夕食まで時間があったので草むらを散歩することにしました。


ノボタンの花に止まっているホタルの一種
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


水辺の木の枝に止まり獲物を探すミドリヤマセミ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

イチゴヤドクガエル。低地ジャングルの暗がりでよく見かけられる
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 MacroFL-50R


寄生蜂の一種 ペレシヌス・ポリトゥラトル(Pelecinus polyturator)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

草が生い茂ったところの葉の上にペレシヌス・ポリトゥラトル(Pelecinus polyturator)と言う奇妙な形をした寄生バチの一種が止まっていました。最初は少しも動きませんでしたが、じっと見ていると後ろ脚をゆっくりと上げたり下げたりし始めたではありませんか。

その動きはまるでダンスをしているかのように見え、思わずその名演技に拍手をしてしまいました。


次回は、美しい翅をもつモルフォチョウの話です。



Vol.05 一生同じ木に棲み続けるアステカアリ

2010年02月05日 11:00


サラピキ地方のパイナップル畑
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ハナシュクシャの花(ショウガの仲間)
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ラ・セルバからラ・フォルトゥナの町へ移動中、探検昆虫学者の西田賢司さんが、道路沿いの草むらでちょっとユニークなアステカアリというアリを見ることができると教えてくれたので、車を止めました。


アステカアリとセクロピアのグリコーゲンの白い粒
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

西田さんは、草むらでセクロピアという木の幹を折って中身を見せてくれました。空洞になった幹の中には、細かい白いグリコーゲンの粒がいっぱい詰まっていて、そこには数匹のアリがいました。

セクロピアはアステカアリに白いグリコーゲンの粒を提供し、そのお返しにアステカアリはセクロピアの葉っぱを食べる虫を退治します。


アステカアリは一生をその木で過ごし、幹の中で命を終えたアリたちは、セクロピアの栄養源として吸収されると西田さんは教えてくれました。
そこにはきちんと蟻と植物の共存の世界があります。


グリコーゲンの粒(ミュラー体)が貯蔵されている部屋
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ある部屋ではカイガラムシを飼っていて、蜜をもらっている。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

若木のセクロピアに棲むアステカアリ。竹のように節がある。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

一本の樹の中にこんな世界があることを初めて知りました。人間は、目の前の豊かさを求めて色々なものを作りだし消費しています。その中には自然に還らないものがたくさんあります。

自然に還るということはどういうことなのか?
このアステカアリとセクロピアの循環の世界には大切なメッセージがあるのではないでしょうか。

次回は、とてもすばしっこいハチドリの話です。




Vol.04 突然、雨が降り出して

2010年01月29日 11:00


今にも雨が降り出しそうなエル・アンヘルの熱帯湿潤林
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

雨の中、保育園に子供達を迎えにきたおかあさんたち
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

コスタリカは雨季のためか、天気が急に変わります。雲行きが急に怪しくなり、雨が降りだしました。

スコールの雨脚は、屋根をまるで壊すような勢いで強くなり、屋根の下ではお互いの話し声が全く聴こえなくなるぐらいすごかったです。
滝のように落ちてくる雨の雫の向こうに見える森を眺めながら、こんな時は動物たちや昆虫などはどのようにして雨宿りをしているのだろうかと想いながら、雨のやむのを待っていました。

森に降った雨は、枝や幹をつたい土に染み込んで行きます。栄養をたっぷり含んだ水は、湧き水となり、小さなせせらぎとなりそして大きな川となって海へと流れ続いていきます。この水が森や川や海に棲む生き物たちを豊かに育み、次の命へと繋がっていきます。

しかし、この大切な森の木を大量に伐採してしまうと、降った雨が地面に吸収されにくくなり、山肌を削るように土砂と一緒に川に流れ込んでしまいます。

森林が再生されて、元のような環境になるまでは何十年、何百年とかかります。自然は強くもあり、しかしその反面、脆いものなのかもしれません。一滴の水の力と自然の奥深さについても色々と考えさせられます。


前日の雨で水量が増したラ・パスの滝
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

植物と滴る雨水
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

鮮やかなオレンジ色の小さな花を咲かすトウワタ
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

雨上がりに顔をみせたカタハダバッタの一種
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

しばらくすると雨音が急におさまり、峠を越えたみたいです。軒から流れ落ちる雨も細くなりだしました。
外に出てみると、潤いで色鮮やかになった世界がそこにはひらけていました。

次回は、同じ木に一生棲み続けるアリの話です。




Vol.01 熱帯コスタリカへの旅

2010年01月08日 11:00

旅はいろいろなことを経験させてくれます。
仕事のために日本を出発したのは8月中旬。コスタリカはちょうど雨期の真っ最中でした。その旅中で撮影しながら感じたことを話していきます。

コスタリカ共和国は中央アメリカに位置し、カリブ海と太平洋に挟まれた細長い国です。
火山帯とタラマンカ山脈の熱帯雲霧林が国土の中央を南北に貫き、カリブ海川北東部の低地に高温多湿な密林、太平洋側には岬や湾が多く、その北西部には熱帯乾燥林、南西部には熱帯雨林が広がっています。
変化に富んだこの地でいろいろな生態系を見ることができます。


ヘリコニアの一種で中央から南アメリカの熱帯地方に分布する多年草。E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

かわいい顔のヴェストゥリス・プンクタタというキリギリス。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
ディアエスリア・パンダマというウラモジタテハの一種でとてもすばしっこい。E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

振り向いたところのクリハシオオハシ。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

口を開けたままずっと動かないグリーンイグアナ。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

日本からコスタリカへの直行便はなく、アメリカのアトランタを経由し、片道約1日半の空の旅。現地についてからすぐに撮影というケースもあるので、いつも長旅の機内では、現地時間に適応できるように食事と睡眠のバランスをとっています。

コスタリカの首都サン・ホセの街に辿り着いたのは夜の8時。遅めの夕食の後、翌日から使う機材のチェックと詰め替えを終えた時には真夜中をすぎていました。「熱帯雨林ってどんなところだろう?」と思っているうちにいつのまにか眠ってしまっていました。

次回はハキリアリの行列に出会った話をします。


サン・ホセからバルバ火山方面を見た景色。
E-3ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD